アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • ALX-2 改造レポートメモ 更に発見
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ヤエス FT-DX100
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFM25W40    本体の内部画像
最新記事(画像付)
CPUの回路に手を加えて、送信・受信可能範囲が、アマチュアバンドを超えてMAXになりました。
blog_import_54841ef1025a5

 完全な液晶漏れにより、表示される文字が、読み取れない状態。
     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
blog_import_54841ef2d5f39

     
 液晶が壊れているだけで、CPUは生きていた。
 それじゃ・・・・と言う事で、送信・受信範囲をMAXに広げました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
blog_import_54841ef4e8388

     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    TH-45送信・受信 拡張実験 成功

 改造のきっかけは、送受信用の基盤に、前オーナーさんが試みたと思われる「受信改造」の痕跡を発見したのです。

 この改造の痕跡は、何かの資料を見ながら、試みたのでしょう。
 又は、参照した「資料」が間違っていたのか・・・。

 結果、改造の途中で、液晶を壊して、液晶漏れを起こさせてしまったのか・・・無理をしてしまったのかなぁ。
 等々、想像しながら、私が、引き続き、CPUに「お薬を処方して」改造しましょう。
 結果は、 おっ! やっぱり CPU 生きてました。
 CPU基盤に手を入れ、送・受信改造の実験・・成功しました。
 送信・受信共に、422MHz帯から463MHz帯までのMAX範囲の送信・受信可能になりました。


 周波数の表示は、もっと広範囲な周波数を表示するんですがね。

 当然、送信時、ダミーロードをセットしました。
  ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  この改造方法は、「・・・・すみません」どなたにも、お教えはいたしません。
悪意をもって、改造されたら、違法行為を助長させてしまう事になってしまいます。
      ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 楽しい、実験研究をさせて頂きました。
 老眼で、この細かい基盤で、実験・研究は・・・・目が非常に疲れますね。
 本当に、面白く、楽しい実験でした。

 送信・受信拡張改造をしたCPUは、再び元のオリジナル回路に戻し、CPUをリセットして、ノーマルなTH-45に戻しました。
 
 【改造したものを再び、ノーマルに戻した理由】
  万が一にも、人手に渡った時、電波法違反に抵触おそれがあるからです。

 諸外国へ輸出するために、周波数を広めに設定し回路を作ったのでしょう。
 そして、諸外国の電波法の範囲に従って、回路に手を加えて製造したのでしょうね。

 この後、オールリセットをして、改造完了

コメントする

名前
URL
 
  絵文字