アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • ALX-2 改造レポートメモ 更に発見
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ヤエス FT-DX100
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFM25W40    本体の内部画像
最新記事(画像付)
blog_import_54841e4ccc6b4


 液晶漏れで、「表示が完全に読み取れない」と、友人から、液晶の交換を依頼されましたが・・・・。 
blog_import_54841e5004862

 画像のとおり液晶漏れによって「周波数の確認が完全に出来ない」。
 バックライトの光さえも、わずかに確認が出来る程度。
 液晶漏れの症状が、極めて重症で、移植の他に手当はありません。

 
 この時期に作られたアイコム社製の「IC-μシリーズ」の液晶は、経年劣化がひど過ぎる。   
 ケンウッドやヤエスの液晶は、まだ健在である。

部品の調達が困難
 メーカーにも液晶部品の在庫はない。
 ヤフオクで探したところで、液晶漏れの無い、不動機等、都合の良い品物の出品は、まず望み薄・・・・・・。

 それにしても、見事に液晶漏れを起こして、何も読み取れない状態。

 このリグについては、その後、ずっこけていた周波数の調整をして、友人にお返しをいたしました。
 部品さえ有れば、交換できるんですが・・・・
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字