2020年11月23日

武田信玄とピアノの発表会

android
yjtop

「麒麟がくる」来週は武田信玄が登場する。
尾張・美濃の織田と越前・若狭の朝倉が近畿の派を競い、
そこに甲斐・信濃・飛騨・駿河の武田信玄が割り込むというシンプルな構図を作り出している。

朝倉と武田が織田を挟み撃ちにして、各所で一向宗が蜂起する。
元亀年間は織田信長にとって悪夢の年間であっただろう。
ここで織田が撤退し、三好のように、天下を次の者に譲る可能性だって大いにあっただろう。

さて、次女のピアノ発表会で、隣の区の区民センターで、子供たちのクラシックを中心としたピアノ生演奏を聴いた。良いものであった。
気持ち良い午睡の時間となった。