blog_import_5484248eb8115


 OLD DAHON・・・寒いので、全車・・・車庫で冬眠中です。 
 寒い時期は、・・・・・ストーブを背中にして、無線機いじりです

何年ぶりかなぁ・・・。 納戸に収納したままのヤエスFT-201を引っぱり出しました。
 午前9時に、電源 ON ・・・・・。パイロットランプ点灯・・・・・。
 ありゃありゃ・・・、RFゲイン・AFゲインをあげても、スピーカーから音が出てこない。
 モードスイッチの、接触不良と判明・・・。
   接点に、ナノカーボンを微量、塗布したら復旧
 RFもAFも、ガリユームになってた
  午前10時、真空管のヒーター電源ON・・・・・、異常なし。
  久しぶりの真空管ヒーターの灯り、このまま半日、エージング。
  午後2時、ダミーロードに接続・・・、CWモードで「VVV VVV」試験送信・・・・ありゃ ありゃ 
NRD-505でモニターをすると、CWキークリックが発生している。
 おまけに、ハム音も混ざって、こりゃ 大変なことに。
  リレーの接点磨作業と・・・、半固定Vrの接点をナノカーポンで、接点を復活・・・・・
 これで、なんとか、まともにCWが出るように・・・・・
  適度に、電源をいれなきゃ・・・・と思いながらも、長期間、納戸に放置、これじゃ・・・
 やれやれ、なんとか、元気に動作するようになりました。
  トラッキング調整の必要が・・・・、これが、極めて 面倒で、調整に根気が必要なんですね。

 FT-201は、あと2台 納戸に放置・・・・、来週 点検します。
 納戸の中には、FT-401 FT-101E TS-820 TS-520X TS-520D フクヤマ電気(現在は、この会社は存在しません)のマルチ2700 まだ あったなぁ・・・とにかく、エージングをしなきゃ