国際標準視聴覚番号 (International Standard Audiovisual Number, ISAN) とは書籍に対するISBNと同様の一意な識別子で、視聴覚作品および関係する版に付けられる。ISO (国際標準化機構) TC46/SC9の作業部会で開発された。ISANはISAN-IAによって管理・運営されている。ISAN規格 (ISO規格 15706:2002およびISO 15706-2) は映像をさまざまな形式でエンコードし、追跡し、頒布する必要があるプロデューザー、スタジオ、放送局、インターネットメディアの提供者、テレビゲームの開発者に最適な視聴覚識別子として推奨もしくは要求されている。この規格はISANのシステムに登録された視聴覚作品と関係する版に、一意で、国際的に認知され、永続的な参照番号を提供する。ISANは作品を計画から制作、流通、消費までのライフサイクル全体を通して識別する。おもな長所は世界共通であることの利点と長期間の安定性にある。ISANは作品を一意に識別するために、ライセンス契約ばかりでなく映画の公開版、DVD、出版物、広告、マーケティング素材、パッケージのような電子的および物理的媒体の両方に組み込むことができる。ISANの識別子はAACS、DCI、MPEG、DVB、およびATSCのような、多数の草案および最終規格に組み込まれている。[1]番号形式 二次元バーコード付きのISANの例ISANはルート、エピソードもしくは部、および版の3つの部分からなる96ビットの番号である。ルートは中心作品に割り当てられる。ルート作品に関係する後続のフィルムの部やテレビのエピソードはルートが同じだが、異なる「エピソードや部」を構成できる (もし中心作品に関連する部やエピソードが存在しないなら、エピソード部がゼロで埋められる)。何らかの手段 ? たとえば、他言語への吹き替えを行ったりや字幕を付けたりすること ? で改変された作品 (およびそのエピソードや部) には異なる版を付けることができる。96ビットのISANは24桁の16進数であらわされる。例: 000000018947000000000000しかし、人間が読むように印刷されたISANは常にISANラベルで始まり、番号をより扱いやすい数値のグループに分けるためハイフンで区切られ、転写ミスの判別を

台東の簡易宿泊所で切りつけ 1人死亡、2人軽傷 無職の男逮捕(産経新聞)
エコの優等生・風力発電に逆風 低周波は本当に有害か?(産経新聞)
直木賞・白石さん「大嫌いな賞」の呪縛から解放(読売新聞)
<佛教大野球部>後輩に「金貸せ」から「当たり屋」まで指示(毎日新聞)
北教組資金問題、小林氏事務所や委員長室で授受(読売新聞)