先輩の隊員を銃剣で切り付けたとして、殺人未遂罪に問われた陸上自衛官片岡淳弥被告(20)の裁判員裁判で、静岡地裁沼津支部(片山隆夫裁判長)は14日、懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 片山裁判長は、被告が被害者と示談を成立させ、懲戒免職が見込まれているとし、「社会の中で更生の道を歩ませるのが相当」と述べた。
 判決後に記者会見した裁判員経験者らは「被告が自衛隊員であることは特に意識しなかった」(男性)、「自衛隊員ということは気にせず、事実そのものを考えた」(30代女性)などと語った。
 判決によると、片岡被告は昨年9月21日、静岡県小山町の富士駐屯地で、先輩隊員の首を背後から銃剣で切り付けた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見

男3人を傷害致死で再逮捕=工事現場遺体遺棄-茨城県警(時事通信)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)
<NASA>「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに(毎日新聞)
お母さんたちも「子ども手当」に異議! 再審議求めデモ(産経新聞)