2021年度教育セミナーについて

アメリカ教育学会 会員各位

アメリカ教育学会2021年度教育セミナーとして、以下の通り、開催をさせていただきます。会員の皆様におかれましては、奮ってご参加ください。会員ではない方におかれましてもご参加可能です。参加を希望される方は事務局メールアドレス(jaaes.since.1989@gmail.com)へご連絡ください。


1.日時・開催形式
2021年2月27日(日) 13:30~15:00
(Zoomミーティング情報は学会MLを通してお知らせいたします。)

2.登壇者
生澤繁樹(名古屋大学大学院教育発達科学研究科 准教授)

司会
松下晴彦(名古屋大学大学院教育発達科学研究科 教授)

3.報告題名
「現在の歴史」としての過去とジョン・デューイ──経験を拡張し、解放することの意味を問う

4.概要
「歴史を現在の社会生活のさまざまな様式や関心から切り離すと、歴史の生命力を殺めるような分離が生じてしまう。ただ過去としてだけあるような過去は、もはや私たちの関心事とはならない。〔……〕過去についての知識は現在を理解するための鍵となる。歴史は過去を取り扱う。しかしここでいう過去とは現在の歴史である」(Boydston, J. A. ed., John Dewey: The Middle Works, 1899-1924, vol. 9, Carbondale and Edwardsville: Southern Illinois University Press, 1980, pp. 221-222. 松野安男訳『民主主義と教育』(下)、1975年、36頁、一部改訳)

 デューイ没後70年ということで、本報告ではジョン・デューイの歴史観とそれへの批判について考えてみたい。バートランド・ラッセルをはじめ、「現在」に定位する歴史のプラグマティズムに対しては、これまでさまざまな批判が向けられてきた。冒頭に引用したような、過去を「現在の歴史」として捉える理解は、過去の出来事をいわゆる「不変の事実(stubborn facts)」として想定することはない。そのために、それは歴史をいかようにも解釈可能にしてしまうものと非難され、修正主義と紙一重に扱われうる余地を多分に含み込むものとすら見なされてきた。しかしこのような批判は、はたして正当なものといいうるだろうか。

 本報告では、「現在の歴史」としての過去への批判を問いなおすために、デューイが個人の経験を拡大する歴史(時間、人間、社会の位相)とともに地理(空間、自然、物質の位相)の重要性を見すえていたことに着目してみたい。そして、経験を解放するものとしての科学の方法がデューイにとっていかなる意味をもったのかという点についても再考していく。これらは、よく知られたデューイの思想的断面ではあるものの、人間の位置する「現在」が見定めがたくある現代において、「生きられた経験」とは何かという問いをふたたび浮かび上がらせてくれるものとして存在している。そこにあらためて光を当ててみることで、経験と深く結びついた教育のあり方への見通しが今日さまざまに考察できるのではないかと考えている。

 この試みは、哲学的には、言語論的転回にとらわれすぎたプラグマティズムから非概念的な反省以前のものとしてある「経験」の諸相を掬いだし、「日常の経験という出発点」(Gregory F. Pappas, Dewey’s Ethics: Democracy as Experience, Bloomington and Indianapolis: Indiana University Press, 2008, p. 11)や「複雑な世界から出発すること」(Thomas Alexande, “Dewey's Denotative-Empirical Method: A Thread Through the Labyrinth,” in The Journal of Speculative Philosophy, Vol. 18, No. 3, 2004, p. 253)の意味をいまいちど取り戻すことにもつながるだろう。教育的には、たとえば社会科における学びのような、具体的な経験から出発するカリキュラムや学びに対する歴史的反省へと私たちを連れ戻す。そしてまた現代においてそれは「ひとつの現実」そのものが改竄されていく状況のなかで民主主義の余地をいかに確保していくかという問いにもかかわってくる。

5.構成
(1)登壇者報告(60分)   13:30~14:30
(2)質疑応答(30分)    14:30~15:00

アメリカ教育学会教育セミナー担当理事
松下晴彦(名古屋大学)・澤田稔(上智大学)・黒田友紀(日本大学)

【刊行】現代アメリカ教育ハンドブック第2版

 アメリカ教育学会30周年を記念して、アメリカ教育学会編著『現代アメリカ教育ハンドブック第2版』が出版社東信堂より刊行(2021年10月20日付)されました。
 アメリカ教育学会の会員が、現代アメリカ教育を読み解くキーワード153項目を厳選し、わかりやすく解説したハンドブックです。ぜひご関係のある図書館や研究室など、広くご案内いただけましたら幸いです。

現代アメリカ教育ハンドブック第2版
Ø153項目
Ø定価:税込 3,960

アメリカ教育学会第33回大会公開シンポジウム

アメリカ教育学会会員 各位

 

アメリカ教育学会第33回大会公開シンポジウムについてご案内いたします。
参加費は無料ですので奮ってご参加ください。

アメリカ教育学会第33回大会公開シンポジウム

Zoomミーティング情報
https://sophia-ac-jp.zoom.us/j/98485893390

ミーティングID: 984 8589 3390 パスコード: symposium


2021年10月23日(土)13:30-16:20

 「学校教育と民主主義」再考:アメリカ合衆国の思想家による理論研究の現代的意義

https://livedoor.blogimg.jp/jaaes/imgs/1/0/1058dd80.png

 趣旨:

 2021年1月6日、アメリカ合衆国でジョー・バイデンの大統領選出に反対するドナルド・トランプ大統領(当時)の支持者が連邦議会議事堂に侵入して暴徒化したという、負の意味でまさに歴史的な事件は世界中に衝撃を与え、私たちは期せずして民主主義の危機を象徴する出来事を目撃することになった。戦後の日本で勝田守一や重松鷹泰らの尽力により、戦前の全体主義的な教育勅語体制を支えた教科「修身」を中心とする道徳教育にかわって、主にヴァージニア州のカリキュラムを手本としながら「民主主義の道徳」に向けた教育をめざして、つまり、民主主義社会にふさわしい市民性の涵養を期して新設されたのが「社会科」という新教科だったという事実を思い起こせば、日本の学校教育は、この民主主義という理念によってアメリカ合衆国の学校教育と直接的に地続きであると言うこともできる。とすれば、アメリカ合衆国の教育学に学んできた本学会にとって、学校教育における、あるいは学校教育を通じた民主主義の実現という課題に関して改めて議論する機会を設けることに一定の積極的意義を見出すことは十分に可能だろう。

 さらに、今大会のオンライン開催という選択を強いたこのパンデミック下において、もう1つ見過ごせない事件の報道が年度末に飛び込んできた。3月16日、ジョージア州アトランタ周辺のマッサージ店3カ所で、発砲が相次ぎ8人が殺害され、死者の多くはアジア系女性だったのである。その背景には、COVID-19の発端が中国にあったことをもって、アジア系住民が感染を拡大させたとする人種差別的意識が、くわえて、そこに女性差別が折り重なる複合差別が存在していたと言えよう。たしかに、翌17日には、早くも首都ワシントンで反対デモが繰り広げられ、19日には、アトランタを訪問したバイデン大統領が、このヘイトクライムに対する明確な非難声明を発表したところには、多様な人々を尊重する民主主義国家を自認するこの国の矜持を看守することは可能であろう。しかし、トランプ前大統領以降深刻化した差別動向は、上述の民主主義の危機という問題と切り離して考えることはできそうにない。

 こうした状況で、この危機を克服するための具体的な処方箋や運動論・実践論に直接踏み込んだ議論を試みることにも、当然ながら大いに意義はあるだろう。しかし、他方で、一旦立ち止まって、やや抽象度が高くとも一定の理論的考察に基づいて、こうした危機の捉え方を深めることも同様に重要性を有するのではないだろうか。むろん、それはアクチュアリティを欠く空中戦を甘受することを意味しない。そこで展開される理論研究の現代における社会的意義の明確化を意識し、理論・思想研究の専門外にも開かれた議論を目指すことは不可能ではないと思われる。

 そこで、本公開シンポジウムでは、本学会でそうした理論・思想に造詣が深い研究者に、「学校教育における/を通じた民主主義の実現」という課題に、それぞれの理論研究がどのような学問的・社会的意義を有するのか、という問いへの一定の回答を、教育哲学を専門としない学会員にもわかりやすく伝える報告を通して示して頂くよう依頼した。取り上げられる思想家は、順にベル・フックス(bell hooks)、エイミー・ガットマン(Amy Gutmann)、マーサ・ヌスバウム(Martha C. Nussbaum)である。

シンポジスト:

1.虎岩朋加(敬和学園大学):批判意識を育てることの意義とその困難 ベル・フックスの教育を巡る理論と民主主義

https://livedoor.blogimg.jp/jaaes/imgs/7/d/7d39e378.png

2.鵜海未祐子(駿河台大学):民主教育論と熟議民主主義論の意義-エイミー・ガットマンによる教育の政治理論を中心に-

https://livedoor.blogimg.jp/jaaes/imgs/3/6/361e0a92.png

https://livedoor.blogimg.jp/jaaes/imgs/0/4/0498c0e9.png

3.馬上美知(成蹊大学):公的感情の涵養と批判的思考力の育成-人間の弱さを前提とした民主的社会のための教育-

https://resize.blogsys.jp/0d51bf9ed62083dd942261234520377fa26a1525/resize2/73x100/https://livedoor.blogimg.jp/jaaes/imgs/1/3/13ce68c1-s.png

https://livedoor.blogimg.jp/jaaes/imgs/6/9/691b6164.png

コーディネーター・司会:

澤田 稔(上智大学)・松下晴彦(名古屋大学)



多くの会員の皆様のご参加を大会準備委員長として、心よりお待ちしております。

 

第33回大会準備委員会

委員長 澤田 稔

アメリカ教育学会第33回大会について

アメリカ教育学会会員 各位

 

会員の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

さて、アメリカ教育学会第33回大会は、1023日(土)に上智大学を大会校として

オンラインで開催いたします(理事会は前日1022日(金)となります)。

本年度大会は、自由研究発表、総会、公開シンポジウム等すべてのプログラムを

Zoomオンライン同時双方向で開催いたします。

 

プログラム概要につきましては、以下のURLよりファイルをご高覧いただきますようお願い申し上げます。


アメリカ教育学会第33回大会案内

http://blog.livedoor.jp/jaaes/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%95%99%E8%82%B2%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E7%AC%AC33%E5%9B%9E%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E6%A1%88%E5%86%85.pdf


公開シンポジウムでは、日米両国で民主主義の危機が取り沙汰される今日、改めて

民主主義と教育という問題を正面に据え、「学校教育における/を通じた民主主義の

実現」という課題に関する理論的・思想的考察に取り組みます。

ただし、教育哲学や理論的・思想的研究を専門としない方々にも、できるだけ開かれた議論を目指したいと考えております。

 

多くの会員の皆様のご参加を大会準備委員長として、心よりお待ちしております。

 

33回大会準備委員会

委員長 澤田 稔

『アメリカ教育研究』第31号刊行

 『アメリカ教育研究』第31号が東信堂より刊行されました。
 今回の特集は「日米比較を通して生徒指導を考える―不利な立場にある子どもに着目して―」です。会員の皆さまには、お手元に届き始めているころかと存じます。新たに市販図書となりましたので、追加で購入希望の方は、こちらをご覧ください。

 

9784798916842



また次号、第32号の投稿募集も始まっております。
 投稿規程をご参照のうえ、331日までに投稿申込書を編集委員会新メールアドレス(jaaes.kiyou@gmail.com)までお送りください。


 紀要編集委員会 委員長 浅沼 茂 
  投稿先メールアドレス jaaes.kiyou@gmail.com




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール

アメリカ教育学会

本学会は,主としてアメリカ(USA)の教育に関する研究とその普及をはかり,会員相互の連絡と協力を促進することを目的とします。(1989年12月26日会則発行)

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード