嵐山や東映太秦映画村など京都の観光名所をめぐり「嵐電」の名で市民から親しまれる京福電鉄が開業100周年を機に車両の衣替え。25日、赤みを帯びた「京紫」色で外装を一新した車両が公開された。

【写真特集】嵐電:みやびな「京紫」色の車両や映画ポスターの写真など

 それまでは緑とベージュのツートンカラー。100周年記念式典は鉄道ファンが見守る中、京都市右京区の嵐山駅で行われたが、ファンも「きれいでいいね」と納得。すでに塗装が完了した車両はまだ1台だけだが、今後3年間で全28車両のうちラッピング車両などに使う9台を除いた19車両を塗り替えていくという。

【関連ニュース】
<連載>嵐電100年へ
<写真特集>日本の路面電車
<写真特集>バンクーバー五輪:選手村と繁華街結び路面電車
<写真特集>日本の鉄道

江戸後期の土人形ざくざく、「工場」跡か(読売新聞)
遺体取り違え解剖、目印を確認せず…都監察医務院(読売新聞)
県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕(時事通信)
<訃報>清水一行さん79歳=作家、「小説・兜町」など(毎日新聞)
火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)