アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
ALX-2の周波数を変化させる操作
15222976792133328843



操作は、簡単です。


blog_import_54841f3f17c8d
本体 上部のサムホイールスイッチを回して、周波数を設定すます。
 
画像では 5   7  4   と、ロータリースイッチの数字が表示されています。

これは、145.74MHz  を示してます。 
これは アイコム IC-2N等と操作は同じです。


 blog_import_54841f4101136
左端の MHz帯は、  4  と 5 のみに回路が生きています。
 それ以外を設定しても、何も、変化無しです。 

 理由は、アマチュア無線に許可された周波数帯域外になるので、
受信も送信もできません
 故障ではありません 

 
blog_import_54841f4a9f738
本体正面のロータリースイッチを、オリジナルの金具を使って、回転させ、周波数を設定します。 
このオリジナルの金具が、非常に珍しく、3台ともに、揃ってました。

 
blog_import_54841f44c5784
この金具が無いときは、コア回しを流用することになります。
 眼鏡用の精密マイナスドライパーでも可能です。
 
blog_import_54841f46aea31
周波数変換用のこれらのスイッチをまわしても、
アマチュア無線に許可された周波数の帯域
のみしか送信も受信もできません。
 
blog_import_54841f48b7358


下記の画像は、本体のカバーを外した状況です。
不慣れな方は、カバーを開ける際は 、配線を断線させる危険性があるので、ご注意されて下さい。

 
blog_import_54841f42c8a62
 回路上のダイオードや電気的回路の遮断により、
アマチュア無線に許可された周波数以外の送信も
受信も出来ないように設定がされています。

回路上の設定を変えれば、送信も受信も、
MAX状態になって、オフバンドの送信・受信が出来てしまいます。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。