アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • ALX-2 改造レポートメモ 更に発見
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ヤエス FT-DX100
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFM25W40    本体の内部画像
最新記事(画像付)
blog_import_54841f3f17c8d
本体 上部のサムホイールスイッチを回して、周波数を設定すます。
これは アイコム IC-2N等と操作は同じです。



blog_import_54841f4101136
本体正面のロータリースイッチを、オリジナルの金具を使って、回転させ、周波数を設定します。 このオリジナルの金具が、非常に珍しく、3台ともに、揃ってました。
 
 この金具が無いときは、コア回しを流用することになります。
 眼鏡用の精密マイナスドライパーでも可能です。

blog_import_54841f42c8a62

blog_import_54841f44c5784
blog_import_54841f46aea31
blog_import_54841f48b7358
blog_import_54841f4a9f738

 周波数変換用のこれらのスイッチをまわしても、回路上のダイオードや抵抗等々により、アマチュア無線に許可された周波数以外の送信も受信もできません。

 アマチュア無線帯域の送信不可・受信も不可にしている制御回路を見つければ、サムホイールスイッチが示す数字が、送信も受信も可能である。

 改造しても、なんの意味も無いのは、確かだ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字