赤松広隆農相は16日の閣議後会見で、野菜の価格が高騰している問題について「生産者にできるだけ早出し(出荷の前倒し)をしてもらい、少しでも値段が安定するよう努めていきたい」と述べ、農家や生産者団体に早期出荷を求めていく考えを明らかにした。同日中にも関係団体に要請する。

 農林水産省によると2、3月の低温や日照不足のためキャベツやレタスなどの出荷量が落ち込み、品目によっては平年の2倍程度まで価格が上昇している。同省は13日にも農家や関係団体に低温対策などを呼び掛けていた。【行友弥】

【関連ニュース】
春野菜をおいしく/上 タケノコ
天候:寒暖の影響で混乱 野菜高騰、スモモに被害 /山梨
県認証商品ブランド:「フレッシュキャベツ」と「びっ栗」、農産物2件を認定 /宮崎
野菜のつまみ /神奈川
春キャベツ:高値、農家ホクホク 南あわじで出荷 /兵庫

解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
駅ビル2人殺傷に懲役30年…控訴審判決(読売新聞)
京急線生麦駅の変電施設から煙、1600人が線路上を歩き避難(産経新聞)
障害者自立支援法訴訟7例目の和解 大津地裁(産経新聞)