政府・与党は9日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を検討する沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野博文官房長官)の会合を開き、来週中に各党が案を持ち寄ることを確認。同飛行場の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への移設と、在沖縄海兵隊の司令部要員のグアム移転の関連について防衛省から説明を聴取した。これを受け、検討委は10、11両日、松野頼久官房副長官を団長とする視察団を米領グアムに派遣し、アンダーセン空軍基地などの視察を行う。

【関連記事】
鳩山首相、「普天間継続使用」否定 社民に振り回される安保
キャンベル氏、直談判で小沢氏の腹探る
改めて「普天間継続使用含め検討」 官房副長官
平野長官が普天間問題で強気発言 首相のフリーハンド狙うも神経逆なで、収拾付かず
鳩山首相、名護市長選の結果受け米軍移設「ゼロベースで検討」

民家火災で2人死亡=高齢夫婦か-山口・美祢(時事通信)
政権運営通じ信頼回復=鳩山首相(時事通信)
トヨタ社長会見の一問一答(時事通信)
自民、全国遊説に「美人すぎる市議」活用(産経新聞)
<原口総務相>公務員法の改正案 現行案では受け入れられず(毎日新聞)