de JA1GGQ TOKYO

アマチュア無線と出会って・・・55年以上が過ぎました。 第2級アマチュア無線技士の資格がありながら、QRPを楽しんでます。 QRVよりも、無線機をいじくりまわして、楽しんでますが、老眼により、回路図を見るのが苦痛であります。  

カテゴリ:FT-201フォルダー > FT-201 レストア完了


blog_import_54842cb68abfd


blog_import_54842cb872042


blog_import_54842cba42c8a


blog_import_54842cbc303a0


blog_import_54842cbe23156



 コレクションの往年の無線機です。
 40歳台のころ、壊れている無線機を貰ってきては、レストアを楽しんでおりました。
 どれも、ハイバンドで、概ね、OUTPUT(CW MODE) 80W~90Wをキープしてます。

【独り言・・・・・ 自慢話しと聞こえるかもしれませんが、決して 違います】
無線機のコレクションは、OLD DAHONに懲りず、画像に写っているものは、一部です。
困った 本当に困った・・・保守管理に手が届かなく、数年、眠っているリグが 山ほど!

 使わなければ、せっかくレストアをしたのに、接点の酸化、可変抵抗器等のガリ、球ボケ 錆。
 
 いつかオークションに出品して、落札していただいた方に、保守メンテナンスを託すことにでもしなければ、どうにもならない現実が、納戸に収まっています。

 

 最新の無線機と比較すると、絶対的に電気的性能は劣ります。
 特に、7MHz帯のQRMの渦巻くCWは、厳しいものがありますが、599の信号を狙ってQSO

 さて 新年早々 QSOパーティに、これらの無線機の「火」を入れて、楽しむことに!
 真空管に「火」を入れ、エージングしながらHFをワッチ・・・・
 真空管のヒーターがオレンジ色に輝くのは、暖かくかんじられて、いいもんだ
  寒いときは、イン・ドアで、CQ CQ CQ QRZ ?


blog_import_54843cdbbfaab

レストアップ中だった ヤエスFT-201が、とうとう、修復完了。

 FT201のレストアップ中の画像は、残念ながらありません。
blog_import_54843cde3f96b


blog_import_54843ce3579c1

FT-101Eのレストア最中の画像をアップ

blog_import_54843ce0af34d

FT201は、落雷の影響で、送信も受信出来なくなってしまった不動機を、友人からレストアの教材用としてもらって来たものです。
 製造から・・・すでに 30年は経ってるものと思います。


 送受信切替リレー交換
 高周波増幅回路のIFT 3SK40
 終段真空管の高耐圧コンデンサーを交換
 トラッキングの調整・・・・・これが 一番 手間がかかって 途中なんども なんども 嫌気がさして、近所のOM諸氏に、相談しながら、なんとか安定した動作に、たどり着きました。

 現在10mバンドでも、85w(CW)の出力を維持してます。
  7MHzでは、150w!
 21MHzでは、120w!

 少々6JS6Cのプレート電流が流れすぎになってます。
 えっ・・・と、何ミリ 流れていたっけなぁ・・・・・・、

 それから 6JS6Cのプレート電圧をテスターではなく、直接 指 が触れて・・・・・・・
 高電圧であることを、電撃を受けてしまいました。

 触れた 右人差し指には、白く直径約1.5mmの白く穴が・・・痛かったなぁ
 
 各接点は、パソコンショップで購入したナノカーボン(接点を回復させる魔法の粉)を塗布し、接点を回復。、
 目視して、痛んでいるコンデンサーと抵抗は、可能な限り交換
 トランスも、シャーシーも磨き込み
 レストア完成まで 3年・・・・もっと かかったかなぁ・・・・・
 途中 レストアに飽きたり、他の趣味に没頭したりして、長い月日がかかってしまいました。
 元オーナさん・・・・・・どうですか ピカピカに なってるでしょ!

 今年は、このリグで、de JA1G**


このページのトップヘ