本日は「ヨットの神様」の命日ですが、もう3年経ってしまった。

 早いもので、3年経ってしまった。勝手にヨットの神様にしてしまう。それとも「幸大明神」がよいだろうか?。できれば江ノ島に祠を建てたい。案はあるのだが、実行に移せていない。自分のレベルが低いままのせいでか…。まずは賛同者を募る事からはじめないと…。早くしないとこっちも追いかけてしまう。ますます遠い存在になってしまったが…。
 この子(あおちゃん)も満3年か、11月に拾ってきたとき生後3,4か月だったからね。最近は少し落ち着いてきた感あり。

可愛い子犬拾ってきてしまいました。

子犬近所の港の広場で、お隣さんが見つけたときは2匹とも元気だったが、翌日には赤い首輪の方が車に轢かれたらしく立てない状態になってた。その夜、二人で拾ってくる。それから3日目の写真。名前はまだつけてませんが首輪を作ってつけてあげました。

甲斐 幸選手 お別れの会 参加してきました。



 9月27日15時より江ノ島ヨットハーバー 新しいヨットハウス2階 大広間にて執り行われました、甲斐 幸選手 のお別れの会 に参加してきました。スタッフを含め150人位の参加があった。発起人の皆様、及び設営されたスタッフ(多くは甲斐さんにコーチしてもらった学生さんと思われる)の皆様ご苦労様でした、そしてありがとうございました。
式次第では、開式 - 黙祷 - 発起人 挨拶 - 略歴紹介 - 友人 挨拶 - 献杯 -  お礼の挨拶 - 閉式 。

  内容は参加された方から直接聞いてみてください。というのも自分は参加が遅れてしまい、甲斐さんと14年程連れ添ったパートナーのオリーブさん(通称)のお礼の挨拶しか聞けなかったからで、想像するしかない・・・
J24将軍のメンバー、甲斐さん最後のクルー、田邊さん達とは挨拶もできて良かった。
  何方かに差し出された缶チュウハイをポケットに入れ、その後、エリさんに缶ビールを戴き栓を開けたもののお礼の挨拶を聞きそのまま口をつけず、甲斐さんの遺影写真の前に供えてさせていただきました。甲斐さんも飲みたかったことと・・・
  和やかな雰囲気の中で閉式されました。最後は皆で記念写真をとって散会となりました。飾って有った献花をいただき、その後最後に甲斐さんが乗っていたスナイプに立ち寄り、江ノ島から見える夕陽と波と風と、ヨットと釣り人を暫く見て、モノレール下の通りから家まで帰って缶チュウハイをいただきました。
 甲斐さん御馳走様でした。

お別れ会のご案内 レジェンド甲斐さんは生涯現役でした。

江ノ島沖にて、7月12日に逝去されました甲斐さんのお別れ会が、9月27日土曜日午後江ノ島ヨットハーバーで行われます。詳細は発表されて降りませんが、15時から18時くらいのもよう。舵誌9月号にも少しだけ案内が載っておりました。
勝手な、発言ですが古い江ノ島ヨットハーバーの一部をセーリング・ミュージアムにして、暫らくの間甲斐幸選手他。近年までセーリングの進化に貢献してきた方 たちの特集などを行ったらどうだろうか?過去にヨットに乗ったことのある人たちが何万人とやってきて、またヨットでセーリングしたいと思う人が増え、活気 が出ると思うのだが・・・

元世界チャンピオンの訃報 A former world champion's obituary

 International 470class World Champion 1979 Mr Miyuki Kai was gone.  But The legend is living.
While being surrounded by the friends he died suddenly in the race
(Kanto Fleet Championship of  International Snipe class)
There was a smile in a face.
Mr.Miyuki Kai was called Kai san in Japan.
Although it is Kai san with many legends,does this increased one served as the last legend?
The age at death 61 years old. 2014 July 12.

 いろいろ情報の少ない中、同じ甲斐さんファンの一人としてご報告申し上げます。
私は、過日朝、NHKラジオNEWSで訃報を知り落胆しておりました。Facebookで通夜も告別式もなく、近親者、家族で密葬との情報を知り、最後に一目お会いしたいと思い、車を跳ばして家の前まで行き、ご自宅に連絡したところ、(10年位前に,葉山でやっていたRiki's Barで何度かお会いしておりました奥様曰く。) 自宅には帰って来ていないので翌14日朝、仮安置の辻堂駅前の葬祭場か小坪の火葬場であれば対面できるということで、謹んで参列させていただきました。
 1979年Worldの時の金メダルも甲斐さんに添えられていました。(獲得当時バイト先の甲斐セールでも拝見しました)また、愛用の赤のライフジャケットを江ノ島の源さんが柩に入れておられました。私はエルブストロームと大原のマークを車の中にあった黒色のサイーナーズクロスで作り献花の前に添えさせていただきました。
 甲斐さんの表情は穏やかでまるで微笑んでいるようでした。
 12日土曜日に江ノ島で開催されていた関東スナイプ選手権の第2レースの2上マーク付近でトップ集団にいてレイラインでタックしようとティラーを押していたとき時、絶命されたようです。直後に落水して後続艇に助け上げられ救助艇の上ですぐにAED処置をされたとのことです。搬送先、救急病院で検死結果により、心筋梗塞とされたと聞いております。
 苦しんだ様子もなく、ティラー(舵)エクステンションを掴んだままの格好で亡くなっていたそうで、同乗のクルーの方が対処して沈、(転覆)もしていません。
(素人考えですが、AED処置をされたことにより心筋梗塞と診断されたのではと私は考えます。)
  故郷より来られた甲斐さんのお兄さんと父親か伯父さんと思われる親族を含め約30人が安置所にて最後のお別れをし出棺致しました。
 相模湾江ノ島が見える海岸を通って小坪の火葬場まで甲斐さんは白のエスティマで移動しました。
 こちらから合流された当時の監督、松田さんを含め約20人が参列し、見守る中、扉が閉められ荼毘に伏されました。そして順番に焼香をし、控室にて江ノ島の源さん夫妻に用意して戴いたお茶菓子、軽食にて暫くかん談しました。
 1時間半〜2時間後には小さくなった甲斐さん(ライフジャケットの色が付いたのもあり)を二人づつ順番に壺に納めていきました。私はもうひとりのワールドチャンピオンと一緒にワールドチャンピオンを壺に納ました。
 その後、一言甲斐さんの兄よりご挨拶があり、・・・昔甲斐さんが作ったセイルバックの中におさめられた甲斐さんと帰り支度を済ませたご家族をお見送りし小坪の斎場で散会となりました。
 鎌倉まで見送りに向かった奥さんに「また後でね」と誘われたことで私は、他の数人の車の後をついて行き逗子海岸の夢庵まで行きました。お座敷にて小指の先程の甲斐さんと8人で昼食をいただきました。
 その中のお話で葉山新港か江ノ島で2,3ヶ月のうちに「お別れ会」をしたいとのことでした。
  甲斐さんは今年のスナイプマスターズワールド優勝に向けて志半ばとも言えますが、大好きな事をしている最中に仲間に見守れながら、気持ちよく逝ってしまったようで最後までカッコ良すぎました。 日本スポーツ会でも数少ないワールドチャンピオンが一人この世から去ってしまい日本国にとっても多大な損失でした。甲斐さんのスピリッツを知る人から第二第三のワールドチャンピオンが誕生することを期待いたします。 最後に予言というか僭越な希望ですが、甲斐幸選手に国から国民栄誉賞か、勲章授与されることを期待しながら締めくくりたいと思います。 最後までありがとうございました。
 一部Newsのソース元とゴールドメダルは
こちらからご覧になれます。
もう一人の世界チャンピオンより<<http://www.ksg-p.co.jp/news/archives/1701>>

スナイプTodayのNEWSはこちら
<<http://www.snipetoday.org/news/item/1715-eight-bells-miyuki-kai>>
 

こちら題名を検索すると幸福の入口が見つかります。

ふと自分のブログの題名で検索したら色々興味深いサイトを見つけました。きっと貴方のためになるものが見つかると思います。試してみて下さいね!

一筋の光


今日はのんびり、いい天気でした。


気分転換に、太平洋を見に行きました。南西45Kmほど先は雨が降ってるそうだが、こちらはいい天気でした。
暖かくなってきたからサーファーの数もどっと増えてきてます。
のら猫ものんびりしています。のら猫

このところの気温の変化に対応出来ず、寝込みました。

一昨日寒い中、バイクで移動などして体が冷え切ってしまったのか、体調を崩し微熱、悪寒、食欲不振となり寝込んでしまった。今日になり食欲も復帰し、朝はおかゆから始まり午後はいもの天ぷらを自作、夜はごぼう肉入りそう麺をいただく。・・・ほぼ回復!。いろいろネットで物色していたら欲しいモノが出てきました。GPS機能搭載&防水性能が気に入った。



youtubeも利用してます。

約23年前の、1989年暮と翌年暮にオーストラリアに行きましたが、当時オーストラリアでは昼中、テレビにて戦時中に日本人軍人がオーストラリア人を捕 虜にしてしている様を延々と番組放送しておりました。これを見てこういう事実があったのか?と思うのと同時に国民に日本人のイメージをすり込まれている現 実を見て、恐ろしいと思ったし、そんなオーストラリアにいてあまり心地よくなかった記憶もあります。もちろん自然は豊かでいいところに間違いありません が…ユーカリの木が印象的でした。そのころ、横浜の児童公園に度々行っており、隣にある英連邦戦死者墓地に行きました。綺麗に管理されており、やはりユー カリの木が印象的でした。若くして亡くなった方々も多くおり、慰霊いたしました。その後より多くの日本人戦没者に対しても、各神社に慰霊碑があればお参り するように意識が変わりました。
日本・日本人に対して恨みに思っているオーストラリア人:西欧人に少しでも癒して戴きたいと思ったのが英連邦戦死者墓地の各国・故人の墓地をアップして
日本に来られないご家族・友人に看ていただきたいと思ったことからyoutubeにUPさせていただきました。英連邦オーストラリア人戦没者墓地


etour
楽天市場
ギャラリー
  • 可愛い子犬拾ってきてしまいました。
  • 甲斐 幸選手 お別れの会 参加してきました。
  • 甲斐 幸選手 お別れの会 参加してきました。
  • 今日はのんびり、いい天気でした。
livedoor プロフィール

Taka3

RSS
infocart
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
eight81.ganriki




■□・・・・・□■

今すぐ無料で作る!

無料登録はコチラから

■□・・・・・□■






  • ライブドアブログ