2018年02月19日

ゲーテインスティテュートのドイツ語能力試験C2 2

このドイツ語の試験内容、参考書を買って試してみたが、かなり難しい。

いずれも日本語は全く使わず、出てくるのはドイツ語だけ。

読み方:80分で、4つの課題があり、
1.長い文章を読み、その内容を把握して、どれが内容と一致しているか?という問題
2.いくつかの一行文を提示され、その文が長い文章の中のどこに挿入されるか?という問題。
3.2と同様だが、一行ではなく、3,4行の文章を提示され、それをどこの挿入するか、という問題。
4.4つの募集広告を提示され、提示された広告にどの内容が合致するか?という問題。

聞き方:25分で
1.短文を一度だけ聞き取り、その内容がどれに合致するか?
2.対話を聞き取り、誰がどの意見を述べたか?
3.インタビューを2度聞き取り、その内容がどれに一致するか?

書き方:80分で
1.文章を提示され、その一部を他の言い回しで書き換える。
2.予め提示された小説を読み、その内容と、その場での質問に答え、推薦文を書く。
あるいは、与えられたテーマに沿って自分の意見などを延べる。

会話:2つの与えられたテーマに沿って自分の意見を述べ、試験管と討論、ディスカッションする。

という内容である。

試験の経過はこの次にて。

j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月18日

ゲーテインスティテュートのドイツ語能力試験C2 

ドイツに住んで早いもので、今年で38年目になる。

あっという間であった。

「今の個人ハイヤーの仕事も、あと3,4年だろうなー」、なんて思いながら、まあその後は日本に帰ることになりそうだが、納得の行かない状態で帰りたくないし、そんな状態で日本に帰ってもうまく行くとも思えない。

ドイツでいわゆる二種免許を持ち、個人ハイヤーとして稼いでいるし、バス会社設立の資格を持っているし、ハイデルベルク市公認のガイドでもある。

だとしても、これらの資格は日本に帰っても何の役にも立たない。

というわけで、ドイツに長年住んでいた、という証拠品みたいなものとして、ゲーテインスティテュートのドイツ語能力試験の最高クラスであるC2クラスの試験を受けることにした。

一応、参考書を買って内容を見てみたが、いや、その難しいこと!!

試験内容は、

・読み取り

・聞き取り

・書き方

・会話

で、いずれも60点以上を取れば合格で、どれかの部門で合格点を取れば、その部門は次の試験では免除になり、何年かかっても良く、この4科目で合格点を取ればC2レベルの能力、ということが認められることになっている。

試験内容と結果は明日。




j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月17日

ベンツにしました。

ドイツで日本人として最初の個人ハイヤーを始めて26年目。

すでに65歳でもあり、「あと3,4年で終了かな?」と常に考え始めている。

現在ではベンツのミニバスとフォルクスワーゲンのワゴンタイプのPassatの2台を持っているが、このPassatが2011年に買ったものなので今年で7年目。

そろそろ替え時なので、またPassatにしようか、最後だからベンツのワゴンにしようか、と値段のことも含めてあれこれ考えた結果、結局ベンツにしました。

最後でもあるし、自分もベンツというブランドで最後を飾りたいし、お客様に対してもインパクトを与える、ということが決めた原因である。

フォルクスワーゲンと値段を比べると8千ユーロ、約110万円ほど高いが、まあ仕方がないでしょう。

これでお客様を呼べるかな?

引き渡しは5月だそうで、あと3ヶ月は待たないといけない。

GWに間に合わせたかったんですがね。




j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月16日

相変わらずですね・・・・

【五輪】韓国人から殺害脅迫まで…授賞台で大泣きしたカナダ人選手 カナダ警察とオリンピック委員会が調査

2018年02月15日07時04分 [中央日報/中央日報日本語版]

2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)ショートトラックで崔ミン禎(チェ・ミンジョン、20)の失格で銅メダルを獲得した後、韓国人からの悪質なコメントに苦しめられたキム・ブタン(24・カナダ)は授賞台で涙を爆発させた。

14日、江原道(カンウォンド)の平昌(ピョンチャン)オリンピック・メダルプラザでは、前日開かれたショートトラック女子500メートルに対するメダル授賞式が開かれた。同日、終始暗い表情で観衆を見つめていたブタンは、自分の名前が呼ばれると壇上に上がって涙をこぼし始めた。授賞式が進み、ファンの歓声が自分に向けられていることに気づいたブタンはその時になって初めて弱々しい笑顔を浮かべた。

一部では、銅メダルの喜びにもブタンが涙を流したのは一部の韓国ファンがブタンに向かって非難の声を高めたためだとしている。

前日、江陵(カンヌン)アイスアリーナで開かれたショートトラック女子500メートル決勝で、ブタンはレース後半に崔ミン禎と身体接触があった。これを審判陣が崔ミン禎の反則と宣言し、崔ミン禎が失格となり、ブタンの順位が3位に繰り上げられた。

この競技の後、ブタンのツイッターやインスタグラムなど個人SNSには数千件の悪質コメントが書き込まれた。一部のネットユーザーはブタンも崔ミン禎に対して反則を犯したと主張しながら、英語とハングルでブタンのSNSのコメント欄を埋め尽くした。中には殺害脅迫の内容もあったことが分かった。

・・・・・・・・・

カナダCBC放送など現地メディアは14日、「劇的な銅メダルを首にかけたブタンは、韓国ネットユーザーから数千件の脅迫メッセージに苦しめられている」と報じた。実際、非公開にする前までブタンのSNSには「あなたはスポーツ選手でも人間でもない」「その汚い手を切り捨てろ」「引退しろ」など、ハングルと英語による攻撃的なコメントであふれた。

・・・・・・・・・

+++++++++++

だそうだ。

相変わらずですね。

ソウルオリンピックの時でしたっけ?

ボクシングの試合で韓国人選手が負けた判定が出たとたん、コーチが抗議のために審判に殴りかかっったり、挙げ句の果ては照明を消して試合の続行を不可能にしたのは。

この事件の翌日、審判長は、「やってられんねーよ」とばかり、本国に帰ってしまいましたよね?

また、どこかの大会で、フェンシングの決勝で負けた女子が抗議のために1時間もその場を離れなかった、というのがありましたよね?。

このカナダスケート選手の場合、彼女が不正を働いたわけでも何でもない。

ヴィデオ映像を審判団が見て、韓国選手が違反をしたので失格扱いにした、ということであって、彼女が悪いわけではない。

それを、あたかも、彼女が不正行為をしてメダル獲得をした、という扱いをしているじゃないですか?

それとも何か?

この韓国選手が違反行為をするようにカナダ選手が誘導した、というのでも言うのかね?

その根拠は何だ?

抗議するんであれば審判団に対して抗議するのが当たり前であって、カナダ選手ではない。

これでまた、「韓国でゲームをするなんてまっぴらごめん」という選手が出るだろうし、韓国人は、国民を挙げて失態を犯している、ということを韓国人はわかんねーだろうなー。

今後はカナダ人からかなり嫌われることになると思いますね。

ほっとけほっとけ。


j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月15日

世界ナゼそこに日本人

先日、お客様を乗せて走っていたら、どこからか電話がかかってきた。

「パリから電話かけています。テレビ東京の、『世界ナゼそこに日本人?』という番組ですが、今よろしいでしょうか?」という話である。

「いま、移動中でお客様と一緒ですので、10時以降に電話してください」と答えて電話を切る。

「小生に関するテレビの取材かな?」とも思うのだが、「住んでいるのはハイデルベルクの隣町だし、やっているのは個人ハイヤーの親父で、珍しくもない観光ガイドだし、別にドラマチックな人生でもなかったのになー」、と思いながらそのまま待っていたが、結局電話はなかった。

取材スタッフがインターネットでサーフィンして日本人を探していたら、たまたま小生のHPを見つけたので、「ちょっと話を聞いていみるか。視聴率が取れそうだったら紹介しよう」、と言った軽い感じで電話してきたんでしょうね。

まあ、小生のようなおっさんよりも、女性の方が色々と苦労しているだろうし、インパクトが強いでしょうから、そちらの方を優先するんでしょう。

というわけで、結局は何もなしでした。

テレビに出たら1年ぐらいは仕事は増えたでしょうが、その後はどうなっていたか。




j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月14日

よくやってくれました!!

ヴァレンタインデーを控えて、かの有名なベルギーのゴディバ社が、「義理チョコは無理しないで」という広告を出したそうだ。

https://withnews.jp/article/f0180205001qq000000000000000W00o10101qq000016741A#parts_1


一昨年の11月14日に、バレンタインデーのチョコに関するコメントを掲載したのですが、

http://blog.livedoor.jp/j_fujishima/archives/2016-11-14.html


それを見て小生のようなモテない男のためにゴディバが英断を下してくれたのか?、と思っていたら、何だかそうではなさそうですな。

あくまでも、義理チョコを誰に渡すか?と悩める女性のための広告なんですな。

まあ、ゴディバのチョコなんか高いですから、義理チョコのために買う人もいないでしょうから、それほど売上に影響もなさそうですから。

ま、小生には縁のない話ですがね。



j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月13日

平昌のコン〇ーム

いよいよ平昌冬季オリンピックが始まる2,3日前、ドイツの放送局が、現地の寒さに加え、選手たちのために韓国のコン〇ームメーカーが、無料で自社製品の無料配布をしたそうで、それがすぐに無くなり、慌てて追加配給をしたそうな。

まあ、血気盛んな若者が集まるわけだからして、そういうものも必要なんでしょうが、すごいですよね。

また、確かブラジル大会では、エイズ対策として配給された、と聞いていますが、今回はどういう目的で配られたのかしら?

こういう話を聞くと、夜は皆さん選手村で励んでいる、というイメージを浮かべるのですが、どうなんでしょうね?



j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月12日

ああ良かった・・・・

ドイツに帰って来た翌日の朝、いつものように体重計に乗る。

計ってみたら73.1キロを指していた。

日本に行く前の体重は71.8キロ。

1.3キロしか増えていない。

腹の膨らみ具合を見ると3,4キロは増えていたかと思っていたが、それほどでもないので、何とか安心した。

これから味気ない飯の毎日が始まる。

まずは去年持ってきた余っているレトルト食品の消費から、ということになる。

カレーが結構残っているんですよね。

これで減量できるかな?


j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月11日

寒い!!

4週間ぶりでドイツの我が家に帰ってきた。

部屋に入ると、暖房を完全に切って出てきたので、かなり寒い状態になっていた。

電気ヒーターのスイッチを入れるが、すぐに暖かくならない。

じっとしていると、じわじわと寒さが身に沁みてきて、かなり寒い。

ソファに羽毛布団と毛布2枚を持ち込み、服を着たままで潜り込む。

8時間以上たっても、ヒーターは熱くなっているが、部屋の中がなかなか温まらない。

これを書いている今でさえ、そろそろ丸1日になるが、まだ完全に温まっていない状態。

電気代をケチった報いですな。

とにかく寒い!!





j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月10日

スシロー

日本滞在最後の日の午後、何となく寿司が食べたくなって池袋まで出てスシローに入る。

学生時代の友人が、「スシローはいいよ」という話をしてくれたのを思い出したからである。

池袋には、寿司三昧というのもあり、こちらは待ち時間が70分で、待つのはつらい。

で、スシローに入ったが、こちらは待たずに席につけた。

注文は目の前のディスプレイをタッチして注文し、それが目の前にベルトに乗って運ばれてきた。

食べてみるが、まあまあ、といったところだろうか。

そんなに取り立てて特別なものでもなさそうだ。

それに、握り方が機械でやっているような感じがしないでもない。

回転であっても、やはり目の前で握ってもらったほうが有り難味があるような感じがするんですよね。

腹8部ぐらいにして後にした。

税込みで1620円。

もうここに来ることはないだろう。

次回は他のすし屋を回ってみることにする。

j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月09日

完全失業率2.8%

日本では完全失業率が2.8%で、ほとんど完全雇用、ということになったそうだ。

小生も日本にいる間に気が付いたのだが、何だか余計な仕事が多いような感じがするんですよね。

駐車場の出入り口には必ずと言っていいほど、係官がトーチランプを持って車を誘導している。

こういうことはドライバーが気をつけてればいいだけのことだと思うのだが、そうではないらしい。

で、駅にあった求人冊子を見たら、ガードマンとか運転手の求人が目に付いた。

それだけ出入りが激しい、ということなんでしょうかね?

小生がこのままの状態で日本に帰って来たとして、どんな職に就けるでしょうね?

ドイツ語通訳はもっと優秀な人がたくさんいるだろうし、タクシー・ハイヤーの運転手も、白手袋をして、ネクタイをして、帽子を被って運転するのかと思うと、何だか場違いのような感じがしますね。


j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月08日

そんなもんかなー。

タレントでワイドショーでは政治的な発言をしている大竹まこと氏の28歳になる長女が大麻所持で逮捕されたそうだが、それに関して大竹氏が、「親の監督不行き届き。対話の時間がなかった」とか何とか釈明していますな。

本人は28歳になる大人だし、別に引きニートでもなく会社員として社会活動をしているわけだし、親の監督不行き届きもないと思うんですがねー。

大体、28歳の娘を監督しようと思うかしら?

28歳の娘が大麻所持をして言いか悪いかは本人が分かっているだろうに。

ま、大竹氏がタレントでテレビに出てくる人物だから、責任がどうたらこうたら、という話が出てくるもんだと思うのだが、成人となっている娘のためにそこまで責任を持たないといかんのでしょうか?

みのもんたの息子が窃盗をして、しばらく干されたこともありましたが、今回もそんなモンでしょうね。



j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月07日

ランボルギーニ

先日,銀座を歩いていたら,すごい爆音がしたのでそちらを向くと、イタリアのランボルギーニが3台連なって走っていた。

それはそれでいいのだが、わざわざ3台も連なって走るのもねー。

オーナーが集まって一緒に走りたいんでしょうね。

ドライバーが道の隅に止めてそばの建物に入って行ったが、まもなくまた爆音を立てて走り去っていった。

この爆音、かなり大きいのだが、交通規制などに引っかからないのかしら?

夜などはかなり響くだろうし・・・・・。

やはり珍しい車なので、道行く人たちが写真を撮っていたが、そういうのも自慢なんでしょうね。

小生も同じことをやりたいのだが、どうせやるならランボルギーニではなく、昔乗っていたシトロエンの2CVでやってみたい。

こっちのほうがずっと目立つし、どでかい爆音も出さないので。

ただ、エアコンが付いていないので夏は暑く、隙間風がびゅんびゅん入ってくるので冬はとても寒いので、日本の気候には合わないんですよね。




j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月06日

中板橋の生牡蠣

日本に来て、生牡蠣が食いたくて食いたくて・・・・。

でも、当たったらやばいなー、なんて思っていたら、一緒に飯を食いに行った知り合いが、「今じゃ日本では牡蠣に当たることはない」というコメントだったので、その場で食べたら大丈夫でした。

というわけで、中板橋の小さな魚屋さんに、その場で食べれる牡蠣が置いてあったので、食べることした。

小さいのが100円で大きいのが130円。

食べ比べてみると、小さいほうが格段においしい。

というわけで、3個ほど頂いて大満足。

後でまた寄ってみようと思う。

なにせ、100円ですからね。

これが都心のオイスターバーだと3〜400円ぐらいするだろう。

うれしいですな。



j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月05日

どこへ行ったOettingerのビール

先日コンビニのセブンイレブンに行ってOettingerのビールを探したが、徒労に終わった。

去年、日本に来た際にコンビニで見つけたのだが、今回はどこにも見当たらない。

さては輸入を中止したのか?

このメーカーのビールは、ドイツでも最も安いビールのひとつだが、味も悪くないので、しばらく飲んでいたことがある。

もっとも、缶入りがなくて瓶入りだけだったので、20本が入った箱単位で買っていたが、引っ越してからはもっぱら近くのスーパーのペットボトル入りを買っていた。

このOettingerビール、安いので結構売れるかな、と思っていたが、販売中止なんでしょうね。

ビールまがいが安く売られているので、そちらに客が移ったんでしょうか?


j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月04日

ビールまがい

のどごし<生>というのを見つけたので買ってきた。

本物のビールよりもずっと安い。

飲んでみると、まあ、ビールみたいな、みたいでないような・・・・。

ビールではないので、「発泡酒」なんだそうだ。

で、材料を見てみると、ホップ、糖類、大豆蛋白、酵母エキス、という表示がなされていて、ビールに必要な「麦芽」というのが全く入っていない。

何ですかこれ?

色から何から、ビールのようなものだが、麦芽が入っていないというのはビールまがいとしか言えないし、それでもビールみたいな・・・・。

まあ、偽物と分かっていながら安いから我慢できるんでしょうが・・・・。

その昔、「合成ビール」なるものがあったらしいんですが、こういうもんだったんでしょうかね?

j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月03日

腹筋が痛い

1月14日の夜に電車の中で居眠りをして以来、風邪が抜けず、熱はないが、咳が止まらず、今までずっと続いている。

起きている時はどうということはないのだが、横になると気管の位置のせいだろうか、咳が出てなかなか熟睡できないでいて、朝寝をすることが多くなっている。

それと同時に、席をすると腹筋がかなり動くことになるが、ずっと続いているせいで、咳をするたびに腹筋が痛い。

別に腹筋を鍛えようとしているわけではないのだが、そうなるかな?

結構きついんですよね。

j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月02日

神楽坂のレストラン

実に20年ぶりに3人の姪と一緒に食事をすることになった。

会ったのは親父が死んだ時の葬式で、姪の一番下はその当時3歳だったはず。

一番上は漫画家を目指しているそうで、2番目はここでも紹介した才能ある絵描き。

3番目は映像作成の会社にいるそうで、3人とも美術の先生をしている父親の才能を受け継いだ様だ。

で、神楽坂の駅で落ち合うことにしたが、時間前に到着したので、そこらへんを散策してみたら、おいしそうな魚介類を出してくれる小さなレストランを見つけ、そこに入ることにした。

これが大正解。

えびとかタラバガニとかの盛り合わせを2,3人でシェアし、手づかみで食べる、というやり方で、これが大変おいしく、ロブスターとムール貝を追加注文して、さらには残った部分を使って雑炊にしてもらい、これもまた非常においしいので大満足。

4人でおいしいワインを空けて、2万8千円ほど。

まあちょっと高いが、満足度から言えばリーズナブルと言える。

いいレストランを見つけた。

この次は誰を誘おうか?


j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年02月01日

そんなモンかなー

大阪の曽根崎警察署の近くの安いホテルに滞在しているが、その近くに居酒屋が並んでいる場所がある。

そこで夕食を取ることにしたが、「キムチチゲ半額」と言う看板に誘われて入ってみる。

で、ビールと、そのキムチチゲを頼んだら、「鍋物は2人前からです」とのこと。

おい、そんなことは書いてないぞ!と思いながらも、ビールが出てきたので仕方なく1品料理を3品頼んで食べてみる。

味はまあまあ。量は300円だから押して知るべし。

で、勘定をしたら、1620円。

その明細をみたら、突き出しが300円になっている。

その突き出しはと言うと、枝豆が入った小鉢。

これが300円かよ、と思いながら、「ま、いいか」

お客さんが入っていなかったのも納得できた。

来年はこのお店あるかどうか・・・。



j_fujishima at 00:30コメント(0) 

2018年01月31日

秋田の実家にて

日本に滞在中、年老いたおふくろと姉の住む秋田の実家に1週間ほど立ち寄ることにしています。

それはいいのだが、この町も過疎化が進んでいて、小生がいた当時の中学校の在校生が280人ほどしかいない。

小生のころは全校生徒が1600人ほどいて、秋田県で一番大きな学校だった。

ただ、町を散歩していると、商店街は、いわゆるシャッター街になってしまっていて、喫茶店なども2軒か3軒しかなく、その1軒でネットを繋がらせてもらっている。

ところが、昔は田んぼしかなかった土地に新しい家が結構並んでいるのと同時に、空き家になった家がある。

小生の実家の隣は解体が始まっていて、向かいの3軒は、いずれもご主人が亡くなっていて空き家で、その娘がたまに掃除に来たりしているそうな。

何となく歯が抜けるように空き家が解体され、家が建っている場所は大きくなった、隙間だらけになってしまっている。

これといった地場産業もなく、町は廃れる一方で、このままだと年寄りしかいなくなりそうだ。

まあ、ここを離れてしまった小生にとっては、半ばどうでもいいことだし、どうにもならないわけなんですがね。


j_fujishima at 00:30コメント(0) 
月別アーカイブ
楽天市場