アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • ALX-2 改造レポートメモ 更に発見
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ヤエス FT-DX100
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFM25W40    本体の内部画像
最新記事(画像付)
blog_import_54841e2d66aa5

メイン基板の 「IC」に対して、27年程前、何かをした記憶が残っている。
・・・・この改造をすれば、送信・受信範囲は、MAX状態になるんだが。
当時の実験結果レポートは、まだ見つからない・・・・・。

blog_import_54841e2ab09c0

さてさて・・・・・、メイン基板を 縦にしたり・・・横にしたり・・・裏返してみたりもしたが、記憶が戻って来ない。

 問題の「IC の足」・・・絶縁したのか・・・、導通させたのか・・・チップ部品を取り外したか・・・・回路上の信号回路を遮断させたのか、逆に、 パイパスさせたのか・・・。
blog_import_54841e27a84f6

回路図が手元に無い。
 回路図・・・・・、この機種を購入した当時、取扱説明書は付いていた記憶が有るんですが・・・、「あれぇ・・・回路図って、付いていたかなぁ。ケンウッド・アイコム・ヤエス等には、必ず回路図が付いてましたが、今、思うと、回路図、付いてたっけなぁ。
 ICの型番だけでも、知りたいがぁ・・・・・
 まぁ、いいかぁ 貴重な無線機改造実験レポートが、ジャンク箱に、絶対に有るはずだ
 ALX-2をいじくりまわして、部品取りになってしまったら、もったいない。

 この I C の 足・・・・、 壊す前に、もう一度 納戸を捜索して、当時の実験レポートを探してみよう。
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字