リーズ・ユナイテッド・ニュース

J-LEEDSがリーズ・ユナイテッドに関するニュースを発信します。

【Championship】 ブライトンが敗れニューカッスルが首位に

チャンピオンシップは首位を走っていたブライトンの無敗記録が17でとまったこともあり、残り11分のゴールでブレントフォードに勝利したニューカッスルが首位に上がった。


■Brentford 1-2 Newcastle

ダリル・マーフィーのリーグ戦初ゴールでニューカッスルはブレントフォードに勝利し、チャンピオンシップ首位に返り咲いた。
オフサイドとラップを抜け出したドワイト・ガイルがリーグ戦20点目となるゴールを決めて、アウェイのニューカッスルが先制する。なお、ニューカッスルでリーグ戦20得点は、2003/04シーズンのアラン・シアラー以来となる。
後半にラッセ・ヴァイベが同点のゴールを決めたが、残り11分にマーフィーのヘディングで勝ち越したニューカッスルがブレントフォードに勝利した。

■Preston 2-0 Brighton

プレストンに敗れたブライトンは、無敗記録が17で止まっただけでなく、首位からも滑り落ちた。
ポウル・ハンチントンのヘディングで先制したプレストンは、さらにカラム・ロビンソンがゴールを決めてリードを広げる。ブライトンはトマー・ヘムドがPKを決められず無得点での敗戦となった。
勝利したプレストンは順位を9位に上げている。続きを読む

FAカップ4回戦が現地時放送カードに決定

リーズ・ユナイテッドのFAカップ4回戦の試合がBTスポーツ2による現地放送カードに選ばれた。

サットン・ユナイテッドとAFCウィンブルドンの勝者と対戦するこの試合は、1月29日(日)14:00(日本時間 23:00)キックオフとなる。


FA CUP: LEEDS SELECTED FOR TV』 From Leedsunited.com

ダービー戦の勝利を喜ぶモンク 「最初から最後までやりきってくれた選手たちを誇りに思う」

ヘッドコーチのギャリー・モンクは、金曜日のダービー・カウンティ戦の勝利についてLUTVのインタビューに応じ、無失点でホーム5連勝とした勝利とパフォーマンスを喜び、加えてサポーターへの称賛を口にした。

ハーフタイム前のクリス・ウッドのゴールで1-0と勝利したリーズは3位に浮上し、7位のダービーとの差を8ポイントに広げた。

「試合前にはリーグ戦の状態やダービーとの距離についてなど多くの話が上がっていたようだけど、何より大事なのが勝ち点3だった。

選手たちにはこの試合のためにやってきた全てを、ピッチの上で出し切るよう求めた。相手はとても良いチームだし、テレビカメラの前ということもあって自分たちのためにもね。

最初から最後までやりきった選手たちを誇りに思う。本当に重要な勝ち点3になったね。

若い選手にとっても試合のたびに難しい試練が待ち構えているけど、それらを通して成長してきているんだ。試合毎に本当に良くなってきているよ。

ファンは今回も素晴らしかったね。雰囲気は最高だったし、だからこそ私はこのスタジアムが大好きなんだ。

素晴らしい雰囲気を持ち、学び舎でもあるこのスタジアムは、興奮と大歓声で選手たちを限界まで引き上げてくれる。

サポーターには選手たちがどれだけがんばっているかを見てもらえたと思う。われわれはエランドロードを絶対的な場所にしたいと思っているし、今はそうなっていると思うよ。」


GARRY MONK: I AM VERY PROUD OF THE PLAYERS』 From Leedsunited.com

【Championship】 Leeds 1-0 Derby -- 宿敵ダービーを圧倒し暫定3位に浮上

Leeds United 1 (Wood 45) Derby County 0

クリス・ウッドのヘディングでリーズはホームでダービー・カウンティに勝利し、暫定ながら3位に浮上した。

前半は特に素晴らしいプレーを見せたリーズは、それまでも何度もチャンスを作っていたが、リアム・ブリドカット、カイル・バートリィ、スレイマン・ドゥカラがチャンスを活かせず、得点を奪えない。

そのままハーフタイムを迎えるかと思われたが、前半のアディショナルタイムにパブロ・エルナンデスのコーナーキックからウッドが決めてようやく先制する。

後半はハーフタイムで2人を入れ替えたダービーが流れを引き寄せ、更には£2.5mで獲得したデイヴィッド・ニュージェントも投入して同点を狙う。

しかし、トム・インスのシュートはロブ・グリーンが防ぎ、マテイ・ヴィドラのシュートは決まらない。

ダービーは2枚目のイエローカードでブラッドリー・ジョンソンが退場となり、最後は10人での戦いを強いられたこともあり、リーズは不安もなく1点を守りきった。

リーズはこの勝利で暫定ながら3位に浮上し、2位のニューカッスル・ユナイテッドとも勝ち点差を4に縮めている。敗れたダービーは6位のシェフィールド・ウェンズデーと2ポイント差の7位に留まっている。
続きを読む

延期されたノッティンガム・フォレスト戦の日程が発表

チャンピオンシップのノッティンガム・フォレスト戦の調整された日程が発表された。

試合は当初1月28日に予定されていたが、FAカップで勝ち進んだこともあり日程の変更を余儀なくされ、正式に1月25日(水)19:45(日本時間 26日 04:45)キックオフとなっている。


NOTTINGHAM FOREST: DATE SET FOR RE-ARRANGED FIXTURE』 From Leedsunited.com

ハダスフィールド戦が現地放送カードに選ばれキックオフ時間が変更へ

チャンピオンシップのアウェイのハダスフィールド・タウン戦が2月5日の12:00キックオフへと変更となった。

試合はSky Sportsの現地放送カードに選ばれたため、以前の予定より30分早いキックオフへ変更となっている。




HUDDERSFIELD TOWN: FIXTURE SELECTED FOR TV COVERAGE』 From Leedsunited.com

契約延長のエルナンデス 「チームに残りたいと思っていた」

ミッドフィルダーのパブロ・エルナンデスは、完全移籍でリーズと契約を交わしたことの喜びを語った。

カタールのアル=アラビから加入当初は6か月のローンで加わったが、シーズン前半戦の活躍もあり、エルナンデスは完全移籍で契約をかわすに至った。

今シーズンは18試合に出場しているエルナンデスは、残りのシーズンもリーズで戦うことが決まり、喜びを語っている。

「リーズ・ユナイテッドと完全移籍で契約をできたことをうれしく思うよ。まずは6か月のローンで加入したけど、心の中ではいつだって長くとどまりたいと思っていたんだ。

リーズは僕にイングランドのフットボールに戻ってくるチャンスを与えてくれた。今イングランドでフットボールを楽しんでいるから、本当に幸せだと思う。

最初に来たときはリーズ・ユナイテッドはビッグクラブだとみんなが言っていたけど、僕がバレンシアにいた時からそのことは良くわかっていた。UEFAチャンピオンズリーグの準決勝で両クラブは戦ったからね。

信じられないようなファンがいて、素晴らしいスタジアムがある。本当に良いトレーニンググラウンドがあってプロフェッショナルと呼べるスタッフがそろっている。これらすべてが気にっているよ。」
続きを読む

パブロ・エルナンデスが完全移籍でシーズン末までの契約に合意

リーズ・ユナイテッドはパブロ・エルナンデスと2016/17シーズン末までの完全移籍での契約を結んだことを発表した。

エルナンデスは当初6か月のローン移籍での加入だったが、今シーズン末までの契約に合意したほか、クラブには12か月延長のオプションも織り込まれている。

31歳のスペイン人ミッドフィルダーは、8月にアル=アラビからローンで加入し、EFLカップのフリートウッド・タウン戦でデビューすると、これまで18試合でプレーし、3ゴールを決めている。

スペイン代表経験もあるエルナンデスは、これまでヴァレンシア、ヘタフェ、スウォンジー・シティなどでプレーしてきている。



PABLO HERNANDEZ BECOMES FIRST JANUARY SIGNING』 From Leedsunited.com

FAカップ4回戦の対戦相手はAFCウィンブルドンもしくはサットン・ユナイテッド

FAカップ4回戦の組み合わせ抽選が行われ、リーズはアウェイでAFCウィンブルドンとサットン・ユナイテッドの勝者と対戦することが決まった。

試合は1月27日(金)から30日(月)までの間に行われる。

そのため、1月28日(日)に予定されていたチャンピオンシップのノッティンガム・フォレスト戦は日程変更が行われることになる。



EMIRATES FA CUP: LEEDS HANDED AWAY TIE』 From Leedsunited.com

【FA Cup】 Cambridge 1-2 Leeds -- 逆転でケンブリッジを撃破しFAカップ4回戦進出

Cambridge United 1 (Ikpeazu 25) Leeds United 1 (Dallas 56, Mowatt 63)

リーズ・ユナイテッドは逆転でケンブリッジ・ユナイテッドに勝利し、FAカップ3回戦を突破した。

満員のスタジアムでそれぞれのリーグで昇格を狙う両チームは順位的には38位の隔たりがあるにも関わらず、見ごたえのある試合を展開した。

リーグツーのケンブリッジは、チャンピオンシップのリーズを相手に前半は試合を支配し、ウチェ・イックピーズのターンからのシュートで先制する。

イクピーズは序盤からチャンスをつかんだがシュートはシルヴェストリがセーブする。ルーク・ベリーはフリーキックの跳ね返りからディフェンダー二人をかわしてシュートを放つもボールはポストをたたいた。

リーズはモウワットとリアム・クーパーがシュートを放つもケンブリッジGKのウィル・ノリスの好セーブにあいゴールを奪えない。

しかし、この試合8人を変えて臨んだリーズは、後半に入って息を吹き返す。アレックス・モウワットのクロスからゴール前のスチュアート・ダラスが同点のゴールを決める。

さらにコーナーキックから今度はモウワットがポントゥス・ヤンソンの落としたボールをゴール前で流し込み逆転に成功した。

ケンブリッジは終了間際に同点のチャンスをつかんだが、ピエロ・ミンゴイアのシュートはマルコ・シルヴェストリが阻み、ベン・ウィリアムソンは押し込むことができなかった。ショーン・デリー監督は古巣を相手に同点に追いつくことはできなかった。
続きを読む
カウントダウンタイマー
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QRコード
プロフィール