鳩山由紀夫首相は16日、国会内で自らの後援者らと懇談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「普天間なんてみなさん知らなかったでしょう。それ(普天間問題)が国民の一番の関心事になること自体が、何かメディアがいろいろと動きすぎているなと思っている」と述べた。

 普天間問題で、首相自ら5月末までの「決着」を繰り返し明言しながら混迷を続けている要因は、マスコミの報道にあると言いたかったようだが、普天間問題が国民の関心を集めることを疑問視する姿勢は批判も呼びそうだ。

 首相は「『どうせ鳩山なんだから、できないだろう』とメディアが書いているが、心配なさらないで結構です」とも述べた。

【関連記事】
出席は1人だけ!? 日米公聴会への関心薄い米議員
非公式会談で米大統領不信感 首相「ない」と断言
「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感
普天間5月決着を断念…首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
外国人地方参政権問題に一石

<収賄>家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円(毎日新聞)
よみがえった武田軍=山梨県〔地域〕(時事通信)
町長が長屋王に変身=奈良県平群町〔地域〕(時事通信)
領土問題「逃げるつもりない」=ロ大統領、鳩山首相に強調(時事通信)
「帝国の残滓」…参政権は旧植民地の権利(産経新聞)