赤い羽根共同募金で集めた募金の一部約19万円を着服したとして、京都府京丹後市は29日、同市網野市民局局長補佐(53)を、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 市の説明によると、市共同募金会が昨年10月から年末に集めた全募金額約940万円のうち、網野市民局管内の受領分は約150万円。募金会担当だった局長補佐は、市民局の手提げ金庫に保管されていた募金を10月から11月にかけて4、5回にわたり、計約19万円を持ち出したという。

 市民局長が今月中旬、地区ごとの募金額をまとめた集計表を確認したところ、金額が記載されていない地区があり、局長補佐に確認したところ着服を認めたという。

 市によると、局長補佐は着服した金を、妻のフィリピンの実家に送金したと話しているという。市は、局長補佐を業務上横領容疑で京丹後署に告発することを検討している。

【関連記事】
客の保険金など8億円横領か 浜松の元郵便局長逮捕
福岡県鞍手町、5千万着服の元係長を横領容疑で追送検
荒川区の女性職員が保険料110万円を着服か
元信金主任、4億円着服 「トト」に2700万使う 大分
中学教諭、バスケ部活動費を着服しクビ 北海道

インフル定点8.13、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
美と幽玄の世界 京都・壬生寺展始まる(産経新聞)
小沢幹事長 土地所有権の確認書 作成日が偽造と分かる(毎日新聞)
覚せい剤おとり捜査で摘発=イラン国籍の9人追送検-愛知県警(時事通信)