2007年01月12日

中国では〜お金と人間関係

面白いコラムがあったので、載せてもらいました。

中国では、お金と人間関係がビジネス成功の秘訣です。

私は、時々知り合いの会社に講義に行きますが、そこに来ている学生などに何故日本に行きたいのか?と聞きます〜勿論、答えはお金です。

また質問〜目的がお金だったらお金が有れば良いの?健康は?家族は?幸せは?

皆にコーチングをします〜お金を手段として、何がやりたいのか目標の設定をしましょうね〜と話しをします。

簡単にブレインダンプ〜マインドマップで整理して、成功のステップを自分で考えてもらいます。

皆に幸せになってもらいたいから〜



お金と人間中心主義:中国ジョーク集から見えるもの
2007/01/12(金) 11:55:39更新

MAO的コラム 中国語から考える 第18回−相原茂

 久しぶりで京劇を見た。知り合いの盧思さんが出ているからと、知り合いの北川えりさんに誘われたのだ。場所は慶応大学日吉キャンパスだった。

  “跳財神”という一段では、神様がでてきた。お金の神様だ。

その神様が大きな“元宝”を抱えて現れる。1メートルはあろうかと思われる巨大な“元宝”で金色に輝いている。この中に小さな“元宝”の形をしたアメが入っていて、客席に向って撒いてくれた。
幸運をつかもうと、つい身を乗り出して手を伸ばす。いいなあ。お金持ちになることを少しも悪びれない中国ムードが大学の神聖なる教室を支配する。

  “元宝”というのはお金の象徴である。お金をこういうものでシンボル化したのはすばらしい。さらに餃子にして食べているのはもっとすごい。

 欧米では金の延べ棒かもしれないが、あれはシンボルではない。金そのものだ。

日本ならさしずめ「小判」だろうか。だが、日本ではお金というと、なにやら不浄のものというイメージがつきまとう。中国では“恭喜発財”は挨拶言葉だし、年賀状にもよく使われるぐらいの縁起のいい言葉だ。


中国からの留学生など、すなおに「成功」を求め、「金持ち」を目指している。迷いのないまっすぐな野心が気持ちがいい。

  最近ヒマに任せて中国のジョーク集を眺めている。

 学園ものや、家庭もののジョークには、親が子供のテストに関心をもつ話がよく出て来る。

 テストで100点とったら10元あげるなどという。日本ではどうなのだろう。お金をあげるというよりは、「欲しいものを買ってあげる」というぐらいではないか。直接、テストの点数をお金に換算するのはためらわれる。

  私が「これは」と唸ったのは次のようなやりとりだ。

生徒:先生、今度の数学のテストで100点とれば、お父さんから10元もらえるのですけど。
先生:お前が100点とれるとはとても思えないね。
生徒:そこでですね。ご相談なのですが、10元を2人で山分けというのはどうでしょう。

 こういうジョークは日本では考えられない。

 テストといえど、人間がつくっているものだ。先生といえど、人間だ。道を切り開くカナメは人間だ。相手にメリットを与えれば必ず解決の道はあるという考えは、事の本質をついていて怖いぐらいだ。

  次のジョークはどうだ。

 アメリカ航空宇宙局(NASA)で金星へ飛び立つ宇宙飛行士を募集した。ただし、「1人でゆき、地球に戻って来れない」という条件である。

  ドイツ人、フランス人、中国人の3人が応募してきた。

  はじめのドイツ人、「100万ドルで行こう。金は自分の母親にやってくれ」

  次のフランス人、「200万ドルで行く。100万は自分の家族に、あと100万は社会に寄付したい」

  最後に現れた中国人は言った。「300万ドル欲しい」

  どうしてそんなに要求するのかとの質問に、彼は審査官の耳にささやいた。

 「もし、私に300万ドル出してくれるなら、あなたに100万ドル差し上げます。私が100万ドルいただき、残りの100万ドルでドイツ人を宇宙に行かせます」

 こういう小咄はいろいろバリエーションがあって、応募した3人の国籍が上と違うもの、応募者は弁護士、会計士など職業別になっているもの、どれが本当か分からないが、これはいかにも中国人が考えつき、喜びそうなジョークである。

  要するに、人間をよく知っている。常に人間を中心に考える。

 とくに権力を持っている人間とのかけひきを考え、その人間の心に忍び込み、誰もが欲しいお金で道は開けるはずだと計略をめぐらす。

 大学だってお金で入学できる。たとえば300点が合格ラインだとする。これに達しなかった者は1万元出せば入学させる。さらに下のランクの人は2万元出せば入学させるという制度を設ける。大学が堂々とこういう制度を作りお金を集める。受験者も親もこれを何ら悪いとは思わない。

 お金と人間の欲望というものを肯定すれば、たいていのものは「お金で買える」ということになる。ただし、現在の日米欧の考え方からすればこれは「腐敗」ということになる。(執筆者:相原茂)





私も韓国の友達、中国の友達も沢山いますが、韓国も中国と同じ考えですね。
日本では、人情、仁義、武士道など心の大切さがお金より勝る〜素晴らしい考えだと思います。

デール・カーネギーやナポレオン・ヒルなどの成功者の言葉は、ポジティブで人の心をつかみ、人々を成功に導き、成功し幸せになったら〜その幸せを皆に分け与えるという素晴らしい考えですが、ビジネス・マーケティングも、人の欲求・感動・人情などを満たしニーズがマーケットになり〜リピーターが増える理想的だと思いますね。


jac7 at 17:38│Comments(0)TrackBack(0)中国情報 | コーチング

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リンク
スポンサーサイト
中国での国際イベント
2012中国国際福祉博覧会(中国・北京)
2012年11月15日(木曜)〜2012年11月17日(土曜)
中国国際工業博覧会 (中国・上海)
2012年11月6日(火曜)〜2012年11月10日(土曜)
西安世界園芸博覧会 2011
開催日2011年4月28日〜2011年10月22日(約178日)
西安世界園芸博覧会 2011
2010年 上海万博開催
開催日2010年5月 1日〜2010年10月31日(約180日)
上海万博情報
2010上海万博〜No1
2010上海万博〜No2
2010年上海万博〜
中国株は・・・
中国不動産投資は・・・
2008年北京オリンピック開催
開催日2008年8月8日〜8月24日(17日間)*28競技302種目・・・閉幕!
2008年北京パラリンピック開催
開催日2008年9月6日〜9月17日(12日間)*競技20種目・・・閉幕!
JOC競技情報//長春2007第6回冬季アジア競技大会結果
(((JOC)))日本オリンピック委員会ホームページ
がんばれ〜日本選手!!!
Profile
オススメ〜^0^情報
チャン・ツィイー(章子怡)
章子怡オフィシャルサイト

中国株〜伸びる業種は・・・
デキル〜中国株銘柄選び!

mixi中国投資を考える会・・・
中国投資〜メンバー募集中です!
Recent Comments
Archives