福島県立浜高等技術専門校(福島県南相馬市)は19日、合格者に通知する入学費用などを示した文書を、不合格者14人に誤って送付していたと発表した。

 同校によると、職員が今月15日、パソコンに入っていた合格者リストをもとに2010年度に入学予定の4学科70人のあて名ラベルを作成して郵送。その際、別に保存してあった不合格者リストと一部、混同してしまったという。1人に2通送るミスもあった。

 18日午前、不合格だったのに書類を受け取った人から同校に電話があり、発覚した。同校は14人に謝罪するとともに、合格したのに文書を送っていなかった15人に書類を郵送した。

 同校の須田真一副校長は「本来は2人ですべき作業を1人の職員でしており、ダブルチェックができていなかった。再発防止に努めたい」としている。

<日赤>英滞在者からの献血、27日から制限緩和(毎日新聞)
中学生書き初め276点ズラリ(産経新聞)
八ッ場ダム、国交相と住民が24日に初対話(読売新聞)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)
自衛官、大麻所持で逮捕=「自分で使用するため」-沖縄県警(時事通信)