いよいよ今年のAKB48の総選挙ですね。
優勝候補は板野友美、柏木由紀、大島優子の3人が最有力と言うところですが、誰が負けても来年の総選挙には、前田敦子ちゃんが「後進に道を」譲ると言う慣例を残してしまったので、再度チャレンジと言うのは難しいような気がします。
しかしそんな空気も一切無私。
ともちんが大胆発言で注目ですw

 「国民的アイドルグループ」とされるAKB48の選抜総選挙が近づいてきた。前田敦子さんが出馬辞退し、ほかの人気メンバーの動向も注目される中、大島優子さんや板野友美さんが、まだまだやる気のある発言をして話題になっている。
   第4回選抜総選挙は2012年6月6日、東京・日本武道館で行われる。今回の総選挙については、前田敦子さんが総選挙に出馬しないことを自身の口から発表。前田さんは3月下旬の卒業発表時に「後輩のためにも、私が卒業して歩き出さなければならない」と、後進に道を譲る旨を語っていた。

   2005年に秋葉原の劇場からスタートしたAKBは、その後SKE、NMBといった姉妹グループが続々登場。AKB本体も定期的に研修生として新メンバーを募集しており、確かにいつまでも人気メンバーが残っていたら、下が詰まるだろう。
   そんな中、「ともちん」こと板野さんが2012年4月18日付けの日刊スポーツで心境を語った。第3回総選挙で4位から8位に転落して危機感を持っているのかと思いきや、今回の総選挙について「目標は特にないです(笑い)。もう争いとは思っていないし、楽しめれば」とリラックスしている様子。一方で、「でも、後輩に道を譲るつもりはないです。何もしないのに、いきなり譲るって訳分からないじゃないですか」と語る。
   ソロで歌手デビューしたり、CMにも一人で出たりと大活躍しているが、自分としてはまだまだこれから、ということらしい。

森下暁
akiramorishita