2016年12月04日

フロッピーディスク

ふと思い出した。

10年以上前のことになるが、今みたいに仕事が暇になるとYoutubeばかリ見ていたわけでもなく、暇と勢いにまかせて、ドイツ語の本を日本語に訳していた時期があった。

その数、ざっと5,6冊になり、そのうちの2冊が実際に出版されたりした。

全然売れなかったんですがね。

それはそれとして、その原稿の保存先はどうなっていたか?ということを思い出して、CDをひっくり返してみたりしたが見つからない。

その下にフロッピーディスクの入った小さな箱があったので調べてみたら、そのフロッピーに保存されていることが分かった。

それはいいのだが、これをCDとかUSBに転送保存しようとしても、今のノートパソコンにはフロッピーの差込口がない。

ということは、どこかでフロッピーが使えるパソコンを見つけて、それから転換保存しなければならない、ということになる。

何だか、技術が進むにつれ、それまで使用してきた技術が使えなくなるのも考えもんですよね。

フロッピーが使えるpcを持っている人、どこかにいるかなー?

j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月03日

だからどうだってんだ!!

産経新聞から拾ってきました。

+++++

琉球「日本固有の領土と言えず」中国・環球時報が論文 「奄美・琉球」の世界遺産登録で世論工作

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は16日、日本が「奄美・琉球」(鹿児島、沖縄)の世界自然遺産登録を目指していることに関連し「琉球諸島は日本固有の領土とは言えない」とする専門家の論文を掲載。中国ではここ数年、沖縄に関する日本の主権に疑問を投げ掛ける論調が出ており、自国領と主張する沖縄県・尖閣諸島に対する日本の領有権を崩すための世論工作とみられる。「奄美・琉球」の世界遺産登録に関しても、中国は尖閣まで対象地域が拡大しかねないと懸念している。

 論文は、19世紀後半に明治政府が琉球を併合した「琉球処分」に関し「琉球は独立国で、中国が長く宗主国だったが、日本に占領された」と強調。カイロ宣言やポツダム宣言は、強引に占領した土地から出て行くよう求めているとして「日本は琉球諸島を領有できない」と訴えた。「日本が琉球諸島を自国の領土にする目的で世界遺産登録を利用するなら、戦後の国際秩序への挑戦だ」と決め付けた。(共同)

++++++

だそうだ。

で、「中国のものだ」、と言いたいわけ?

そんなことを言うんだったら、中国はかつてモンゴルに占領されていたわけだし、朝鮮半島は中国に占領されていたわけだし、朝鮮半島南部のごく一部は、「任那」と呼ばれて日本の領地だったんだよね。

そういう過去の歴史をたどって領地問題を主張するのであれば、世界地図の模様はガラッと変わることだろう。

ヨーロッパなんてのは戦争と領土の取り合いがずっと続いていたわけだし、こんなことを主張すること自体が馬鹿げているんだよね。

こういう話が出てくるぐらいだから、「沖縄を独立させる」、ということになったら、あっという間に中国のに占領されることになるかもしれないのに、本気になって独立を熱望している沖縄県人というのは本当にいるのかしら?




j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月02日

なるほどね〜。

東京秋葉原では、地下アイドル、というのがあるそうだ。

Toutubeで見たが、アイドルになりたい女の子を目当てに、20代の男性どころか、30代、40代、はたまた50代の男性までが、これらの女の子に入れあげているそうな。

あるカフェでは、そのアイドルがお客様の肩をもんで上げて、1時間お話の相手をしてくれて7千円ほど。

考えてみたら、銀座のバーとか、キャバクラなども、結局は同じようなもんなんだよね。

逆の場合はホストクラブ、というのもあるわけで、結局は、若い女性が中年のおっさんから、若い男性が中年高年のオバサンから金をふんだくるのはちょろいもんなんですよね。

まあ、金が無い小生にはかんけーねーですがね。



j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月01日

爆暴落

CNNニュースから拾ってきました。

++++++++++

アジア「最大の富豪」王氏、中国株暴落で1.5兆円の資産失う

香港(CNNMoney) 中国の株式市場が大幅に下落している影響で、アジア最大の富豪とされる王健林(ワンジエンリン)氏はこれまでに総額130億ドル(約1兆5500億円)の資産を失ったことが、CNNMoneyの調べで分かった。

香港、深セン市場の相場は今年6月をピークに下落し、王氏が所有する大連万達集団(ワンダ・グループ)の企業の株価も軒並み急落した。失った資産の約3分の1に当たる36億ドルは、24〜25日の株安による損失だ。

・・・・・

先週発表された中国の長者番付、「胡潤百富榜」は、王氏が推定426億ドルの資産を保有し、香港の実業家、李嘉誠(リカシン)氏を抜いてトップに立ったと報告していた。
王氏は軍兵士を16年間務めた後、ワンダ・グループを設立。不動産や娯楽分野の事業を展開して莫大な資産を築いた。

++++++++++

だそうだ。

いやはや、爆買いに象徴される中国のスケールというのは、我々庶民が考えられないほどですな。

この人の資産がいくらかは分からないにしろ、1.5兆円ですか・・・・・。

不動産、娯楽分野ということだから、中国人がいずれも金持ちになって、色んなものに金をかけれるようになった結果、ということなんでしょうね。

小生のように、その日暮らしをしている人間には、不動産とか娯楽に費やす金は捻出できないわけだからして。

それにしてもすごいよなー。

こういうのを爆暴落と言うんでしょうね。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月30日

紀子様の車が追突

紀子様の車が交通事故を起こした、ということで、竹田恒泰さんがコメントを述べています。



https://www.youtube.com/watch?v=-7qOfKLHBhg&feature=em-subs_digest


こちらもリムジン・ハイヤーの運転をしている身としては、他人事ではない。

要するに、どんなにスピードを上げていても、「車間距離を十二分に取る」ということで、事故は未然に防げるんですよね。

気をつけないと。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月29日

マイクが落ちた!!

毎週面白いコメントをYoutubeに掲載している、「竹田恒泰チャンネル」で、「マイクが落ちた!!」ということに関してお話していますのでご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=OHQSKctbasM&feature=em-subs_digest


小生は、「マイクが落ちた」ということを喜んでいるのではなく、竹田氏が「マイクが落ちた」という発言を面白いと思ったので載せました。




j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月28日

ハイデルベルクの町で

久し振りにハイデルベルクの町に出かけたら、ファーストフードとか、お惣菜屋さんが増えたような感じがします。

と言うよりは、新しいお店ができては消え、できては消え、という感じでしょうかね。

お惣菜は、日本と違ってあったかいもんではなく、魚介類のサラダとかといった冷たいもんばっかりなんですよね。

日本での一人暮らしでは、暖かいものはありがたいが、こちらではそういうものがないんですよね。


マカロン専門店ができてました。
IMG_3172


こっちは、ピッツアのようなもののファーストフード
IMG_3174


お惣菜屋さん
IMG_3173


ドーナツ屋さん
IMG_3175

久しぶりに食ったカリー・ヴルスト
DSC_0063

j_fujishima at 00:30コメント(4)トラックバック(0) 

2016年11月27日

こんなことってあるか!!!

JR旅客6社は11月11日、訪日外国人旅行者向けに発売しているフリー切符「ジャパン・レール・パス」について、これまで特例として取り扱ってきた海外在住の日本人への発売を終了すると発表した。

「ジャパン・レール・パス」は国鉄時代から発売されているJR全線のフリー切符。『のぞみ』『みずほ』を除く新幹線と在来線の特急・急行・快速・普通列車に乗ることができ、期間は7・14・21日間の3種類、座席はグリーン車用と普通車用の2種類が発売されている。

原則として短期滞在の資格で訪日する外国人のみ購入できるが、外国に居住している日本人でも、その国の永住権を持っているなど一定の条件を満たしていれば購入することができる。今回の発表によると、海外在住日本人への発売は2017年3月31日の引換証発売をもって終了する。

++++++++++

だそうだ。

これは困るわなー。

とにかく、日本のJRの料金に関しては、都会の短距離はともかく、新幹線が高く、これを利用せざるをえない遠距離の場合、とてつもなく高くなってしまう。

小生の実家の鷹巣駅までは、直通がなくなったばかりか、夜行寝台もなくなってしまい、結局は昼に新幹線を利用せざるを得なくなってしまっている。

よく見たら、大館能代空港から飛行機を使ったほうが安いぐらいだ。

一応、日本に帰る場合は、これを利用して秋田の実家とか、大阪、名古屋のお得意様回りをしていたが、これが使えないとなると、かなりの出費になってしまう。

おまけに、このパス、外国人と婚姻関係にある場合は、日本人も買えるのだが、それもなくなってしまう、ということだそうだ。

奥さんが使えて、日本人の旦那はフルに乗車券を買え!ということなんだよね。

いくら何でもひどいよなー。

こうなったら、長距離バス、飛行機などを利用して、なるべくJRを使わない方法で移動手段を考えないといけませんな。

値上げするんだったらまだ分かるが、乗客に不便な思いをさせて、一方では売上が上がる、なんてことを考えているんだったら、とんでもない思い違いをしている。

JRには、非難のメールが相次いで届いていることだろう。

クリックして署名してください



j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月26日

〇城宏〇?

昨日の話の続き。

昨日ご案内したお客様は、全員が合唱団に属する人たちで、有名な音楽家の顔、名前ぐらいは知っている方たちばかりである。

で、「今日、町をガイドしてくれる藤島さんでーす!」と紹介された時、「違います。〇城宏〇です!!」とやったら大受けでした。

何を隠そう、指揮者の〇城さんによく似ている、ということは若い頃からしょっちゅう言われていて、特に、それこそ若い時にはベルリン・フィルのオーボエ奏者であるローター・コッホ氏にも言われたことがあるし、学生の頃、日比谷公会堂でNHK交響楽団のフルート奏者から、じっと見つめられたことがある。

そのおかげで、今の仕事にも何となく役立ったりして。

一時期、「棒振り」と呼ばれる指揮者に憧れたことがあったが、それこそ「一生を棒に振る」ことになりかねないので止めにした。

そういうわけで、〇城さんには、「一度お会いして一杯差し上げたい」、と思っていたし、かなり前に金沢のオーケストラを率いてドイツ演奏旅行に来た際、近くの町でコンサートがあり、そこに会いに行こうかなー、と思っていたが、何となく気恥ずかしいので行けずじまい。

その数年後に73歳でお亡くなりになり、お会いするチャンスがなくなってしまったのを非常に残念に思っている。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月25日

大きなグループ

先日、従姉妹のお義姉さんが、こちらのオーケストラとベートーヴェンの第9交響曲を歌うためにドイツを訪問し、ローテンブルクに立ち寄る、ということで、無料でガイドを引き受けた。

リムジン・サービスを開始してから24年目、大型バスで観光するお客様をご案内したのは実に20年ぶり。

案内しながら、何となく戸惑ってしまった。

いつもは、「ああ、何となく皆さん揃ってますね。さあ行きましょう!」、「〇時〇分ぐらいに集合、出発でーす」とか言った具合に、全てがアバウトなのだが、35人も集まると、人数確認だけでも大変。

特に移動するのに時間がかかることを忘れていた。

ゆっくり歩かないと、前と後で50メートル以上離れてしまう。

食事の時間から買い物の時間、ありとあらゆる行為に時間がかかるので、その調整が難しい。

まあ、楽しく過ごせたけどもね。

今後は、こういうこともないでしょうが、楽しいご案内ができました。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月24日

アドヴェント

久し振りにハイデルベルクの町に出かけ、デパートに入ってみたら、わずかですが、すでにクリスマス商戦に入っており、アドヴェントカレンダーが置いてありました。

ずっと一人暮らしなので、クリスマスプレゼントをもらったり、あげたり、ということをしなくなってしばらくになる。

アドヴェントカレンダーなどすっかり忘れていました。


IMG_3183

IMG_3184

IMG_3185


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月23日

Audiの不正

先日、Audiが、CO2に関する不正を行った、ということが記事になっていました。

こちらの新聞では、ハンドルを真っ直ぐにした場合、数値がごまかされ、15度以上回した場合には、実際の数値が表示されるように細工されていたそうだ。

2,3年前にフォルクスワーゲンが不正行為をした、ということでお騒ぎになったが、Audiは姉妹会社なので、同じ不正が行われてもおかしくないわけなんですよね。

まあ、フォルクスワーゲンから見れば、Audiの販売数はそれほど多くもないと思うが、それでも悪影響は出るだろう。

どうなってんでしょうね?



j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月22日

フルトヴェングラーの墓

ハイデルベルク市内に行く途中、ふと思いついて、中央墓地にある往年の大指揮者ヴィルベルク・フルトヴェングラーの墓に行ってみました。

どういう経緯でこの町の中央墓地に埋葬されたかは知りませんが、まあ、そういうわけです。

敷地が非常に広く、隣の墓石同士が結構間隔を置いていて、鬱蒼と大木が茂っている間に墓石が置かれている様子は、夜になったら、それこそ不気味な感じがするでしょうね。

IMG_3165

IMG_3166

IMG_3167

j_fujishima at 00:30コメント(2)トラックバック(0) 

2016年11月21日

遅いよ・・・・

電通本社と支社を家宅捜索=労基法違反容疑―女性社員過労自殺・東京労働局など

時事通信 11/7(月) 10:09配信

東京労働局などは7日、複数の社員に違法な長時間労働をさせた疑いが強まったとして、労働基準法違反の疑いで電通本社(東京都港区)と関西(大阪市)、中部(名古屋市)、京都(京都市)の3支社を家宅捜索した。

「残業100時間で過労死は情けない」=教授が投稿、学長謝罪−武蔵野大

 これまで任意の立ち入り調査を続けてきたが、悪質性が高いとみて強制捜査に切り替えた。違反が確認されれば法人としての同社と担当者を書類送検する方針。

 捜索には東京、大阪の両労働局に昨年設置された過重労働撲滅特別対策班(通称かとく)のメンバーが加わった。

 電通をめぐっては昨年12月、新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=が過労で自殺。今年労災と認定され、東京労働局などが電通本社と支社、主要子会社を立ち入り調査して全社的な労務管理の状況を調べていた。

 電通は1991年にも入社2年目の男性社員=当時(24)=が過労で自殺し、遺族が起こした訴訟で最高裁が会社の賠償責任を認定した。2014年6月には関西支社、15年8月には東京本社がそれぞれ労働基準監督署から労使協定を超える違法な長時間労働があったとして是正勧告を受けた。

 電通は高橋さんの自殺後、所定外労働時間の上限を月70時間から65時間に引き下げ、午後10時で全館消灯にするなどの対策を実施。今月1日には石井直社長をトップとする「労働環境改革本部」を発足させた。

 電通の話 捜索が入ったのは事実。捜査には全面的に協力する。 

++++++++++

いつになったら、こういうことがなくなるんでしょうね?

1991年にも同じ過労死で死んだ社員がいて、その会社が全く学習していなかった、ということじゃないですか。

昔から、多くの会社の経営者が、「企業は人なり」と言っていたが、「だったら従業員をもっと大事にすればいいじゃないか!!」と常に考えていた。

そりゃ、小生みたいに、一匹狼で仕事をしているのであれば、残業がどうたらこうたら、ということは言えないにしろ、組織で動いているんであれば、しかも、電通の様な大企業であれば、その組織の中のひとりや二人が欠けたとしても、組織は動くものだし、そういう形態にしていなければならんのですよ。

まったく、若い人たちをここまで酷使してまで、企業は儲けなければならんのかね?

企業経営者は、「企業は人なり」、という言葉を思い出したらいいだろう。

行政は、監督、指導とか言った生ぬるい処置ではなく、営業停止、億単位の罰金、と言った厳罰に処さない限り、過労死はなくならないだろう。


ったく・・・・。

j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月20日

日本行きチケット

何となく今年と同様、来年の1月末ごろから日本に一時帰国する計画でいる。

秋田の実家に姉と母親が住んでおり、母親は90歳を超えていて、姉から「母さん先が長くないんだから・・・」ということで、毎年来るように言われているわけなんですよね。

それに、立ち食いそばから牛丼から、何から何まで美味しいし、旧知の友人やリピーターのお客様にお会いして、居酒屋でワイワイやるのを楽しみにしている。

遠い所に住んでいるし、会う機会はこういう時しかないので、この時ばかりは、普段の「遠所交際」が、「近所交際」になる、というわけです。

というわけで、飛行機のチケットを調べてみたら、ANA、JAL、ルフトハンザは700ユーロ前後、BAとかKLMは270−ロ前後と、値段の幅が広い。

おそらくは、BA,KLMは、燃料代とか何か他の料金が加算されて、他のチケットの値段とそれほど変わらないのだろうが、どういう仕組みになってるんでしょうね?

それにしても、飛行機のチケットは安くなりましたね。

1974年夏のパリ往復チケットは、18万6千円で、初任給の3倍もした。

それまで飛行機会社はぼったくっていた、ということになるんでしょうが。

いつもは3週間ほどの滞在だったが、どうせ仕事が暇なので来年は東京に2週間、大阪と実家に1週間、合計4週間ほどの予定を立てている。

日本のホテル料金が上がっているのが心配だが、なるべく安いホテルに滞在する予定。

ただ、中国人の旅行者によってホテルが高くなっているのが痛い。




j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月19日

問題ありですね。

個人間で車シェア人気、「無許可営業」と指摘も

読売新聞:2016年11月06日 17時39分

民泊」の車版とも言える「個人間カーシェアリング」が都市部で人気を広げている。

マイカー所有者が車を必要とする人とインターネット上でやり取りして貸す方式で、IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)が昨秋、仲介サイトの運営に参入したことで利用者が急増しているのだ。ただ、貸す行為がレンタカー業の無許可営業ではないかと指摘する声もあり、国もその可能性があるとして調査に乗り出している。

 ◆民泊そっくり

 個人間カーシェアリングのシステムは、マンションの空き室などを旅行客らに貸す「民泊」に似ている。

マイカーの所有者は仲介サイトに会員登録し、車の写真や料金などをサイト上に掲載。同じく会員となった借りたい人がサイトを通じてその利用を申し込む。成立したら、指定の場所で車の受け渡しを行う。

+++++++++++

だそうだ。

まあ、指摘されているように、レンタカー業務の無許可営業、ということになるでしょうね。

それ以前に、車の保険会社とどういう契約になっているかを正確に把握する必要があるでしょう。

車を貸してお金を取った場合には、「営業行為」ということになるわけだからして、そのための許可が要るだろうし、保険もそれなりのものにかける必要があるだろう。

友人に無料で貸す場合は、利益が出ていないので除外されるとして、利益を得る場合や、仲介サイトに登録し、不特定多数の人たちに貸し出す、という広告を出している以上、これは営業行為に当たるわけなので、許可が必要になります。

こういう場合、日本人は、「何かがあったときのために、色々な事項を予め決めておき、契約書を交わす」という行為に慣れていないので、事故が起きた場合などは面倒なことになるでしょうね。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月18日

ホントかいな?

フグ肝「養殖で無毒化」と県、業界団体は反発

読売新聞:2016年11月06日 18時04分

有毒として食品衛生法で販売が禁止されているフグ肝の食用化を巡り、佐賀県とフグの業界団体などとの間で論争が起こっている。

 「養殖による無毒化」で観光資源としたい県に対し、団体側は「食中毒の恐れがある」と反発。料理店の間でも意見が割れている。濃厚で美味とされるフグ肝だが、安心して食べられる日が来るのか――。

 食品衛生法では、食品や添加物に有毒の疑いがあっても、厚生労働相が「人の健康を損なう恐れがない」と認めれば、提供できるという例外規定がある。佐賀県はこれに着目した。

 「殺菌した海水や無毒の餌を使い、陸上施設で養殖すれば、トラフグの肝に毒はない」とする地元業者の要請を受け、県は「県内限定でフグ肝を提供できれば貴重な観光資源になる」と判断。2004年6月と10年6月、「フグ肝特区」による食用解禁を国に申請した。


++++++++++++++

だそうだ。

「養殖のフグは毒性がない」、という話は聞いたことがあるが、本当でしょうかね?

「殺菌した海水や無毒の餌を使い、陸上施設で養殖すれば、トラフグの肝に毒はない」、ということだが、「それが100%安全であるか?」ということが証明されない限り、許可が出るとも思えない。

まあ、いろいろな条件が絡んでくるので、値段的にはかなり高いものになるだろうが、それでも食べたい人が出てくるでしょうね。

それ以上に、天然物を「完全養殖だ」とごまかして売る業者が必ず出てきますよね。

「フグの肝は毒性がある」ということを前提にしてことが進むのだから、食べる方としてはかなりの勇気がいるだろう。

どうしても食品として出したい場合、「フグ肝検査センター」のような調査機関が厳重検査し、それを通ったものだけが流通する、という方法も考えられるが、それでも完全に危険性を除去することはできないだろう。

「フグは食いたし、命は惜しし」というのがありましたよね。

どうなるでしょうね?



j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月17日

アダム・ミュラーワイナリー 2

IMG_3155

IMG_3154

IMG_3153

j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月16日

アダム・ミュラーワイナリー

小生の住んでいるLeimen(ライメン)の町をブラブラしていたら、アダム・ミュラーという大手のワイナリーで、一足早いクリスマスマーケットを開いていました。

倉庫の中を片付けて大きなホールにしてテーブルを並べ、多くの人たちがワインを飲んでいました。

実は、ここのワインは薄味なのであまり好きではないのです。

もっぱらきつい赤ばっかり飲んでいるんで。


IMG_3159

IMG_3158

IMG_3157

IMG_3156


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月15日

遅ればせながら・・・・

遅ればせながら、歌手のボブ・ディランがノーベル賞文学賞を受賞することになりましたね。

まあ、色々ご意見はあるにせよ、歌手、と言うより、シンガーソングライターがノーベル文学賞を受賞するとは思いもしませんでしたね。

これを機会に、音楽の世界もノーベル賞受賞の対象になる、ということによって、ある程度選択が広がったことになるんでしょうか。

いっそのこと、ノーベル音楽賞、というのを新たに創設したほうがいいじゃないかなー。





j_fujishima at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 
楽天市場