blog_import_54841de90f448
blog_import_54841debea980

周波数は、ROMの横に有るデープスイッチの「ON」「OFF」の切り替えの組み合わせで、周波数を変化させます。

 このデープスイッチの組み合わせを、時間を掛けて、スイッチ1個・・1個、ON・OFF・ON・OFF・ と解析を続け、4日かかって やっとのことで、スイッチと周波数の相関図が出来ました。

レピーター帯域では、自動的にマイナス5MHzシフトしてくれるんです。
当然、レピーター局からの反応が返ってきました。
前オーナ氏が、ROMのプログラムを変更したのでしょう。
これは、私が知らない分野だ。

デープスイッチの操作による周波数切り替え
ON-ON-ON-ON-ON-ON-ON-ON ---- 434.000MHz
OFF-ON-ON-ON-ON-ON-ON-ON ---- 434.010MHz
ON-ON-ON-ON-ON-ON-ON-OFF ---- 438.000MHz
等のスイッチのON-OFFの組み合わせで、周波数を設定可能。

 レピーター専用機として、使用しましょう。
 この機種は、時々ヤフオクに格安で出品されるから、もう一台手元にあっても いいかなぁ。