アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
TS-690のバックアップ用バッテリーの型番について、インターネットを利用して調べてみましたが、ヒットしませんでした。


リチウム電池の型番がわからない

 安易に、調べようとした自分が間違っていた事に反省
IMG_0238

私が所有している TS-690は、かれこれ10年以上も使っている。

また TS-690の蓋を開くとしょう。


IMG_0241
そろそろリチウム電池も経年消費しているかもしれない


IMG_0242
色々と調べてはみたものの、バックアップ用のバッテリーの型番は、取扱説明書には、上記の記事が有るだけ。


IMG_0243
本体を開いて、現物を目視確認するしかないなぁ。

リチウム電池は、どこに取り付けられているんだ。
 多分、フロントパネルの裏側だろう・・・・と、推測。


IMG_0247
スピーカーにゴミが積もっていたから、気になったので、ついでに掃除。


IMG_0249
黄色矢印の先に、リチウム電池があった
 
IMG_0250
指でつまんでいる竹串の先に「リチウム電池が有る」が、型番が見えない・・・・
 
IMG_0255
リチウム電池の取り付け位置はここだ・・・
黄色丸印の部分だ


IMG_0257
リチウム電池の電圧を計測・・・・・・・
 3ボルト・・・
     
 

えっ 3ボルト 
電圧降下していない

電圧測定で、電圧の確認は出来たが・・・・・この状態では、リチウム電池の型番を目視確認が出来ない。


しょうがない・・・・ボディーを開いて、バッテリーの型番を確認する方法はかない、めんどうだなぁ・・・・・等と、ブツブツと思いながら、、ネジをはずしました

IMG_0259
ボディを開く
IMG_0261
先週 AFのコンデンサーがパンクして交換したばかりなのに、また基盤とご対面だ

IMG_0262
IMG_0264
赤色丸印にリチウム電池が取り付けられている

IMG_0266
指先がリチウム電池です。
白色手袋をして、作業をしています。

指の油が、付着すると、数年後には、指紋の跡が「錆」として、残ってしまうからです。

指紋の証拠隠滅ではありませんよ

古い真空管の金属製のシールドをみれば、昔の指で触れた箇所が、錆として残っているでしょ。

目的のバッテリーにたどり着きました。
IMG_0268
 リチウム電池の 型番は
    CR2430
 
IMG_0269
やっと、型番を目視点検確認が出来た。

IMG_0274
ボディを開いたついでに、錆が出やすい箇所に 、自動車用のワックスを塗りこみます。

無線機にワックスをかけるなんて、自分だけだろうね
IMG_0275
綿棒にワックスを付けて、細かい部分に塗りつける。

IMG_0276
ゴミ掃除をしながら、ワックスがけです
 
IMG_0278
FT-101Eなど、昔のリグを開くと、ピカピカだったフィルターが、白く混濁している。

これを見ると、寂しくなるから、ワックスを塗りました。
 表面の酸化防止です。 
 
IMG_0281
数十年前の自分の指紋が、くっきりと残っている。

指先の脂肪が付着して、酸化したのかなぁ・・・ 

コンパウンドを使えば、綺麗に消失させられますが、このまま消さずに残しておきましょう
 
IMG_0283
乾いたワックスを拭き取り最中。

IMG_0284
鉄製のフレームの部分に、うっすらと 茶色の錆が出ていたので、防錆対策を施しました。

結論・・・リチウム電池の電圧が3ボルト。

おそらく、自分が数年前に交換したんだろうが・・・・記憶が無い。 
 
 さすがに、63歳だ 記憶にない・・・・・大笑い




 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。