さて 送信不能の FT-201の信号がどこで止まっているか、ジャンク箱の中に有ったコンデンサーとダイオードで、極めて簡易なRFプローブを作っちゃいました。
 コンデンサー値は、有り合わせの 適当値。
  なんとか なるでしょう アマチュア無線家は、カット・アンド・トライ。 トライ・アンド・エラー精神で・・・・・・・。
 それなりの基礎を学んだ方々からみれば、「えっ~・・・」でしょうが

 さてさて、電気・電子工学の素人の私が・・・・・・・
 
 RFプローブの信号は、微弱で、アナログテスターでは、検出できないので、デジタルテスターに接続して、試験。

 焼き鳥の竹串に、ジャンク箱に有ったコンデンサーとダイオードを絡めて、さて 試験。
 アイコムの IC-μ3 ハンディーのアンテナに触れさせ
 電波が出ていない 受信時・・・・・・0ボルト
 送信すると・・・・・・・・・・・

 よしよし これを使って、いざ、FT-201の回路へ・・・老眼鏡かぁ どこにおいたか・・・
老眼鏡が無いと、完全に回路がボヤケてしまい、回路をショートさせてしまう危険性 大である。

 こんなRFプローブで、ちよいと ばかり あそんで見ましょう