バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が23日(日本時間24日)行われ、鈴木明子選手(24)=邦和スポーツランド=が卒業した往完保育園(愛知県豊橋市往完町)では園児44人が金メダルなどを描いたペットボトルを手に声援を送った。

 鈴木選手は、1991年3月に卒園。当時の鈴木選手を知る加藤ひとみ保育士は「両親に大切に育てられた、おしゃまな子でした。摂食障害を克服し、よく自分を取り戻し、ここまで来た」と感慨深げだった。鈴木選手は自己ベストの61.02点をマークした。

 園児たちは1月、金メダルの絵や応援の寄せ書きをした手作りの横断幕を、鈴木選手に贈った。教室では「あきこおねえさん がんばってね」と書かれた横断幕をバックに「金メダル!」「がんばれ」などと、ペットボトルをたたいて声援を送った。【加藤新市】

【関連ニュース】
五輪フィギュア:浅田と安藤に大声援 中京大
五輪フィギュア:がんと闘う母のために滑る 米代表の長洲
五輪フィギュア:浅田SP2位、安藤4位 首位はヨナ
五輪フィギュア:浅田、ヨナに及ばず 女子SP
五輪複合:高橋大斗、復活ジャンプ

郵政改革の調整が難航=出資比率や郵貯限度額めぐり-政府・与党(時事通信)
<五輪スノーボード>神戸に恩返し 震災被災の家根谷選手(毎日新聞)
五輪ジャンプ 個人メダルは遠く…葛西、団体戦にかける(毎日新聞)
<鳩山首相>「すごい精神力だな」…高橋大輔「銅」(毎日新聞)
<訃報>黒木三郎さん88歳=早稲田大名誉教授、法学専攻(毎日新聞)