2020年03月21日

コロナウイルス

連日連夜マスコミの話題は「コロナウイルス」です。コロナウイルスというと名称だと何だか「コロナビール」とか「コロナストーブ」とか連想しますが、正確には「武漢ウイルス」と呼べば良いような気がします。

それはそれとしてこの騒ぎでDXペディションの皆さんの足も止まってしまったのか? 4月はほとんどペディションがありません。コンテストも多い時期ですから本来なら様々なチームが移動するのでしょうけど今年は余り見受けられません。コロナウイルスの影響で移動制限がかかりどのチームも移動できずにいるのだと思います。 
当然ですがDXもイマイチぱっとしません。珍しいところへ行く局もないし、そこから出てくる局もあまりないし、少々朝早起きしても手持ち無沙汰です。こうなれば一応バンド New とかモード NewとかでDXCCで言えばチャレンジを潰していくことをするくらいです。
そのDXCCのチャレンジですが私はまだ1100まで行きません。正確には1080位でしょうか? 世の中には3000を超える強者もいるのですからまだまだ先は長い気がします。 ただFT8が出来てから一気に進めましたが、これ以上増やすのはコンディションが良くならないとその進みは遅遅としております。それと1.9(1.8)のQRVが課題です。3.5はWkdで80までいきましたから、5バンドDXCCは視野に入ってきたと思います、とは言え3.5で残りの20エンティティーは結構きつい気もします。まあこれからのシーズンは少々諦めて秋からのシーズンにかけて、そう今年の目標は90位に出来ればと思っています。

いずれにしてもコロナウイルスの影響でしばらくはペディションも無さそうですからしばらくはDXCCの整理でもしたいと思っています。



2020年03月07日

VP8PJ なかなかの難敵でした

先日から出ていたVP8PJ 中々聞こえません、見えません。それでもお陰様で14と10でCW FT8でそれぞれQSOできATNOを脱出しました。10数年ぶりのこの地へのペディション出来ればもう少し他のバンドでもと思いましたが、地理的な問題とコンディションから難しかったですね。もしかしたらあるとして次のペディションの時にはSKかもしれない、いやSKで無くとも聴力が落ち信号は聞こえない、視力が落ちてFT8が見られない、何てことがあるかもしれない、そう考えると出来ればあと7Mhzだけでも出来ればな〜 と思ってしまいます。

ただ未だにANTOで終わってしまった皆さんがきっとJAでは多いだろうから、残念なOMさん方も多かったのだろうとおもいます。
それにしても遠いところです、地球のほぼ真裏ですから。そしてSP LP どちらも南北極の付近を通過する電波ですからそんなに強いはずはなくやはりかなりの難敵でした。


それはそれとしてこのサウスオーク二諸島 恐らくDXでもしなければ一生聞くことのない島々のような気がします。近くのフォークランド諸島は昔イギリスとアルゼンチンが戦争をした所ですから知ってますが、この島々のことを知っている人はかなりの地図マニアだろうと思います。地図で見る限りイギリス領とアルゼンチン領がまさに背中合わせの場所で、今はそうでも無いのでしょうけど一時期は緊張感ある場所だったと思います。

時折チームから発信される情報ではかなり雪も風も強く、アンテナのセットが上手くいかなかったようで苦戦をしていたみたいです。まあとにかくご苦労様でした。無事お帰り頂くことをお祈りいたして下ります。

ja0elb at 22:30|PermalinkComments(0)

2020年02月25日

DXペディション続く

先週から友人の局長さんが8Q(モルディブ)からQRVされてました。とても強力でお陰様で7,10MhzのFT8でQSOが出来ました。画面を見ているととにかく凄い数のJA局からのコールでした。8Qはリゾートのせいか移動運用される局も多いのですが、Euの局が多いせいかJA向けのサービスが多いわけではなく、特にJA向けの時間にQRVしてくれたのでお陰様で多くのJAの皆さんにサービスできたのではないかと思います。とにかくご苦労様でした。


VP8PJがいよいよQRVし始めました。 日本からは一番遠い場所になるところですから、今のコンディションでは難易度の高い場所だと言えます。逆にコンディションが良ければどこにアンテナを向けても聞こえるはずですから、なんで超久しぶりのペディションがこの時期なのか? 恨みを言いたくなる気もします。と言いつつドネーションしましたからには頑張ってほしいものです。 肝心の信号は10Mhzと7MhzのCWでかすかに聞こえてます。どちらもLPで聞こえましたがQSO出来るレベルではありませんでした。ずっと聞いていると時折強くなってくるのですが1QSOぐらいで落ちてしまうので中々QSO出来ません。それにEuやWの皆さんの猛パイルをかいくぐってQSOするには余りにも弱すぎるのです。そして今夜は14MHzと10Mhz CWとFT8がそこそこ強く入感してます。CWは妨害が多く、いつものことですがスローなお隣のBコールの局のCQがOnfreで聞こえてくるやら何やらでちょっと大変でしたが、何とかできたみたいです。とはいえLogが上がるまではどうなることやら。もちろんですがATNOです。


ATNOと言えば移動しているTU5PCT(コートジボワール 象牙海岸)もATNOでした。ここも信号は弱いのですが何とか10MhzのCWとFT8でQSO出来ました。 ここは以前から欲しいな〜と 思っていたところでしたので大変うれしかったです。 ここのFT8はマルチQSOでもF/Hモードではないので普通に呼んでいれば良いのかと思いますが何だかす少し勝手が違う用です。もう少し勉強が必要ですが、何となく出来てしまいました。 ただいわゆるFT8のノーマルな周波数に出ているのでほかのDXを狙っている皆さんには迷惑な存在になるのかな〜 と言う気がしないでもありません。この辺はもう少し交通整理が必要かもしれません。 いずれにしても300エンティティーまであと僅か、と言っても先は長いぞ〜〜〜

ja0elb at 23:11|PermalinkComments(0)

2020年02月11日

アフリカ 中近東 ペディション盛ん

サイクル24のボトム期になり、まして北半球は冬と言うことで11月頃から1月まではFT8を入れても70局ほどのDXQSOしかしませんでした。ところが1月の最終週あたりから俄然賑やかになり聞こえる様になりました。
特にタンザニアへのいつものイタリアのグループの移動 パレスチナへのフランスのグループの移動、ちょっと前にはロシアの局の皆さんによるココス島移動  ドイツ各局によるエル・サルバドルの移動 と春のコンディションアップに向けたDXペディションが目白押しです(でした。)


こうやって見ると世界には本当に無線が好きでどこへでも出かける皆さんがいるんだな〜 と感心します。そして日本人クルーも時折見かけますが日本人だけのチームというのはあまり見かけません。
そう考えると世界のアマチュア無線局数トップクラスの国で有りながらペディションする局が少ないのはちょっと寂しい気もします。ただ近々1在住の昔なじみが2月中旬からDXペディションをしてくれるとの情報が入りましたので楽しみです。


ところでアフリカ タンザニアの局とはFT8で盛んにQSO出来た皆さんが多いのは時代の流れを感じます。朝5:30頃から起きてノイズの中でCWの電波を聞いて、スプリットの周波数を探してやっとどうにかQSO出来たのですが、FT8に移ってJazzを聞きながらクリックしして待つこと20分ほどでQSO完了です。しかもそれほど苦も無く2バンド完了しました。ローカルの皆さんもほとんどはFT8でQSO出来てます。
FT8恐るべしです。 まあ無線のモードに優劣はありませんからどのモードでもQSO出来ればそれでいいのですが、本当に絵に描いたようなコーヒーを飲みながら 音楽を聴いそれでいてレアなアフリカ局をQSOが出来る、本当に時代は進んでいることを実感します。そう考えるとこの次は何が来るのか? ちょっと恐ろしくもなります。

それはともかく このコンディションのボトム期でも1万Kmを超えるDXが出来る、益々コンディションの上昇期に期待が持てます。


ja0elb at 19:58|PermalinkComments(0)QSO DX 

2019年10月01日

秋のDXシーズンです

前回のブログから1ヶ月以上たってしまいました。
あの頃は天候が不順でほぼ毎日アンテナを上げ下げしていましたが、それも収まった頃には今度は台風で大風が吹きアンテナの方向が少しずれてしまいました。
先週の日曜日にはタワーのグリスアップとアンテナの方向の修正を行いました。これでしばらくは安心して無線が出来ます。
思い起こせばこのタワーとアンテナを上げて2年になります。大型アンテナのせいか方向が時折狂いますが、大型アンテナゆえ上部から前後に垂れ下がり防止のステーが出ているのでアンテナ自体のクランプを緩めてマストから少し離れても落ちることはありませんから、片手で回るくらいに緩めての方向の修正は大変楽です。しかもタワーは建物に沿って建ってますのでアンテナを回転すれば屋根に上って全ての作業が出来、足場の心配は要りません。と言いつつ年に2回程度しか作業はしませんが。

2年間の運用でお陰様で多くのエンティティーを稼ぐことが出来ました。調べてみたらコンファームの有無は別として291になりました。このアンテナ使用前は240程でしたからさっと50エンティティーほど増えたことになります。コンディションとしては下り坂の中で良く出来たと思います。ただこの2年間でパワーも200Wから1Kwにした事による成果もあるのかもしれません。そうはいっても聞こえないことにはいかなパワーがあっても出来ませんから。

今朝はA82Xが出来ました、リベリアはATNOでしたのでGetです。最近ではA35JT とかZK3Aが盛んに南太平洋から出ています。こちらは比較的近距離なのでJA空も出来やすいと思います。Euの皆さんにとっては出来にくい所のようなのでサービスの邪魔をしないようにしないといけませんね。

とにかく秋のDXシーズンです気合いを入れて頑張りましょう。


ja0elb at 12:02|PermalinkComments(0)QSO DX