奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の石室からはぎ取った四神の壁画が14日、奈良文化財研究所飛鳥資料館(同村奥山)で、事前に応募した幼稚園児と小中学生に公開された。四神のうち、石室の南壁に描かれていた朱雀が公開されるのは初めてで、一般公開は15日~6月13日。

 壁画はカビやはく落などで劣化が進んだため、04年8月からはぎ取り作業が始まった。朱雀は四神で最も遅い07年2月にはぎ取られ、村内の修理施設で保存作業が続いていた。06年から毎春、十二支や四神の一部が公開されてきたが、初めて青竜、白虎、玄武、朱雀の四神がそろった。

 朱雀は全長38センチで赤く彩色され、短い羽を広げて走っているような絵柄。見学した同県橿原市立畝傍東小6年、池田航基さん(11)は「とても神秘的な感じがした。古いものが残っているのが不思議だった」と話していた。

 開館は午前9時~午後6時(土曜は午後9時)。31日は休館。問い合わせはキトラりんりんダイヤル(050・7105・5355)。【高島博之】

【関連ニュース】
文化庁:高松塚とキトラ古墳保存へ検討会 東京で初会合
<写真特集>高松塚古墳
<ニュースが分かる>みがえる奈良の都 平城遷都1300年
<写真特集>空から見たニッポン 箸墓古墳
邪馬台国の最有力候補?纒向遺跡

運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で-福岡地裁(時事通信)
<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)
ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も(産経新聞)
多額保険、養子縁組の直後=袋詰め遺体、同居の夫妻と-大阪府警(時事通信)
<岩手日報社>6月30日で夕刊を休刊 朝刊単独の発行に(毎日新聞)