衆院予算委員会は12日午前、鳩山由紀夫首相や主要閣僚が出席して「鳩山内閣の政治姿勢」に関する集中審議を行った。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に絡み離党届を提出した石川知裕衆院議員と小沢氏の対応について、首相は「政治家として高い倫理観で説明する義務を負っている」と述べ、説明責任を果たすよう求めた。
 また、枝野幸男行政刷新担当相は、小沢氏に国民の理解が得られない場合のけじめを求めた就任前の自身の発言について「大臣であろうとなかろうと考え方はまったく変わらない」と強調。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「石川議員が衆院政治倫理審査会で弁明したらいい」と語った。いずれも自民党の後藤田正純氏への答弁。 

「三百代言」のそしり、免れないのはどちら(読売新聞)
圧倒された菅氏「冷静な与謝野氏の言葉とは思えない」(産経新聞)
沖縄基地検討委の延期申し入れへ=与党3党国対委員長(時事通信)
<不明男性強殺>5容疑者を再逮捕…千葉県警(毎日新聞)
再編にらみ 自民に火種 攻勢も支持回復つながらず…(産経新聞)