トヨタ自動車労働組合(鶴岡光行執行委員長、組合員約6万3000人)は26日、2010年春闘で、ベースアップに相当する賃金改善の要求を見送る執行部案を決めた。

 定期昇給にあたる賃金制度維持分のみを要求する。ベア要求の見送りは5年ぶりで、来月12日に正式決定する。春闘のリード役であるトヨタ労組の判断は他の労組にも影響を与えそうだ。

 自動車生産は回復傾向にあるが、トヨタは10年3月期の業績を2年連続の赤字と見込んでおり、ベアの要求は難しいと判断した。物価が下落するデフレも考慮した。年間一時金(ボーナス)は、09年の獲得実績(186万円)とほぼ同水準となる「基準内賃金の5か月プラス10万円」を要求する。

<小沢氏聴取会見>説明責任「果たしていない」 地元にも厳しい声(毎日新聞)
「秘書寮建て終え返済」=07年の4億円、元秘書供述-小沢氏23日聴取・東京地検(時事通信)
<シリーズ映画>「釣りバカ20」で消滅 製作委方式などで(毎日新聞)
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相(産経新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(3)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)