アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • ALX-2 改造レポートメモ 更に発見
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ALX-2のソフトケース
  • ヤエス FT-DX100
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFN25W40    アマチュア無線430MHzに使えた
  • FFM25W40    本体の内部画像
最新記事(画像付)

blog_import_548420452e7c1














 
 IC-μ3の液晶移植を成功させて、気を良くしたので、  IC-μ2 の液晶を交換しました。
 このブログを見て、「よし 俺も やってみよう」と思った方は、自己責任で。

移植のポイント
 液晶は、金属製のボックスに入っていて、この金属製の  4つ の 「爪」を基板に刺して、折り曲げて、圧着しているだけです。
 この圧着の「善し悪し」で、せっかく移植した液晶に電気が流れません。
 壊さない程度に、指で強く圧着しながら、金属製の爪を基板に絡めます。
 この圧着も、均等に圧着することです。
 くれぐれも、基板を割らずに・・・・・基板面の回路パターンを壊さずに・・・・・
 正常な液晶を移植しても、何も写らなかったり、一部分のみ文字が読み取れるような症状があれば、圧着不足 又は、 圧着が均等にされていないためです。
 もう一度、トライをしてみてください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字