河村市長が橋下知事と連携 名古屋「議会戦争」の混沌(J-CASTニュース)

 名古屋市議会5月定例会の開会を目前に控えた2010年5月16日の日曜日。河村たかし市長は大阪にいた。橋下徹・大阪府知事が率いる地域政党「大阪維新の会」が大阪市議補選に擁立した候補の応援演説に駆けつけ、橋下知事との連携をアピールしたのだ。

 橋下知事は報道陣の取材に応じ、河村市長が市議会解散の動きを本格化させていることについて「議論しても決着できないなら、選挙で訴えるのは当然だ」と支持。名古屋市議選が実施された場合は河村市長の支援に前向きな姿勢を示し、河村市長からの「ラブコール」に応えた。

■市長側は議会リコール運動を起こす方針

 就任1年を超えた河村市長と市議会の対立は、対話の糸口がつかめないまま膠着状態が続いている。

 河村市長は、市民税一律10%減税を最大の公約に当選。2009年12月の臨時市議会で条例を成立させた。しかし、10年度予算案で市債が前年度から85億円増加して1110億円に膨らむなど、市の財政は苦しい。このため、市議会は2月定例議会で、減税を「10年度1年限り」とする条例を可決。

 これに河村市長が強く反発し、4月の臨時議会に市民税10%減税の恒久化案を提案。併せて市議会定数と議員報酬の半減案なども提案して議会に「宣戦布告」。さらに市長側は議会のリコール運動を起こすことを打ち上げ、市長と議会の全面対決の様相を帯びている。

 河村市長は10%減税恒久化案を6月の臨時会に再び提案する構えだが、議会側の反発は強く、成立するめどはまったくない。市長が5月定例会ではなく、6月臨時会に再提案する意図は、7月の参院選に向けて有権者の政治への関心が高まる機会に自らの公約の正当性を再度訴え、それに立ちはだかる「議会=抵抗勢力」との印象を市民に与えて、参院選後の実施も念頭に置く市議会リコールと、その後の市議選を有利に進めようとの思惑からだ。

■対決第2幕は参院選後に開く

 河村市長は4月下旬に地域政党「減税日本」を立ち上げた。これに同調する現職市議は今のところいない。市長は「自らの支援団体ですでに候補者を募り、50人前後が出馬の準備を進めている」と説明している。

 議会側は、「変わり者」市長の矢継ぎ早の攻撃に結束を強めているが、議員報酬削減などをめぐって各会派、必ずしも一枚岩ではない。これまでオール与党の馴れ合いとされてきた名古屋市議会に、「議会として審議する必要を実感し始めたことは、ある意味で『河村効果』」と自嘲気味に話す市議もいる。

 議場外での戦いも激しさを増している。河村市長は、支援団体に議会解散のための署名活動の下準備をさせ、署名集めのための「受任者」は6200人を超えたと豪語する。大阪の市議補選にまで応援にかけつけ、知名度抜群の橋下知事との連携をPRするのも、市議会解散をちらつかせながら市政運営の主導権をにぎろうとするお得意の演出ともいえる。

 「東京に力で勝ち、京都に文化で勝つ。名古屋の魅力を発信せないかん」。この1年、人々の関心を失わないようネタを出し続けてきた河村市長。次に打ち上げる花火が大輪と咲くかどうか。第2幕は参院選後に開く。


■関連記事
河村たかし市長困惑 議員定数・報酬半減案が否決 : 2010/03/26
河村・名古屋市長、議会の減税修正案に「再議」 : 2009/12/10
議員の定数や報酬半減 河村市長案に民主猛反発 : 2010/03/10
「キャプテン翼スタジアム」横浜にオープン! : 2010/05/14
上限は月7万円 「借上社宅制度」を設けるライブドア : 2010/05/18

<江戸川乱歩賞>横関大さんの「再会のタイムカプセル」に(毎日新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
シャープ、デイリーヤマザキにデジタルフルカラー複合機を納入
<皇室>皇太子さまスウェーデン訪問へ 雅子さまは同行せず(毎日新聞)
川辺川、八ツ場ダムは現状明記=参院選公約に―前原国交相(時事通信)

キトラ古墳 四神の壁画、幼稚園児らに公開 奈良(毎日新聞)

 奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の石室からはぎ取った四神の壁画が14日、奈良文化財研究所飛鳥資料館(同村奥山)で、事前に応募した幼稚園児と小中学生に公開された。四神のうち、石室の南壁に描かれていた朱雀が公開されるのは初めてで、一般公開は15日~6月13日。

 壁画はカビやはく落などで劣化が進んだため、04年8月からはぎ取り作業が始まった。朱雀は四神で最も遅い07年2月にはぎ取られ、村内の修理施設で保存作業が続いていた。06年から毎春、十二支や四神の一部が公開されてきたが、初めて青竜、白虎、玄武、朱雀の四神がそろった。

 朱雀は全長38センチで赤く彩色され、短い羽を広げて走っているような絵柄。見学した同県橿原市立畝傍東小6年、池田航基さん(11)は「とても神秘的な感じがした。古いものが残っているのが不思議だった」と話していた。

 開館は午前9時~午後6時(土曜は午後9時)。31日は休館。問い合わせはキトラりんりんダイヤル(050・7105・5355)。【高島博之】

【関連ニュース】
文化庁:高松塚とキトラ古墳保存へ検討会 東京で初会合
<写真特集>高松塚古墳
<ニュースが分かる>みがえる奈良の都 平城遷都1300年
<写真特集>空から見たニッポン 箸墓古墳
邪馬台国の最有力候補?纒向遺跡

運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で-福岡地裁(時事通信)
<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)
ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も(産経新聞)
多額保険、養子縁組の直後=袋詰め遺体、同居の夫妻と-大阪府警(時事通信)
<岩手日報社>6月30日で夕刊を休刊 朝刊単独の発行に(毎日新聞)

「時効撤廃は当然」…八王子スーパー射殺事件(読売新聞)

 今年7月に時効が迫っていた東京都八王子市のスーパー「ナンペイ」大和田店で女子高校生ら3人が射殺された事件も、警察が犯人を追い続ける上で障害がなくなった。

 27日、殺人などの公訴時効廃止・延長を柱とする改正刑事訴訟法が成立した。

 関係者は「犯人の逃げ得を許さない」と廃止を歓迎している。ただ、発生から間もなく15年を迎え、事件の風化は否めない。

 「真実は一つ。ある一定の時期を経過すると、犯人がおとがめなしになるのはおかしい。時効撤廃の流れは当然」

 そう話すのは、事件で殺害された矢吹恵さん(当時17歳)が通っていた町田市の桜美林中学・高等学校の伊藤孝久事務室長(58)。「多くの人が同じように考えるからこそ、早期に改正が実現した」と力を込める。伊藤さんは事件当時、学年主任で数学を教えていた。

 事件後、同校では伊藤さんらが呼びかけ、毎年7月に矢吹さんの追悼式を開催してきた。09年7月に行われた式にも同級生や教職員ら約30人が出席、祈りをささげた。伊藤さんは「今年度以降も続けていきたいし、私が退職した後も誰かが続けてくれるはず」と語る。

 矢吹さんと同級生だった、中学の非常勤講師大越孝一郎さん(31)(横浜市青葉区)も、「今後、新たな捜査手法が出てくる可能性があり、時間にとらわれず継続して捜査ができる」と撤廃を喜ぶ。その上で「時間の経過で証言の信ぴょう性は薄れ、冤罪(えんざい)を生む可能性はある」と指摘している。

渋谷に新名所、24年春開業 高さ182メートル「ヒカリエ」(産経新聞)
就学前の交流奨励 小1プロブレムで都教委(産経新聞)
志願者2万4000人=法科大学院入試、低水準続く-文科省(時事通信)
本屋大賞 冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)
当選祝い…わいろ渡した業者に有罪 宝塚市汚職(産経新聞)
プロフィール

j7r6tybw

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ