水俣病と認められていない被害者でつくる水俣病不知火患者会(熊本県水俣市、約2800人)が国などを相手取った集団訴訟で、同会の関東、近畿支部の弁護団は熊本地裁での和解合意を受け、東京、大阪地裁での訴訟でも和解に向けた事前協議に入ることを決めた。

 21日に田島一成環境副大臣に申し入れる。

 熊本地裁では3月、対象となる原告に一時金210万円と毎月の療養手当、医療費の自己負担分を支給し、患者会に団体加算金29億5000万円を支払うことで和解合意した。

 東京地裁では2月に23人、大阪地裁では3月までに35人が提訴した。関東支部の尾崎俊之弁護団長は「熊本地裁での和解合意に沿った内容になるよう協議したい」と話した。

<訃報>宝生英照さん52歳=能楽師宝生流シテ方(毎日新聞)
米国立墓地を訪問=花輪落下のハプニング-菅財務相(時事通信)
<ヤマザキマザック>美術館オープン、絵画など展示 名古屋(毎日新聞)
省エネ交通システム試験公開=高低差を利用-東大生産技研(時事通信)
<国会見学>人気は参院に軍配 規制響き衆院は横ばい(毎日新聞)