枝野幸男行政刷新担当相は6日、さいたま市内での民主党埼玉県連定期大会で「県連代表と大臣の職務と両方を果たしていくことは困難だ」と述べ、県連代表を辞任する意向を示し、了承された。武正公一副外相も県連幹事長を辞任した。同党の小沢一郎幹事長は各省の政務三役と党都道府県連役員の兼任解消を求めており、意向に従った格好だ。【影山哲也】

【関連ニュース】
枝野担当相:各省へのヒアリング開始へ 仕分け対象選定で
民主:「七奉行」が会合 参院選に向け意見交換
自民・舛添氏:「谷垣降ろし」や新党結成の可能性に言及
枝野担当相:フリー記者に会見開放へ
民主党:「七奉行」長崎知事選敗北で発言

女性遺体…検視で「病死」翌日解剖で「殺人」(読売新聞)
<iTunes>消費者庁が再度質問状 音楽配信不正請求(毎日新聞)
北教組事件 民主、労組癒着のツケ(産経新聞)
予防接種法「遅くても5年で抜本改正」-足立政務官(医療介護CBニュース)
<部落解放同盟>大会が閉会 人権侵害救済法成立求める(毎日新聞)