三重県松阪市の県立飯南高校で09年12月、グラウンドに侵入した猟犬に襲われた生徒5人がけがをした事件で、県警松阪署は16日、飼い主で同市飯南町粥見の農林業の男(58)を業務上過失傷害と狂犬病予防法違反の疑いで17日に津地検へ書類送検すると発表した。調べに対し、男は容疑を認めているという。

 容疑は同月17日午後1時ごろ、人を襲う危険があると認識しながらイノシシ猟のため同校裏の山林に猟犬5匹を放し、猟犬が校内に侵入。部活中の1~2年男子4人を襲って足などに軽傷を負わせたとしている。また猟犬5匹に狂犬病予防法に基づく登録をせず、予防接種をしなかったとしている。

 同署は校内に侵入した犬を当初、7匹としていたが、実況見分などから5匹と判断した。【福泉亮】

【関連ニュース】
犬繁殖業者:狂犬病予防法違反容疑などで逮捕 兵庫県警
雑記帳:飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋
尼崎の違法飼育:業者を釈放 捜査は継続 /兵庫
尼崎の違法飼育:狂犬病予防、大半怠る 市、犬販売・繁殖業者を調査 /兵庫
ニュース交差点:社会 東京・板橋で犬に住民票

アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前-海岸の遺体事件・福岡県警(時事通信)
「今の体制で医師増員を」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
<岡田外相>資産を訂正(毎日新聞)
2か月女児を揺さぶり殺害、容疑の母親逮捕(読売新聞)
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員を支持-高松高裁(時事通信)