西の果てから「じゃぱ~ん」を叫ぶ

Crying "Japan!" at the most west of Japan. 「WaJaL」の素人無線通信日記 by JA6WJL

IOTA OC-053 Wake Island KH9/NL7RR

 少し前にDX-world.netが伝えていた情報ですが、仕事でIOTA OC-053KH9(Wake Island)に滞在していたNL7RR/Tomさんは、KH6(Hawaii)に出掛けた後長い休暇を取っていたようですが、今月中旬には再びKH9に戻り3ヶ月に渡り仕事の合間にKH9/NL7RRの運用を再開すると伝えています。
 運用は、0600-0800UTCの間に40m20mSSBとなるようですので、DXクラスタ等には未だsoptされていないようですが、IOTA OC-053DXCCKH9未だという方は注意されてください。

 このKH9を含めた米領太平洋島嶼であるKHシリーズは、1900年代の20世紀末までは大変アクティブで、無人島であるKH1KH5の各島、KH8Sにも数多くのDXペディションが実行されそれぞれ成果を収めていましたが、2000年つまり21世紀になって実行計画は持ち上がるものの、環境保護政策等のためなかなか上陸許可を得られないというジレンマに陥っているようです。
 そんな中にあって、一般人が居住するKH0KH2KH6そしてKH8を除くと、残りのどの島も最近DXを始めたという方にとっては是非QSOしたい島ばかりではないかと思います。
 嘗て太平洋戦争で米軍と旧日本軍が激戦を繰り広げたこの島は、幸い2013/NovK9Wとして大々的なDXペディションが実施され、JA(日本)から目と鼻の先であるこの島とは160m-6mまで多くの局がQSOに成功しました。
 また、K9Wの実行前には元々KH9/WA2YUNが同島に長期滞在していて6mでもビーコンが出ていましたので、太平洋方面の6mオープンの目安になっていた記憶もあります。

 詳しくはこちら:https://www.dx-world.net/kh9-nl7rr-wake-island/

 1943/Oct/05 同島で米軍捕虜98名が旧日本軍に虐殺されたことを、逃げた捕虜がメッセージとして掘った岩。
 2013/NovK9WQSLカード裏面にも、この岩の画像がプリントされています。

98_rock,_Wake_Island



 

IOTA SA-079 Rasa de Guaratiba island PT1F QRT!

 先にご案内しました、IOTA SA-055LU8DCH/DSA-079PT1Fでしたが、幾つかの情報からLU8DCH/Dは今回運用なしで、PT1Fは予定通り2021/Feb/20-22の運用を終えQRTとなったように思えます。

 只、前回も書きましたが、PT1Fの運用はPY(ブラジル)の連盟主催でありながらIOTAには全く興味なしで、ARLHS特化でBRA-134ばかりを強調しているため、DXクラスタ等IOTA情報には伝わらないまま終了した感じです。

 当局はIOTASA-079として今回のPT1FQSOしたつもりですが、今回の運用で発行されると思われる先日のQSL画像には、しっかりとFarol Ilha Rasa de Guaratiba(Rasa de Guaratiba島灯台)と記載がありますし、DXクラスタにも地元PYを含めたSA(南米)の局が、SSBでの交信コメント欄にIlha Rasa de Guaratibaと記載してますので、IOTA SA-079の同島からの運用だったと大いに期待したいところです。

PT1F

 ところで、世界的な数ある灯台関連のアワードの中でこのARLHSが、対象となる灯台数も一番多くさらには運用規定が一番緩やかで、対象灯台から半径1km以内の運用であればOKとなっており、この規定を上手く使えば、今回の運用も前回のPT1F同様PY本土からの運用でもARLHSとしては有効となります。
 このような意味合いから、残念ながらARLHSIOTA chaser泣かせのアワードであるとも言えます。
 当局はどちらかと言うと、IOTAとの関連が深く必ず島からの運用が必要となるWLOTA(World Lighthouse on the Air)が好みな灯台アワードです。

 さて、今回の運用については、本当に島からの運用であったのか、そうだとするならそのエビデンスをIOTA validation teamに提出して貰えないか連盟局のPY1AA宛に問い合わせとお願いをしてみようと思います。

 Ilha Rasa de Guaratiba
Ilha Rasa de Guaratiba


IOTA SA-055 LU8DCH/D & SA-079 PT1F DX pedition

 久々の書き込みですが、当局にとって大事なSA(南米)のIOTA peditionNewsが飛び込んできました。

 DX-world.net等が伝えるところによりますと、SA-055Martin Garcia islandからLU8DCH/Dが、SA-079Rasa de Guaratiba island,からPT1F が、どちらも2021/Feb/20-22の日程で運用を行うとのことです。
 SA-055は以前もお伝えしたとおり、既にクレジットを受けていますが、SA-079Newになります。
 気を引き締めて、対応したいと思います。

  只気になるのは、このSA-079PT1Fは昨年及び一昨年は同時期に本土からの運用だったという実績がありますので、今回3度目の正直で本当に島から運用してくれることを祈るのみです。

 詳しくは、こちら(SA-055):
 https://www.dx-world.net/lu8dch-d-martin-garcia-isl-sa-055/

 同じく、こちら(SA-079):
 https://www.dx-world.net/pt1f-rasa-de-guaratiba-island-sa-079/

PT1F

IOTA 近着のQSL 1枚 OC-150 Sumbawa Island 7C9B

以前ご紹介してQSO出来た、当局にとってのnew oneとなったBima DX pedition TeamによるIOTA OC-150 Sumbawa Island7C9BQSLですが、QSL-MGRDL3KZA宛にdirectQSL請求をしていたものが戻りました。

 この後に運用があった、7C9M7C9N7C9TとはQSOしていなかったので心配ではありましたが、IOTA Ltd.Verified Activationsでも無事7C9Bのコールサインを確認して、QSLでのクレジット追加でpending list入りとなりました。QSLは両面カラープリントのFBなものです。

 その他、1ヶ月前の今年2021/Jan/11QSOしたEU-082 Kil'din Island RA1ZZ/PClub Log MatchingによりPending list入りして申請待ちが合計3となりました。

 OC-150 Sumbawa Island 7C9B 2020/Dec/02 QSO
7C9B7C9B-BK
 

IOTA SA-024 Comprida Island PR2IC

 少し先の話になりますが、IOTA-ChasersフォーラムのメーリングリストでPT7WAが流してくれた情報です。
 現在、IOTAQRV情報が非常に少なくなっていますので、忘れないうちに記しておきます。

 PY(ブラジル)のPY2RMZ/FabioさんとPU2SDX/Rogerioさんは2021/Feb/19-21の日程で、PYIOTA SA-024に該当するComprida IslandからPR2ICを運用するとのことです。
 QRZ.comのPR2ICのページを確認すると、運用は80/40/20/15/10mSSBとあり、運用後になるかも知れませんがClub LogによるOQRSも準備される予定です。

 当局は、以前PR2BQRVした時にも記しましたが、幸いに1991年のPY0YPでクレジットを受けています。
 JAからは距離がありますが、地球の反対側で比較的QSOし易いと思いますので、未だという方がおられましたら要注意です。

PR2IC
SA-024

 
記事検索
Language translation
My IOTA Chasing
・HF Credited 548 Pending 4

・6m Credited 111 Pending 0
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Solar Data
プロフィール

YASU

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
Free counters!