長野 Duo Discus Turbo Soaring

Duo Discus Turbo で、長野の Mountain,Wave & Alps XC Soaring を楽しみましょう。
楽しかったFlightの記録をお伝えいたします。 あなたも一緒に飛びましょう


東京からは遠いが アルプスには近い長野で 山岳滑翔 ウェーブ飛行をしましょう!!! 
長野市グライダー協会 SOARNGANO BLOG 2777+02CT DuoDTでSoaringする オーナーの想い

初日の出フライト

今年の元旦 何十年ブリに初日の出フライトをしました。日の出前は川霧も見えました、この辺は246号の橋がまるで地平線の様で そこから上がる日の出なのでビュースポットの様です 土手には沢山の人が初日の出を見に来ていました
多摩川で強風は珍しいです、DF65のBリグがこの後役に立たないぐらい ウサギが飛ぶ風になりました
日が変われば無風です(笑) グレーシャスはやはりDF95より風が弱ければ強い
年末の大掃除、「あとは何をすれば良い?」「あれを何とかして!」家人が和室の天井に吊ってあるこれを指差した「そうだな、埃だらけだからな」と降ろして拭いて、ついでだからワックスをかけた、30数年前のF3A機流石しっかりできてる、 今のは持つ所さえも選ばないといけない軽量機だが・・・・フラップにスポラー付きドープ鏡面仕上げ
満足して天井に戻した、後日友人に話したら「あれを何とかして」とは捨てろ!との意味だったようだ(笑)
初日の出川霧強風無風DSC_0661

リポ電池ハイボルテージ比較

ヘリオス10eで比べてみました 使用したのはKKHOBBYの3セル1300Aです
ノーマル電池・ペラ10×5E=初期電圧12.47V  9400rpm 21.57AP 224.7WP 9.95V
ハイボルテージ  10×5E=初期電圧12.97V 10200rpm 25.61AP 298.9WP 11.44V
ノーマル電池・ペラ 9×6E=初期電圧12.51V  9600rpm 21.83AP 248.1WP 10.58V
ハイボルテージ   9×6E=初期電圧12.95V 10400rpm 24.96AP 295.5WP 11.66V
これから買うならばハイボルテージでしょう、86円の違いで2割も仕事を多くしてくれます
10インチのペラはヘリオス10eには荷が重すぎる、トルク負けをしていました、モーターを指定より大きくしているので 十分なパワーがそもそもある、ハイボルテージの必要はなかった。

ヘリオスF3A10e

いつもは発砲の戦闘機ばかりを飛ばしていますが たまにはこんなのも飛ばします 2014/11/18日のブログに書いた物です。納品書が出て来ました、2011年8月1日ミニエクセレンスの3分の2の値段でした
発泡機は姿勢がビッシと決まりませんが、ヘリオス全幅940个竜‖里ビッシ・ビッシとスッティックに付いてきます 気持ちいいくらい、その代り操縦が下手なのが目立ちます(笑)
2匹の蛇が通った跡ではありません、私が草刈りをした足跡です
滑走路が5m長くなりましたが、夏になればこの状態に戻るでしょう
5mheriosuasiatomiminamimuki南向き前

中目黒ジュエルドーム

今年の中目黒は空いています、「青の洞窟」が去年から他に移り ネームバリューが無くなったせいでしょうか?
日曜日の18時だと云うのに人通りがまばらで誘導員も暇そうにしています、昨日の土曜日は如何でしたかと聞いたら もっと少なかったとのこと 地元民としては良かったですが 主催者・飲み屋の方々は売り上げが心配でしょう ラーメン屋もカラオケ屋も空いていました
123

スーパームーン

3日はスーパームーンだったそうです、道の真ん前に巨大な月 思わず写真を撮りました、1枚目の写真でその大きさが分かると思いますが、2枚目の写真で道の中央でアングル的に最高の位置だと自画自賛
月は地球との距離を35万6千Kmから40万6千Kmの間で変化してるとか、その差は14%視直径が大きく、30%明るく見えるとか へ〜ぇです
月を見て感傷的になるのは、私だけではないと思います・・・・・・
スーパームーンDSC_0635

フォッケウルフFw190

ドイツの戦闘機には珍しい空冷エンジン、クルト・タンク博士の傑作機、全幅僅か10.51mに1700馬力のエンジン全備重量は4000kgを超える 武装は7.92亠ヾ惱討2挺・20亠ヾ慄い4門 零戦21型が12mで940馬力2400kg 7.7个20个2挺づつ Fw190の方が2倍である
実機が低速では何の前触れも無く失速して左翼が傾くとあるが、ラジコンでも同じであった(笑)
脚が内側に15度程傾いているのまでスケールしてあり それはただ単にピアノ線を曲げただけなので、応力がそこに集まり簡単に曲がってしまう、引脚の泣き所が顕著過ぎて2013年12月18日の初飛行以来飛ばしていなかった、引脚を通常の形式に変えフラップを付けて、今回飛ばしました 
フラップは本来ならばスロッテッドフラップであるが 工作の簡単な単純フラップで我慢 何しろカッターで切るだけでフラップが出来る発砲機の良さ
大きめのフラップの効果で着陸が簡単になり 脚も曲がらない 良し良しである
スピットファイヤー僅か860gの機体でお手軽・気楽でサブ機にはモッテコイです(これも10年ぐらいは飛ばしているかな)
左後FW190前FW190右スピットファイヤー

違いが分からず

昔、母が船の科学館前にあった二式大艇を見て「ゼロ戦」だと言ったことがあります、軽飛行機を見てセスナだと言うのは許しますが、緑の機体に日の丸が書いてあるとゼロ戦??? 少なくても息子が子供の頃から模型飛行機を作っていて 少しは知っているだろうに・・・・と思っていた私がバカでした
この写真の違いも、興味がない人は分からないだろうな(笑)
SE5aHs123V6左舷V5右舷

自転車レース

シンクロクロスと言うそうですが、レースの練習をさせてくれないかと打診在り 至って紳士的な若者で友好的でした 長野の轍を知っている私には大問題でしたが、多摩川は砂地で相手が自転車だったのでこの程度で済みました。若者達にも事情を話し、滑走路の中央は避けて貰ったので次の日には問題なく飛ばせました
0自転車レース1234567
 

孫とデート

2歳半になる孫娘とデートをして来ました、彼女はアンパンマンが大好き 一番最初に言葉になったのがアンパンマン、ママと言う前にですよ(笑)
ここは2度目です 前回は寒い時だったよな なんといっても孫は可愛いものです 
肩車

グライダーからの紅葉見物

山岳飛行は秋の紅葉見物も楽しみの一つですが、私はあまり興味がない、今回は単座で飛んだので操縦しながらの写真撮影は難し
朝靄に浮かぶ八ヶ岳を見ながら長野へ行く。台風21号の影響でぬかるんだグラスランウェイを 誰か心無い人が車で走り この轍を作った これではウインチ曳航が出来ないので この三連休はファルケだけと決めて 砂埃を上げて離陸 
2日目は雨のためランウェイ整備 午後から雨が上がったのでファルケで紅葉見物
3日目SZD55 塗り直してからの私は初めてのフライトなので入念に点検 バラストもしっかり点検して封印シールを貼る、紅葉写真はこんなのしか撮れず
いつもはDuoばかりで 久しぶりのSZD55なので操縦を丁寧に行う 失速警報ブザーを改めて見直す、機体が軽い分舵の効きが良いのか? 自分の思った通りに機体が動く、舵の粗さがしっかり分かるから楽しい、エンジンが無いのでやり直しがきかない、真剣勝負とは言わないが、Duoの方がその点は気楽(笑)、今度のシーズンはこれで楽しみたい
八ヶ岳轍砂埃皆神山雨垂直尾翼下重り紅葉3紅葉SZD55
ギャラリー
  • 5月3日八ヶ岳まで行く
  • 5月2日八ヶ岳・飯山スカイパーク
  • 今年3回目の2万feet
  • 今年3回目の2万feet
  • 今年3回目の2万feet
  • 高度2万feetまで上がる
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ