ジューケン葉山 社長ブログ

このブログは株式会社ジューケン葉山の社長、古川が、皆様に伝えたい家のこと、また日常で起きた出来事などをのんびりと綴っていくブログです。

山形で433cm

13日午前11時に、山形県・大蔵村の肘折で積雪433cmを記録しました。
福島県においても、一機に積雪と厳しい冷え込みが続き、あちこちで落雪やスリップが発生し事故が多発してます。
たまたま前を走っていた車が信号機で止まったっら屋根の雪が
005びっくりしました。
必ず雪落としをしてから運転席に乗り込みましょう。

耐震パネル工法+減震装置

住宅の地震対策について免震工法・制震工法・耐震工法・摩擦減震工法など、いろいろな工法が考案されてます。
全部同じような感じで、その違いがわかりにくく、どれを選べばいいのかわかりにくいですよね。
免震構造は地震力を積層ゴムやローラー等で逃がす方法です。軟弱地盤や積雪地域には不向きで高価です。
制震工法はダンパーや塑性金属・粘抵抗ゴム等で地震力の建物に対する負担を軽減しますが木造住宅では、偏芯倒壊の恐れがあるそうです。
耐震構造は文字通り剛性を高めて地震力に抵抗する方法です。
弊社では、大型地震の対策として高強度の柱や梁材を使用、それらを耐震金物でがっちり接続し、さらに耐震パネルを施工し、基礎と土台の間にUFO-E(摩擦減振パッキン)を設置、金属の摩擦抵抗で地震力を減衰させます。
長々と書きましたが、住宅を新築するにおいて災害対策は一番大事だと思います。
最後に、先日お引渡しをした住宅の一部をアップしました。
068 (2)

UFO-E(摩擦減振パッキン)

ドイツの気象学者ウェゲナーが大陸移動説を公表してほぼ100年、それを裏付けるプレートテクト二クス理論が登場して50年の節目になるんだそうです。
プレートテクト二クスでは、大陸や海洋はマントルの上に浮かび、マントルの対流の流れで、その合わさり部分にプレートが引き込まれて、その際に発生するエネルギーがプレートに作用して地震につながります
皆さんご存知の通り、私達の住む日本は、北米プレート・ユーラシアプレート・太平洋プレート・フィリピン海プレートの四つのプレートの上に乗っかっています。

当然、地震の発生頻度も高い日本で住宅建設するには、その対策もしておかなければなりません。
弊社では、 UFO-E(摩擦減振パッキン) を標準装備として採用しております。
次回、詳しく説明したいとおまいます。 


また、この度の須賀川市谷田野、完成見学会に多数の方にご来場いただきまして、ありがとうございました。



livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
こだわりの家づくり!全国工務店ブログ広場
  • ライブドアブログ