>>私は電気には知識がありません自分で電池交換をしたいのですができますか<<
・・・・との、コメントがありましたので、対応いたしますね。

 下記の画像を見て下さい。
 JRC製のバッテリーパックを、開いたものです。
  
 乾電池を使う場合は、頻繁に乾電池を交換させる目的があるので、蓋の開閉が容易な構造です。
 しかし、バッテリーパックの構造は、簡単に開閉できないように、頑丈に作られています。
  まず、この頑丈に作られた筐体の「蓋」を「壊さず」「割らず」に、取り外す「外科的処置」をしなければなりません。
 ここで、「パキッ・・・」と、割って壊してしまうリスクが高いですよ。

  接着剤で固定されている場合があります  さらに、蓋に「爪」があって、本体に引っ掛けてあることもあって、構造を壊すと、ガムテープで補修をしたり、と 見た目が悪くなります。 

下記の画像は、やっとこさ・・・、蓋を外科的処置で開いた状態です。 
2d193f91-s
蓋を開けて中を覗き込むと、ニッカドバッテリーは、直列配線で、ハンダで固定されています。
 下記の画像は、全てのニッカドが繋がっていることが分かると思います。 
0f3e7b53-s
b6b72528-s
 分解をして、完全に劣化し、充電不能となり取り出した「ニッカドバッテリー」です。
 乾電池では、「単五」サイズのものでした。
 このサイズの「ニッカドバッテリー」をヤフオクで手に入れ ました。
  
 購入のポイント
  必ず・・・・・・プラスとマイナスの端子の部分に、ハンダ付け用の「タグ」が付いているニッカドバッテリーを手に入れる事です。 

  バッテリーパックの内側の構造を見て下さい。
  乾電池仕様の場合は、プラス側とマイナス側に、それぞれ、電極の端子が用意されています。
  しかし、バッテリーパックの場合、その端子が有りません 。
 
だから、ハンダ付けが必要なんですよ。
  他にも 、電気的な理由があります。
5f43f523-s
e5e52467-s
3a3a39d7-s
5c46506a-s
青色の矢印の先にあるのは、安全装置です。
万が一にも、電気的なトラブルが発生した場合、発火・爆発等を防ぐパーツです。
 分解をする場合、必ず、何処の部分に、「何が」「どの向きで」取り付けてあったか、絶対にメモを残して下さい。
 もしも、これを忘れると、誰に聴いても、尋ねても「回答は得られません」
 確実に知っているのは業者さんだけです。
 電話で尋ねても・・・・・・多分 教えてはくれないでしょう。
    商売になりませんからね
 
b472d36f-s
 上記、この画像のニッカドバッテリーの劣化は、凄まじい状態でした。
 サイズは、単三サイズのニッカドバッテリーをヤフオクで手に入れ、新品と交換ずみですが、業者さんに依頼する金額の半額以下で交換が出来ました。


  ただし、ニッカドバッテリーも、日本製と外国製があります。

 私の経験値ですが、安価な中◯ 製を、数十本手に入れた時の事ですが・・・・・

(1)規格外(タグが付いていない)のバッテリーが届き、返品の連絡をしたところ、まったく連絡がつきませんでした。 
     ※ 仕方が無いので、工夫をして使いました。 
(2)新聞報道で、外国製のバッテリーを使っていたら、「発煙」をした・・・とか、「火が出た」等の記事を読み聞きしました。

 このことから、バッテリーは、極めて安価な「中◯製」とか「外国製」のものは、入手すべきではありませんが、金額が魅力ですよね・・・・・・

 私は、必ず、日本製のバッテリーを購入しています。

  さて、ご質問に対応ができたでしょうか。

  バッテリーパックの外科的処置でのリスク
  ハンダ付けの作業
  各部品の配置
  プラスとマイナスの誤配線

・・・・・・・・・・・・・・・・
難しくはありませんが、初めてだと、苦労されるはずです。

 1個・・・教材として、安価で手に入れ、分解を経験されていいかがでしょうか 

自分で、交換が出来るようになると、ひげ剃りや、災害用ラジオ等に入れられているニッカドバッテリーの交換も、出来るようになりますよ