「どうせなら、大きいのにしましようよ!」
「そうそう、大きいの!この部屋ぐらいの!」
「わはは!いいっすね~♪」

等とミーティングで言って盛り上がったのが、2か月前。
amice01

今回の企画は“凧上げ”。

今日日の子どもたちは、凧上げすらしたことないのかも…。
せっかく上げるなら、度胆を抜かすぐらい大きいの飛ばそうよ!
みんなで作ってさ、みんなで上げてさ、絶対思い出に残るよね!
…そんな想いから、それは企画されたのでした。

しかし、この“凧”。

これが中々奥深く、素人が手作りしたところで
まあ上がってはくれないのです。
来る日も来る日も、仕事の合間に時間作っては
図書館で本を借りて来ての制作の日々。
amice02

今度こそ!と公園に飛ばしに行くも、おっさんが息切らして走るだけ。

何故だ…。何故飛んでくれぬ…?

そうこうしてる内にチラシを配布する時期に差し掛かり、
潰しも効くように“ある意味”等と意味深なワードを
付けたりもしたのでありました。
チラシ_アミーチェ(第6回)
凧は飛ばぬが、寒いし外は厳しいんじゃない?雨ならどうするよ?
等の指摘のみが、飛ぶ日々。

この企画自体失敗じゃないのか…。

そんな声がちらほら聞かれかけた頃、ひとりの勇者が現れたのです。

何回目かのミーティングに颯爽と現れた彼の脇には
一見布団かと思われる謎の物体が。

なんとそれは、広げると10メートルはあろうかという凧でした。

皆絶句。

企画当初に夢見た凧そのものだったのです。

聞けば勇者ひとりでこつこつ作業。制作に80時間費やしたとのこと。

さらには全てゴミ袋で出来ており、コストも1500円とリーズナブル。

さっそく大人10人がかりで三滝河川敷へ。
風にあおられ、広げるのもやっとこさ。

その時点で、もうみんな笑顔。
「これ、マジすごいじゃん!」
「飛んだらヤバイんじゃね?」
「オレ、失禁しちゃいそう…。」 


飛ばした結果、少し宙を舞う程度。

あれれ?勇者様??
とても飛んだとはいえない結果ですが…。

しかし見れば、「これ見たら子どもら絶対喜ぶじゃん!」と、
口々に腹を抱え笑いころげる大人たち…。

まさに勇者の魔法。

ああ、そうか…。

“飛ばす”事ばかり追い求め、失敗してはいけない。
何故なら、来てくれる子どもに申し訳ないから…。

そんな事ばかり考えて、頭でっかちになっていたんだ…。
そう気付かせてくれた勇者様でありました。

上がらなくてもみんなで頑張ったんならそれでいいんだと…。
結果じゃないんだと…。


そして、当日。

おいおいマジかよ…。
痛恨の雨模様。

しかし、みんなは元気に来てくれました。
やはり、ここでもよそよそしいのは最初だけ。
すぐに打ち解けていました。
BlogPaint
BlogPaint

午前中はスケさんプレゼンツのうどん作り。

みんなで生地をこねたり踏んだり。
太いの細いの、様々に仕上がった麺を茹で、みんなで食べる事が出来ました。
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
IMG_2981
IMG_2989

そして昼から凧作り。
せっせと作り、雨の止んでいる間に少しだけ河川敷へ。
BlogPaint
BlogPaint

高く飛ぶ凧、地面を這う凧。
子どもたちはみんな頑張りました。
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint

勇者の凧もやはり宙を舞う程度。
IMG_3143
IMG_3119

しかし、その脇にはみんなの笑顔が空高く飛び交っていたのでした…。
IMG_3178
おしまい。



///////////////////////////////////////////////

あと、この兄弟姉妹支援。

この会の名前を常々考えてきました。
何か、愛着のもてるかわいい名前を。

そしてこの度、決まりましたのでお知らせ致します。

その名は
『アミーチェ』です。

兄弟姉妹の会『アミーチェ』。

アミーチェとは古代ラテン語で『ともだち』という意味です。

イタリア語で友達は『アミーゴ』←これは芸がないのであれこれ調べたら、
古代ラテン語でアミーチェ(AMICE)。
響きがいいのでこれに決まりました。

兄弟姉妹の支援の会だけども、ひとりっこだっているし
関係なくみんな友達。

そうなれたらいいなって、想いが込められています。

みんなで次会った時、「あみーちぇ!」何て挨拶できそうじゃないですか?
勢いでロゴも作ってみました。

みんなで作る会。支え合う会。みんな友達。
そんな想いを込めて制作しました。
title

これからもアミーチェをよろしくお願い致します。

BY:キャッシー