2006年11月04日

トゥインゴを買う。

R21ターボを整備(ラジエターのアッパーホース、ロアホースなどの交換)のため、入庫させる。

代車はルノートゥインゴ。

これまでちょい乗りはあるけど本格的に乗るのは初めて。

黒のOHVエンジン。パワステ、キャンバストップ付、イージー改。

乗ってみるとなかなかいい。
このクルマを通勤など普段の足代わりに使うには良さそう。

ということでトゥインゴを買ってみた。


j7rturbo at 09:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年07月31日

懐かしのイタリア車、懐かしのエンジン・・。

懐かしのイタリア車、懐かしのあの官能エンジン・・・。

再び・・・。


j7rturbo at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月04日

セニックで発見

セニックってフロントフェンダーがFRPだった。
メガーヌ1はみんなそうなのだろうか?

あと、フロントガラスにデフロッガーが付いてた。
ラグナ1の初期についてたのと一緒。これはこれで便利。
ついでにバックミラーが見えるように三角窓にも付いててくれればよかったのに。


j7rturbo at 20:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年05月27日

セニック購入。

c132380d.jpg R25を手放して、次の車を買おうと思ったのだが、ちょっとした大人の事情で、資金繰りがつかなくなった。

でもこのままR21を通勤に使い続ける訳にはいかないので、とりあえずのアシ車を探すことにした。

ということでとりあえず購入したのがセニック。
並行車でグレートがRT。左ハンドル+マニュアルという仕様。

乗ってみるとなかなか良い。ラグナなどと同じ2Lのエンジンは低速トルクがたっぷりしていてM/Tでも乗りやすい。上までまわすタイプのエンジンではないけど試しに踏んでみたら大台までいった。


j7rturbo at 14:14|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2006年04月28日

さらばR25Baccara。。

1年半前から乗っていたR25。その間、約4万キロとほぼ毎日生活を共にしていた。

そのR25が週末に次オーナーの元へ旅立つことになった。

次オーナーはR25を2台(そのうち1台はなんとリムジン)を所有するR25フリークなので安心して任せられる。

R25に乗ることは憧れだったけど、自分にはまだ少しだけオトナ過ぎたかもしれない。

j7rturbo at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月25日

MP3 FMトランスミッター

f8aae53f.jpgR21もR25も標準のカーオーディオは時代からして当然ラジオ+カセットである。
両者ともCDチェンジャーは付いてはいるが、トランク内のCDを入れ替えるのはやはり面倒なものである。

そこで購入したのが、USBメモリーに入れたMP3の音楽データーをFMトランスミッターで飛ばすというもの。これを車載のFMラジオで任意のFMの周波数で受信すれば、MP3データを再生出来るというもの。まぁPadにも別売りオプションでそういう風にも使えるはず。
ちなみに価格はコーナンで8,800円(USBメモリー別)だった。128MBのUSBメモリー付きで11,800円というのもあったが、USBメモリーは普通のPC用が使えるのでヨドバシで512MBを5,000円弱で購入した。その方が1MBあたりが安いので。

使ってみると、あたり前だが、音質はFM並み。まぁ、クルマで音楽を聴く限り、スピーカーも標準のままだし、充分って感じ。ただ、場所や環境によっては雑音が入ったり、同じFMの周波数で飛ばしているトランスミッターが近くにあるとその音も受信してしまう。これは周波数を何局は設定出来るので多少回避は出来るが。

それよりもいいのが、これはシガライターとFMを受信するカーオーディオがあれば、このトランスミッターをもちあるけば、どんなクルマでも好きな音楽が楽しめるというもの。複数のクルマを所有してる人や、今時の営業車でもFMラジオくらいは付いてるのでその中でも好きな音楽を聴きたい人にはもってこいである。
女の子ならデートの時に、彼氏のクルマの中でこれで好きな音楽を聴くなんて使い方も出来るだろう。
カセットはもとよりCD-R、MDなどで好きな音楽を編集するなんて時代はもう終わったのだ。


j7rturbo at 11:02|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2006年02月05日

1987年第27回東京モーターショー

54ff7580.jpg1987年秋、フランスから発表されたばかりの白いセダンが東京に緊急空輸された。
ルノー18の後継モデルとして1986年に登場したルノー21の最速バージョン21ターボである。目的は次回からは幕張での開催が決まり、この回最後の晴海開催となる東京モーターショーの展示用だ。

今の幕張の用に駐車場も充分でなく自分も電車とバスで晴海まで行った。

当時のモーターショーは輸入車(当時はまだ外車という言い方をしていた)は外国車館があって、国産車とは分けられていた。これはその後、様々な圧力から同じ館で国産車と輸入車は展示されるようにはなったが。

この87年(第27回)から外国車館が2館に分けられスペース的にも倍になったがそれでも決して余裕があったようには思えなかった。

この87年の東京ショーの外国車館に展示された主な市販車はフェラーリF40、ポルシェ911スピードスターのような華やかなものをはじめ、オペルセネ ター、プジョー405、BMW318(E30)、アウトビアンキY10、ランチャテーマ8.32、クライスラー・ルバロン・コンバーチブル、アルファ 164、シトロエンAXなどである。

その中でも自分がひときわ目を惹いたのが白いルノー21ターボである。
この時代にしては真四角いボディに当時の市販車では考えられないエアロパーツ、低められた車高、モール類も全てボディ同色という派手ないでたちであった。

この時はまだ学生で、530万円という価格もさることながら、その後まさかこの展示されていたこの車そのものに乗るとは夢にも思わなかった。そして今もなお、同じ車種に4台乗り継ぐことになろうとは・・・。


j7rturbo at 10:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年01月30日

RENAULT21Turboのミニカー

89da4ca8.jpg去年の秋、2年近く前に発注したミニカーがやっと手元に届いた。

これまでR21Tのミニカーってあまりなく、今回のものは、ルノーディーラーで扱っているアクセサリーのカタログに掲載させた正規品?である。
しかし、発注から2年かかるとは・・。

でも、待った甲斐があるくらい出来は非常に良い。
レジンキットでは数種類出ているようだが、それもよりも数段リアルに表現されている。

まだ、ディーラーには在庫されているようなので、興味のある方は、この機会に!


j7rturbo at 12:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年12月14日

代車はMercedesに変更

0b4c058b.jpgR21Tの車検の代車の予定であったTHAMAの調整が付かず今回は前回も借りたことがあるMercedesになった。

早速通勤に使用しているがR25やR21と同年代と思えないほどパリっとしている。これなら業者がいくらメーターを巻いて販売してもわからないだろう。もっともその業者も巻いてあるがどうかの判断もつかないということだ。


j7rturbo at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月06日

冬到来!

667857ec.jpgついに朝の外気温が1度となった。

実は日陰で一瞬マイナス1度があったのだが撮り損ねたのだが。

R25にとって今年の冬はヒーターコアも交換済みということでヒーターが暑いくらいにすぐ効くので快適である。社内に汗をかいて入ってくるのも私だけだろう。


j7rturbo at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月02日

RENAULT21Turbo Quadraの車検と代車予定のテーマ

d5b8b270.jpg 今月はRENAULT21の車検である。

工場の受け入れ状況を電話で確認する。
スケジュール的には問題なさそう。
代車にはランチアテーマを貸してくれるとのこと。

テーマは15年くらい前にTurbo16vに乗っていたことがあった。初代の21ターボからの乗り換えで少し大人しい雰囲気に惹かれて選択をしたのだがわずか1年で次のアルファ164QVに乗り換えることになる・・・。


j7rturbo at 12:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月17日

R25Baccaraのボイスアラーム

R25にはボイスアラームという音声での警告機能が付いている。

通常の計器パネルに表示される警告の他にも、半ドア、半ボンネット、半リアハッチ、サイドブレーキ戻し忘れなどを英語の音声で教えてくれるなかなか優れものである。

電球類が切れた時にも教えてくれるのだが、ここ最近誤作動しているようで、ライトを点ける度に、「Side and rear light not working!」と叫ぶ。
が点検したところ、どこも切れている様子がない。このアラーム既にドライバーがその警告を認識していれば危険箇所でない限りアラームを消去出来るので、それで消している、

が、昨日はブレーキ関係のボイスアラームの警告が鳴った(しゃべった)。どうも上り坂になると計器パネルのブレーキ警告が点くのでおそらく、ブレーキパッ ドの磨耗によるブレーキフルードの不足をしているのだろうが、この警告は重要項目らしく上記のように消去出来ない。とりあえず、フルードを継ぎ足すか、 パッドを交換するしかなさそうだ。


j7rturbo at 12:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月02日

R25Baccara 50,000Km!

666e07de.jpg昨年11月から乗り出したR25Baccaraの走行距離が50,000Kmを迎えた。

購入時は22,800Kmであったので、1年で27,200km走ったことになる。月にすれば平均2,200〜2,300Kmといったところか。

毎日の通勤をメイン使用していたが、距離的には通勤にかかった距離の2倍は走行している。どこにいくにもこの1年はR25を伴っていた。

燃費も以前のラグナV6の6Km/L前後と比較すると7km/L前後とR25の方が大型なのだが燃費は良い。もっとも重量もわずかながらR25の方が軽く、排気量も4%程少ないが、燃費が良いのはそれだけでなくエンジンマネージメントも違うのだろう。


j7rturbo at 14:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年10月18日

再度、問い合わせあり

前回、指摘した問い合わせに関してのメールが再度送信されてきた。とりあえず、謝罪と内容が指摘事項に対してレベルの上がったものになっていたので回答をした。

R21Tは初めてのクルマだということが、頑張って維持をして欲しい。

その為のアドバイスは惜しまずにしていくつもりだ。

j7rturbo at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月27日

R25Baccaraラジエター交換とオルタネーター修理とATF交換

暑い夏が過ぎ、気温が低くなりかけたところで、"Overheating!"とボイスアラームに叫ばれてしまった。どうやらラジエターが詰まっていてラジエター下部までLLCが回らず高速ファンのスイッチが入らないらしい。
幸いほとんど使用していない中古のラジエターがあったのでそれと交換することにする。

それとついでに電圧が不安定だったのでオルタネーターのICレギュレターの交換をする。

あと以前のオイル交換時に先送りになっていて前回の交換(22,800Km時)から23,000Kmほど走っていたのでATFの交換をする。

これだけのメニューを1日で作業をしてもらう。いつも無理してもらって申し訳ないが足として使っているR25Baccaraにはこんなことくらいで休んでもらうわけにはいかない。


j7rturbo at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月26日

21ターボに対する問い合わせが来たが・・・。

おそらくこのサイトを見ている方からだろうメールがきた。21ターボクワドラをもらえることになったが自分で車検を取りたいのでチェックポイントを教えて欲しいという。

が、その前に社会常識を教えたいと思う。

該当すると思われた方は以下の項目に対応したメールを再度お送り願いたい。メールドメインからして北陸の方ではないかと推測する。

 

1.メールには件名を

  件名のないメールほど不気味なものはない。

2.自己紹介を

はじめてメールを送るものに対して常識である。氏名、職業(今回の方は内容からしておそらく学生であろう)は最低必要だろう。あと自分の車歴や車に関する知識なども教えていただけると助かる。どんな人かもわからない方にはどんなアドバイスをしていいか困ってしまう。 

 

あとは車の情報、年式、走行距離、色、全体的な程度、現在の不具合箇所、アフターパーツの有無など記載されると細かいアドバイスが出来ると思う。

 



j7rturbo at 10:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年09月15日

R21TQのブーストあがらず!

R21TQのブーストがあがらなくなってしまった。
週末箱根で雑誌CGの取材(10月1日発売分)があったのだが行きの途中で完全に上がらない状態になってしまった。

インタークーラーのホース等点検したが問題はなさそう。現地までN/A状態で向かう。

取材後、工場へ直行し、再度ホース類の点検などをしたが結局漏れはない。がエアークリーナーケースを開けた途端、原因が判明した。暑さ対策の為に本来むき 出しのエアークリーナー(グリーンフィルター)を純正のエアークリーナーボックスの中に装着しているのだが、そのグリーンフィルターの根元が暑さで溶け、 吸気口を塞ぐ形となっていた。これではブーストはおろかN/Aでもパワーが出るわけがない。
とりあえずもう使えないグリーンフィルターは取り外し、たまたま在庫のあった新品のR21T用のグリーンフィルターを取り付けテスト走行したところ、問題なくブーストが上がり本来のパワーを取り戻した。

j7rturbo at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月07日

R21Turboに関する問い合わせ

87fd36ff.jpg長年21ターボに乗っていて、こうしてWebサイトを公開していると21の購入の相談を持ちかけられることがある。よくあるのが「昔から憧れていました」とか「このWebサイトを見ていていつか乗りたいと思っていました」など・・。うれしい限りである。

中には女性からの問い合わせもあり、つい最近も女性からの問い合わせがあった。長年欧州小型車を乗り継ぎ、以前知り合いが乗っていたという21ターボに憧 れていたという。車歴を見てもかなりこだわりの本気の選択であることがわかり21に対する情熱ももの凄いものがある。以前私も出ていた21の特集が掲載さ れていた雑誌も穴があくほど読んでいたという。その雑誌は99年の発売であるから、それから考えてもかれこれ7年も前からの話になる。私自身21ターボと の付き合いは15年も前からになるが、所有していたのと、所有せずに21ターボを思い続けていたのではその情熱の種類もまた違ったものがあったに違いな い。

かつては購入の相談を受けてもまた周辺にタマ数があったりして車両そのものの紹介もしていたが、現在ではタマ自体も少なく、あってもやはり程度が良くない ものが多くなかなか紹介も出来ずにいる。これからは自分で程度が良い21があればいつでも乗れる状態でストックしておいて必要に応じて供給出来るような体 制も作ろうと考えている。


j7rturbo at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月05日

R25BaccaraPバルブ交換とエンジンオイル交換

p-bulbここ3ヶ月くらい症状はわかっていたが放置しておいたリアブレーキが効かない症状をようやく治した。
それ以前にサイドブレーキが効かなくなってリアブレーキをO/Hしたが、フットブレーキの方は直っていなかったので、今回Pバルブの交換となった。
交換後しばらく走ったところ、すっかり錆付いていた左のリアブレーキディスクも少しずつ錆が取れ始めてきたのできちんとパッドが当り始めたということだろう。これでなんとか効いていなかったブレーキの問題も解決しそうである。
ただ、なんとなくフロントブレーキしか効いていなかった状態の時の方がタッチがしっかりしていた気がする。これはリアブレーキのあたりがついてくれば改善 する可能性もあるのでこれはこのまま様子をみたい。とはいえ、もともとR25の強力なブレーキの本来の姿を取り戻すこととなりより高速走行を安心して巡航 出来るようになった のは間違いない。

ついでにこれまた8千キロほど交換していなかったエンジンオイルも交換した。途中油量のチェックはしており多少量は減ってはいたが補充の必要があるほどで はなかった。もっともオイルの容量は7.2Lほどあるので1L減ったところで大した問題ではない。エンジンオイルはいつものMOTUL2100 15W- 50を使用。ちなみにR21Tもこのオイルを長年使用している。



j7rturbo at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月28日

続:夏の軽井沢

cd0408a4.jpg行きは大抵、軽井沢には直行せず、途中で降りて、下仁田でみそおでんを食べるのがいつものコース。いつ食べてもここのゆずの入ったみそのおでんはうまい。
軽井沢へは急激は勾配の和美峠を一気に軽井沢まで駆け上がる。A/Tのレンジを1速まで落として実は高回転の得意なPRVのV6エンジンをフルに活用する。
南軽井沢まできたらいつも混雑するプリンス通りは避けて、バイパスから中軽井沢を抜けて、北軽井沢に向かう。途中、地元のスーパー「つるや」で買い物を済ませるのを忘れてはいけない。

j7rturbo at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)