アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • ALX-2 改造レポートメモ 更に発見
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ヤエス FT-DX100
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFM25W40    本体の内部画像
最新記事(画像付)
blog_import_54841ffa3e8bc




















VHF帯 JRC JHP-21のバッテリー端子が緑青で腐食していたので、NRF-40のバッテリー端子を移植しました。
 
 交換した結果、電源が入るようになりました。

この機種の周波数は 154MHz帯・・・・
 アマチュア無線の周波数帯に、改造をしましょう。

 本体の側面に、スライドスイッチで、周波数が 2チャンネル切替られるので、面白そうだ。

 完全な防水タイプではないが、ゴムのパッキンが施され、少々の雨は問題なさそうだ。

 水で濡れた後の乾燥などのメンテナンスを怠ると、バッテリーの端子が、腐食するようです。

 薄型、2チャンネル切替、VHF帯、

 送信出力は、1.4w

    アマチュア無線では、十分な機能

    トーンスケルチユニットの調整要領が不明なので、解析が必要です。

    解析は、手間が掛かりますが、データ化をすれば、自由自在に設定可能です。

  また また楽しみが増えました


コメントする

名前
URL
 
  絵文字