2017年01月23日

お台場から宗谷岬までタクシーで

Youtubeで「トリビアの種」というのを見つけたが、その中に、「お台場から宗谷岬までタクシーでいくらかかるか?」というのをやっていた。

実際に走ってみたら、1,117キロあり、実際にかかった料金は461,570円であった。

結構かかるもんだなー。

とも思うが、小生の住んでいる町からフランクフルトまで回送し、そこでお客様をお迎えし、ハイデルベルクーローテンブルクーノイシュヴァンシュタインーヴィース教会の観光後、ミュンヘンでお客様を降ろし、そのまま自宅まで帰って来る、という1泊2日のツアーの場合、合計で約1,150キロを走ることになる。

この行程はしょっちゅうこなしているわけだが、さすがに46万円は取れない。

はっきり言えば、その3分の1以下の料金で受けているんですよね。

もっと高くしたいが、色々と事情があるんで・・・・。

ある安売りの旅行会社は、とても信じられない料金で売り出しているが、どういう計算をしているんでしょうね?


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月22日

勉強の仕方指南

いつも見ているyoutubeの武田恒泰チャンネルに、勉強の仕方について述べられています。

https://www.youtube.com/watch?v=ipja_rnvIWE


「役に立てよう、金儲けのために勉強しよう」と思って勉強しても、いい結果は得られない、ということらしい。

後半に入ると、金儲けの仕方に関して述べています。

金儲けをするために勉強しても、全く逆の結果になる、ということも言っています。

「なるほどなー」という感じがしますね。

「金になりそうなものは金にならず、金になりそうもないところで続けていると金儲けができる」、ということで、他人とは別のことをしなければならない、ということらしいです。

また、「勉強をすればするほど、自分はなんて無知なんだ、ということが分かる」そうな。

「勝つと思うな思えば負けよ」、という歌がありましたな。




j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月21日

恐ろしい・・・・

一人暮らしをしているので、何もかもいい加減に生きている。

先日、冷蔵庫の中、扉の方に牛乳パックが置いてあるのに気がついた。

これにずっと気が付かなかったのもどうかと思うが、賞味期限を見たら2015年になっている。

早い話が、1年以上放置していたことになる。

普段は牛乳などは飲むこともないし、蓋も開けていなかったので、今となってはどういう理由があって買い求めたかも不明である。

このパックの蓋を開けて中身がどうなっているかを確認する勇気を小生は持たない。

どうなっているんでしょうね?

捨てるのにまた何ヶ月かかかったりして。


j_fujishima at 00:30コメント(3)トラックバック(0) 

2017年01月20日

フォルクスワーゲンのリコール

2,3年前に、フォルクスワーゲンのディーゼル車が、排気ガス規制に関する不正を行い、その多少となる車が世界中に販売され、そのためのリコール、改修が開始されたが、1年ほど前に通知があり、「対象となる台数が多いために、いつになるかわからない」という話だった。

それが、先日、「最寄りのディーラーに車を持って行って改修してください」、という通知が送られてきた。

そういうわけで、車をディーラーに持って行き、結局は回収のための時間が1時間ほど。

こんなに簡単に終わるのだから、不正などする必要もなかったとも思うのですがね。

新聞によれば、去年のトヨタの売上台数がフォルKすワーゲンを上回った、ということだが、このスキャンダルのせいなんでしょうね。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月19日

あんまり嬉しくもないんですがね・・・・

先日、仕事でシュツットガルトのベンツ博物館とポルシェ博物館を訪れた際、入場料が8ユーロなのだが、「年寄り料金は何歳からですか?」と聞いたところ、60歳から、という応え。

そういうわけで、年寄り料金で入れてもらえたが、嬉しくもあるんだが、自分が年寄りだ、ということを自分から言っているようなもんで、あまり嬉しくもない。

「俺は年寄りじゃねーぞ」と思ってはいるんだが、その反面に、「自分は年寄りだから・・・」と言っている自分がいる。

せこいなー。



j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月18日

売れるといいですね。

新日本出版社という出版社から、アウシュヴィッツ強制収容所の女性オーケストラでバイオリンを弾いていた女性が書いた本が出版されました。


強制収容所のバイオリニスト―ビルケナウ女性音楽隊員の回想


というタイトルなのですが、小生が10年以上前に翻訳した、「チェロを弾く少女アニタ」というアニタ・ラスカー-ウォルフィッシュという女性と同じ時期にバイオリンが弾けたので命拾いをした人の著書です。

小生の訳した本は1,600円だったのですが、本著は2,484円でちょっと高め。

小生の訳本は、特に「アンネの日記」を読んで育った世代の子どもたち、現在の中高校生に読んでもらいたかったのですが、残念ながら初版の5千冊が売れただけで増刷されませんでした。

100万冊売れたら、もう一度学生に戻りたかったのですが、それもかないませんでした。

やっぱり、ホロコーストという事件は、あくまでも日本人にとっては「歴史」の中の一つの出来事、ということになりつつあるんでしょうね。




j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月17日

テレックス

何となく思い出した。

今のようにインターネットで電子メール交換が行われるずっと前、小生が大学卒業後、小さな貿易会社に勤務していたころ、テレックス(Telex)というのがあった。

テレタイプ、と表現していたこともあるかもしれない。
若い人たちは、何のことかわからないだろう。

当時、KDDがその業務を独占していたわけだが、アルファベットで書いた原稿を相手側に送信するシステムで、こちらからタイプライターのキーを叩くと相手側に伝わる、あるいは、アルファベットの穴を空けるテープを送ると、相手側にプリントされる、というやり方だったが、送信時間で料金がかかり、通信費はかなり高かったように思う。

それ以外は、国際電話をかける、あるいは郵便しかない、ということで、今から考えれば、かなり不便だった。

コピー機械も、常設したオフィスなども少なかったと思う。

そういう時は、近くのコピー屋さんに行ったりして。

FAXが発売されたのは、NECがNEFAXと銘打って1980年頃に売り出したが、その当時はテレックスがある、ということでほとんど普及しなかったように思う。

ところが、Faxを使うことによって、日本語のままに送れる、あるいは図面が送れる、ということで、80年以降になって、日本ではかなり普及したらしい。

ドイツでは普及が遅れ、80年代の後半になってから普及し始めたし、小生が購入したのは1990年のことだったが、エージェントからかなり有難がられた。

そんなことを思い出した。
 


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月16日

どうなってんだ?

食事の際、ずっとキャベツの千切りを食べてから肉などを食べるように心がけていたら、嬉しいことに体重計が67.1キロを指していた。

実に2年ぶりのことである。

この調子で行くと、65キロを切るのももうすぐ、と思っていたら、翌日には68.8キロ!

何と1.7キロの増量である。

その前の日は、キャベツの千切りを丼1杯食べてからそばを1人前、後に腹が減ったのでサトウのごはんを100g程度、それに鯖の缶詰を半分、チョコレートバーを4個、ワインを少々。

いくら計算しても、1.7キロの増量になるとも思えんが、そうなってしまった。

腹ペコなのを我慢しているのに、けしからんことである。

どうなってんだ?


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月15日

Headquarter

第2次大戦後、いち早くハイデルベルクにアメリカ軍の司令部が置かれ、2万人の軍関係者が住んでいたと言われている。

で、ベルリンの壁が開いた後は、いわゆる仮想敵国がなくなり、だんだんアメリカ軍が引き揚げていたが、先日、そのそばを通りかかったら、多くの建物が空き家状態になっていた。

思えば、東ドイツから日本に帰って8ヶ月間滞在した後、ガイドとして活動するべくハイデルベルクに移住し、最初は日雇いでいろいろな仕事をしたが、そのうちの一つが、この司令部での皿洗いの仕事であった。

時給が6マルクで、ざっと400円。

7時間で42マルク、昼食代が2ユーロほど引かれて、手取りは40ユーロ、ざっと2600円ほど。

それでもないよりはまし、ということで一日を過ごしたことがあった。

そんな時代を過ごしたことを思い出した。

ところで、この空き家になっている建物に難民を収容したら、かなりの経費削減になると思うんだが、どうなんでしょうね?


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月14日

音楽のこと

暇なもんで、Youtubeばかり見ていて、たまに音楽を聞くことがある。

演奏も色々なプロのオーケストラからアマチュアのオーケストラまで、ありとあらゆるレベルの音楽が聴けるようになっていて、本当に便利ですな。

で、気がついたのだが、アマチュアのオーケストラでも、ストラヴィンスキーとかブルックナー、プロコフィエフなど、大曲、難曲が演奏されていますね。

出来上がりも非常にレベルの高いものだし・・・。

我々が学生時代には、ベートーヴェン、モーツアルト、ブラームス、チャイコフスキーぐらいまでで、それ以降のマーラーあたりからは手が出ない曲だったんですよね。

それだけ音楽人口からレベル、感受性などが向上しているんでしょうね。

楽器も手に入りやすくなったようだし・・・・。

時代の変化ですなー。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月13日

電車料金

1月下旬に秋田の実家に帰って1週間ほど滞在することにしている。

で、東京から実家までの電車賃が、新幹線を使った場合、片道で1万8千円ほど。

羽田から飛行機で大館能代空港までの早割が1万3千円ほど。

飛行機のほうが安いとは思ってもみなかった。

早い話が、秋田新幹線が開通したことに伴い、寝台特急、夜行急行がなくなり、否が応でも新幹線で盛岡、あるいは秋田まで行き、そこから乗換、ということなので、不便だし高いということになってしまった。

何だか釈然としない。


j_fujishima at 00:30コメント(4)トラックバック(0) 

2017年01月12日

税務監査のこと

先日、税務署から連絡があり、税務監査のための2013-15年の銀行口座明細、必要経費明細、売上明細の書類を全部提出したが、その担当官から電話があり、不明な点を説明させられた後で、検査が終了した。

もちろん、ある程度の追加払いが出るのは分かっていたが、予想した以上に、いろいろな費用が認められず、追徴金は結構な金額になりそうだ。

特に、日本に帰国して、リピーターのお客様やエージェント訪問をしたのだが、その経費の半分がプライベートの費用とされたのが痛い。

まあ、仕方がないとは言え、追徴金を取られるのは気分のいいもんではない。

請求は3月か4月になるらしいが、今年は去年のテロの影響で客足が落ちるということがわかっているので、きついなー。

「お代官様、お慈悲でごぜーますだ。見逃してくんろ!!」

j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月11日

慰安婦像のこと

いわゆる従軍慰安婦を糾弾する目的での少女像がソウルの日本大使館前に続き、釜山総領事館前でも設置されたことで、対抗措置として日本政府もソウルから対しを呼び返しましたね。

去年、日本政府が10億円を出す、ということで、この問題は終結を見た、と思っていたんですが、違うようです。

で、この慰安婦に関しては、吉田清治なる人物が、「自分は朝鮮半島から少女たちを強制連行した」ということをでっち上げ、それに朝日新聞が飛びついて、23年間にわたり捏造し続けていたのが、とうとうごまかしきれなくなり、「あれは捏造でした」と認めたのじゃなかったのか?

「慰安婦」と呼ばれる売春婦がいた、ということは事実ではあるにせよ、当時は売春が合法であり、その女性たちは然るべき給料をもらっていたわけだし、それ以上に、その慰安婦は日本人が一番多かったんじゃないのか?

「私は慰安婦でした」と日本女性が名乗り出てきたら、その人達に対しても謝罪と賠償をするのが当然ではないのか?

でなければ、「人種差別」になるわけだからして。

まあ、名乗り出てくる人はいないでしょうがね。

そうではなくて、「慰安婦がいた」ということで日本を糾弾するのであれば、まあ勝手にやっていただくとして、「強制連行をした」という嘘をついて慰安婦像を設置するのは止めてほしいですな。

この「強制連行はなかったのだから、設置は止めてほしい」と声を大にしてキャンペーンをする義務があるのは朝日新聞じゃないのか?

少なくとも、吉田清治が大嘘をつく前には、韓国がこの問題を取り上げることはなかったのだからして。

それに、福島瑞穂などは、「強制連行があった」ということを追求するのが目的で国会議員になったのだから、国会議員を辞職するのが当たり前じゃないのか?

書いているうちにだんだん腹が立ってきたが、結局は、この問題は何がどう転んでも、「日本人を貶めるのであれば恥も外聞もないし、強請、集りは消えない」、という韓国人の国民性を知らしめる上でいい体験になったでしょうから、ほっとけばいいんですよ。

どこかで見たが、韓国人に対しては、TOK(助けない、教えない、かかわらない)というのが一番よろしいようで。

ところで、旭日旗に対して韓国人は、「軍国主義の象徴だ!!」と極度の嫌悪感を表すのですが、朝日新聞の社旗に対しては何も言わないのはどうしてなんでしょうね?

それにしても、韓国政府からの正式なコメントが全くないのはどういうわけなんだ?

対馬からの仏像盗難にしろ、この件にしろ、国民、マスコミが大騒ぎして、それに対して政府が何もやらないし、できないのは、韓国政府が無能だという恥をさらしているようなもんだよなー。

早い話が、何がどう転んでも韓国国民は日本に対する言いがかりを止めない、と思っていればいいんですよ。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月10日

で?

先日、自殺者を出した電通の社長が辞任しましたが、その時のコメントです。

++++++++

当社が、過去に当局から複数回にわたる指導・勧告を受けていたにもかかわらず、当社における過重労働、長時間労働問題を根本的に解決できなかった責任は、改めて申し上げるまでもなく、経営にあります。

そして、必要な変革を十分に達成できなかった全ての責任は、社の経営において最も重い責任を担っている私にあると考えています。

そのため、私は、その全ての責任を取り、2017 年1 月に開催される取締役会をもって、社長執行役員を辞任することを決意致しました。

株主への説明責任を果たすため、社長執行役員辞任後も、取締役としては留まりますが、来年3 月に予定している定時株主総会の終了をもって、取締役も退任します。


++++++++

だそうだ。

「責任は経営にあります」、じゃなくて、「責任は経営者にあります」でしょう?

要するに、何も対策を講じる事なく、あるいは、その対策を徹底させることなく、相変わらず従業員をこき使っていた、ということでしょう?

会社という組織である以上、上部組織の指導に下部組織が従うのが当たり前であって、その下部組織での業務が何も変わらなかった、ということは、取りも直さず、上部の指導が徹底していなかった、あるいは、その管理が杜撰であった、ということにほかならないんですよ。

以前に過労死した従業員がいた、ということを完全に忘れていた、あるいは、その教訓が全く生かされていなかった、ということの責任は重いですよ。

その経営者は辞任しても、取締役として留任する、ということは、経営陣にとどまる、ということであるからして、影響力は少なからず残す、ということですよね?

労働基準法には、「残業は強制してはならない」と明記されているはずだが、従業員が自己の意志で行うとなえばその限りではない、ということになれば、きりがなくなってしまう。

従業員が残業しなければならないほど業務が滞り、それを防ぐにはどうしたらいいのか?

そのための具体的な方法を電通は考えているのか?

一番いい方法は、従業員の数を増やし、業務を分配する、ということになるだろうが、そういう話が次の取締役会で出てくるんでしょうかね?

ま、はっきり言わせてもらえれば、「絵に描いた餅」を並び立てて、具体的に何をどうするか、という話は出てこないでしょうね。

全ては経営陣の考え方を変えるかどうかにかかっているかと思うんですが、どうなるでしょうね?



j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月09日

プラハの宮城にて

先日、仕事納めとなったプラハへのご案内。

プラハの宮城に入ろうとしたら、セキュリティの検査が厳しく、金属探知機なども用意されて、ひとりひとり厳重に検査が行われていた。

30分以上かかりそうなので、宮城の観光は翌日の9時前に変更。

翌日は生憎の雨だったが、そのおかげで荷物検査も5分程度で通過した。

それにしても、雨模様だったので、けっこう寒かった。

ベルリンからドレスデン経由、プラハ観光の4泊5日間の弾丸ツアーだったが、それでも、お客様には喜んでいただけた。




j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月08日

ベルリンのクリスマスマーケット

先日、大型トラックが突入して多くの死傷者を出した、ベルリンのクリスマスマーケットの様子です。

現場には多くの花とろうそくが供えられていましたが、お店は通常通りの営業です。

パニックにならずに、「平常通り」というのが、テロリストに対する最大の抵抗、ということでしょうね。

警戒は厳しく行われていましたが。

IMG_3811

IMG_3812

IMG_3813

IMG_3815

j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月07日

二重国籍問題

民進党の初鹿明博氏が、蓮舫代表の二重国籍問題について、あるブロクでhttp://blogos.com/article/190718/
発言しています。

+++++++

二重国籍問題、私はこう考える!


記事
初鹿明博2016年09月16日 00:00二重国籍問題、私はこう考える!

 昨日、民進党臨時党大会で党代表選挙の投票が行われ、一回目の投票で蓮舫参議院議員が過半数を取り、民進党の新代表に就任しました。

・・・・・・・中略・・・・

 確かに現状では二重国籍状態にあれば、法律に抵触はします。


しかし、そうせざるを得ない方もいる中で、見て見ぬふりを続けるのであれば、単一国籍をもう止めて、二重国籍を認める方が現状にも即すると思うのですが、いかがでしょうか?


・・・・・・・
 
+++++++++

あのですね。

二重国籍に関しては、日本の法律に問題はあるとは言え、現行の法律を無視してもいい、ということにはなりませんよ。

法律を率先して遵守すべき国会議員が、「現状では法律に抵触する」と明言している以上、それに従うのが当たり前であって、その法律がおかしいんであれば、まず法律を変える必要があります。

ということをわからない、というのは、それこそおかしいんじゃないの?

>>そうせざるを得ない方もいる中で、見て見ぬふりを続けるのであれば・・・

自民党が蓮舫氏の国籍問題に関して見て見ぬふりをしているのではなくて、蓮舫氏自身がこの問題をが曖昧にすべく、明確な回答をしていないのが現状じゃないんですか?

そうでないのであれば、自民党が要求するしないにかかわらず、蓮舫氏は国民に対して自ら進んで、この問題を明確にする義務があります。

法律に抵触する以上、蓮舫氏は一旦国会議員を辞職し、民進党は二重国籍に関する法律改正案を提出し、法律を変えた上で、改めて蓮舫氏が国会議員になればいいだけの話ですよ。

蓮舫氏は、まだ国会議員生活1期か2期なんでしょう?

長年国会議員を勤めていた議員さんが何人もいるんですから、まさか、蓮舫氏以外に代表者に値する人物がいない、なんてことはないでしょう。

早い話が、国民に蓮舫氏の知名度が最も高い、と言うだけの理由で代表に担ぎ上げられただけの、人寄せパンダみたいなもんだと思うんですがね。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月06日

おっかしいなー

先日、フランスのブザンソンという町で日本人女学生が行方不明になった、という事件があった。

報道によれば、チリからの留学生と付き合っていて、行方不明になる直前には彼と食事に行き、学生寮の中に一緒に入って、言い争う声が他の学生にも聞こえ、さらに、この男性が独りで寮の建物から出て行ったのが確認されている・・・。

という話で、チリの学生は本国に帰ったところで事情聴取されているそうだが、この女子大生はどこに行ったんでしょうね?

もちろん、警察当局は、この女性の行方を探しているとは思うが、寮から出たということも曖昧で、誰かに連れ出された、ということであれば、このチリの男性は一人で出て行ったのだから、女性は1人か、誰かと一緒に出ていったのだろうが、その映像も見当たらない。

一体、どういうことなんでしょうね?

無事であってくれるといいんですが、釈然としないですね。


j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月05日

エッセンのモーターショー 5

何だかアニメに出てきそうな車ですね。

IMG_3651

j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月04日

エッセンのモーターショー 4

ドイツ国防軍の装甲車

「売り物か?」と訊ねたら、「そうではありません」ということだが、値段を聞いたら、ざっと800万ユーロ、約10億円だそうな。

IMG_3650

j_fujishima at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
楽天市場