初めまして、ポケモンサンムーンからレートを始めたジャックと申します。

今期は11日から22日まで帰省してもう潜れなくなるのでPTを公開したいと思います。最高レートは2070で92位でした。SDでも1700越えで1位でした。回線不良が起きて2070から回線切れで3回負けて2010くらいまで落ちてしまったのでそこでやめました。正直、2100はおそらく行けるし、2200も現実的な構築に仕上がったと思うので悔しいですが、また来期以降構築を新たに組んで再チャレンジしたいと思います。

IMG_6631

IMG_6629

IMG_6574



パーティーは以下の6体
IMG_6642


基本選出のバナクレセドランポリ2で相手のポケモンを受けきって詰ませるPTです。サンムーンの環境はZ技の役割破壊、役割集中で受ける事が困難とされてましたが、上位に受けループも多く必ずしもそうではないと思いました。ただ単純にスイクン等の高耐久では簡単にサイクルが崩壊してしまうので物理受けを2匹並べる事で役割集中による突破を難しくする事でZ技に頼ったPTに勝てる構築を組みたいと考え、この構築になりました。

では単体紹介に行きたいと思います。
IMG_6635
フシギバナ@フシギバナイト
図太い
努力値252-0-92-4-60-100
実数値187-78-126-121-128-113
メガ時187-94-170-143-148-113
技 光合成 ヘドロ爆弾 めざパ炎 宿り木

sを最速50族抜きにしてメガ前b バナの役割対象はレヒレ、ガッサ、ハッサム、ナット、カミツルギ、ブルル、フェローチェ、はたき落とすをもつポケモン達です。これらのポケモン以外にもメガ時の耐久により多くのポケモンに突破されずに宿り木光合成で粘る事ができ、詰ませ性能は高かったと思います。

image
クレセリア@ゴツメ
図太い
努力値252-0-252-0-4-0
実数値227-67-189-95-151-105
技 月の光 毒毒 トリル サイキネ

HBぶっぱの物理受け、トリルによる起点回避もでき、トリル後のヒードランで制圧、また毒で相手の高耐久を削る事ができます。ポリゴン2と同時選出をする事で役割集中を防げる点で優秀なので採用しました。無難に強いです。役割対象はグロスガルーラルカリオリザx等の主に高火力物理メガです。

IMG_6638
ヒードラン@チョッキ
控えめ
努力値196-0-4-76-140-92
実数値191-89-127-176-144-109
技 ラスカ 噴煙 原始の力 大地

このPTの地雷枠と言っていいかもしれない。チョッキによりD耐久をかなり上げたヒードランです。最初はsに努力値を割かずに特攻に厚くしていたのですが、特化してもテテフがラスカでも乱数なのでdとsに振る事でテテフの気合玉を乱数2発16%まで上げて、ドランミラーでもある程度戦えるようにしました。こいつで抜けていればバナでも抜ける等のs判定ができる点でも良かったと思ってます。
役割対象は主にテテフ、リザy、鋼タイプです。

IMG_6639
ポリゴン2@進化の輝石
図太い
努力値244-0-252-0-0-12
実数値191-×-156-125-115-82
技 自己再生 冷ビ 放電 イカサマ

物理受けの2枚目、イカサマで物理の起点にならず、多くの物理ポケモンを詰ませる事が可能。s振りはミミッキュの皮を放電で剥いだ時に麻痺させれば抜けるようにする為。ドラゴン意識の冷ビ。役割対象は主にミミッキュ。こいつで対処できるポケモンは多いが、1番重要のは他で倒せないミミッキュ、ミミッキュはZ技持ちが多いのでこいつでミミッキュを倒してZ技を封じれば大抵の相手はもう物理でクレセを突破できずに役割集中が効かなくなる。このPTの多くの勝ち筋がこれだった。あとはギャラ、マンダ辺りにも出していきたい。(追記)呪いミミは僕が潜ってるときにはいなかったのだが、呪いミミについても同様にこいつで対処して良いと思います。呪いミミの使い方はよく分からないが、おそらく裏のエースを通す為の削り役と考えると元々役割集中に対抗する為の物理受け2枚なのでこいつが削られる分には構わないのでこいつで粘ればいけるものだと考えています。(実際は相手の裏次第になるので分からない)

IMG_6633
ミミッキュ@ゴーストz
陽気
努力値4-252-0-0-0-252
実数値131-142-100-×-125-162
技 剣舞 シャドクロ じゃれ かげうち

汎用性の塊。書くのが面倒。ご存知の通り強い。
どうしても無理な相手に出す枠として採用。ゴーリ受けループ等。ゴーリ入りにはミミッキュやガルーラがいる事も多く、かげうちもじゃれも外せないのでこの構成。ゴーリを切って受けループに特化するのであれば挑発入れても良き。

IMG_6640
レボルト@ラム
臆病
努力値4-0-0-252-0-252
実数値155-×-90-197-100-168
技 悪巧み 気合玉 サイキネ めざ氷

受けループ対策枠。ういんぐに受けループ対策は気合玉じゃダメと何度もdisられたが、おれはこいつが好きだ。ちなみに気合玉当たれば勝ちの場面で2回外して受けループに1回負けたが、それ以外は4回ほど勝てた。ちなみにラムなのはゴーストzのミミッキュと同時選出になるから。10万ではないのは選出する場面で特に10万が必要ないから。攻撃実数値を書いてないのは高いから。他は厳選もきちんと頑張ったんだぞという証に敢えて書いた。

基本選出はバナクレセドランポリゴン2のうち3体。
ミミッキュがいればポリゴン2、レヒレガッサがいればバナ、テテフリザがいればドランが基本で、役割集中を重く見るならポリ2とクレセといった感じでほぼ大丈夫。これら全てが揃っているPTはほぼないが、それらがあった時に初めて選出択となる。受けルはミミレボルト@1、無理なのは砂パ雨パつのドリル系統だが、少ない上に、砂パは何故かQR勢が多く、ガバいのでいけたりいけなかったり。またつのドリル系統の使い手はガバい事が多いので一体落とされても粘れる事がある。ゴーリもミミッキュでなんとかできなければ負け。滅びゲンガーもきついのでかなり立ち回りに注意して読まないといけないが勝てなくもない。

また、このPTの強みは基本軸がしっかりしてるので、残り2体を自由に組めるところ。僕の潜ってる頃は受けループが多かったのでそれに厚めにしてました。ボルトミミのところは自由枠といった感じなので環境に合わせて作り変えられるので今後のシーズンでもレート2000までいくのに使っていける気がします。

もう一つ重要な事だが、受けるPTなのでどうしても運要素を押しつけられる事がある。ある程度選出と立ち回りが決まっているからこそ相手の行動を読む事でその運要素を減らすこと。また、初手に有利対面をつくることで受ける回数を1回だけ減らせるので初手を読むこと。この1回が勝敗を分けることもあると思う。選出がある程度決まっていて簡単な分、相手の構築を見て選出を判断する時間の猶予は取れるPTだと思う。(追記)この記事を読んでる人のほとんどがこのPTは使わないと思う(準伝3体は新規にとってはきついと思う)が、もし使う人がいるならばこの段落に書いてある事が1番大事です。この構築はういんぐ(オタク)とロジウニ君(オタク)に貸していたのだが、正直これを強調しておくべきだったと思った。僕はほとんど相手より早く選出した事がない。やる事がある程度決まっていて、ある程度選出が簡単だからこそ、相手より多くのことを考えて勝つ。選出を読む。これは慣れが必要だが意識する事が大事だし、慣れてない人は感覚だけでなくデータを取ることも必要。受け回しの被弾回数は勝率に直結する。(←ここ名言)これは忘れないでほしい。

途中から敬語じゃなくなったのは面倒だからです。許してください。なんでもするとは言ってない。

あとは独り言。

今作はzとミミッキュのせいで選出択的な面がかなりあるため安定したスタンは組みづらい。なるべく選出択を減らす、もしくはたくさん潜って選出択に強くなるくらいしかないが、自分は不安定なPTで潜り続ける精神力がないため、選出択を減らすPTを考えるのに尽力した。自分では満足のいくものになったと思う。1700ちょいまでQRのため少し勝率が下がったが、1700以降このPTで潜り、39勝16敗の勝率7割越えでした。それだけに今期これで終わってしまうのは悔しいが、自分は毎回こんな感じできちんと取り組んだシーズンには最後回線悪くなったり忙しくなったりして潜れなくて結果が出せないのでもう慣れてしまった感がある。潜り続ける精神力を持ち、選出択を減らすPTを組めて結果も出してる人には素直に射精。すみぺ好きですって感じだ。今期も結果出せなかったけど、やる気はあるのでまた来期以降もよろしくお願いします。

Specialthanks
個体提供
ミミッキュ あおやまさん産
ボルトロス ロジウニ君産 year
親個体提供
フシギバナ ういんぐ産
フシギバナ スリス産(特性深緑のため結局不採用、後にういんぐ産バナを親個体にしためざ炎A0HBDvの葉緑素フシギダネを要求され、渡したら何も持たせてないクソ個体のロコンを送りつける極悪ぶり(こちらはポイマを待たせた個体をバナを借りる際に渡したが、ポイマは回収されて返ってきた)いわゆる無償搾取である)

ありがとうございました。

質問、誤字の指摘等はTwitter@poke_rateにお願いします。(質問はコメント欄でも良いです)

「竹取物語」
今は昔竹取の翁といふものありけり。GTSにまじりて、竹をとりつゝ、よろづのことにつかひけり。名をばジャックとなんいひける。その竹の中に、不要性格個体ありけり。怪しがりてGTSに預け様子見るに、守神に変身されたり。それを見れば、有用性格個体。いと美しふにしたり。


はじめまして、ジャックと申します。
サンムーンからの新規勢ですが、今後レートに潜っていこうと思うのでよろしくお願いします。
今回はGTSで準伝ポケモンを集める方法を紹介しようと思います。
ちなみにメタモンに6VとNN付けて流す某鳥みたいなクソな事はしてません。最近少し有名な人が改造個体を使ったことで炎上しましたが、僕は改造が存在していることを利用している人も改造厨と同類だと思っています。やめましょう。そんな人を騙すようなことをしなくても手に入れる方法はちゃんとあります。下の画像と+7匹の計67匹の有用な性格の準伝を3日でかき集めました。

では、方法を紹介します。
まず必要なのは元手です。これがなければ始まりません。僕が使っていたのはこいつです。
可愛い。スピードボールタツベイですね。何故こいつで準伝を70体も量産できたのかというのも含め説明していきたいと思います。

"大切なのは付加価値。4体出る準伝がいる事。サンムーンそれぞれにしか出ないポケモンがいる事。また、図鑑集めをしている人がいる事"です。

まずは付加価値。ガンテツボールはゲームプレイ中に一つしか手に入りません。そのためこのボールに入ってる孵化余りはそれだけで価値が上がります。加えて、タツベイはゲームプレイ中にどこで手に入るのか分かりづらい。ボーマンダはレートでも有用、またかっこいいなど色々な理由があってこいつはかなり人気です。僕はこいつを預けてフェローチェを要求していました。

何故フェローチェなのか。これは4体出る準伝がいる事を利用しています。
おそらくムーンを持っている人であれば、こいつは4体も必要ないと考えていると思います。また、珍しいボールに入っている孵化余りならば交換して損はないと考えている人も多いでしょう。なのでフェローチェはすぐに手に入ります。

次に、マッシブーンを預けてフェローチェを要求している人を見つけて交換します。これはサンムーンそれぞれにしか出ないポケモンがいる事を利用しています。マッシブーンはサンにしか出ませんがサンにはフェローチェが出てきません。なのでこの交換をしようとしている人は一定数います。また、それならカミツルギを最初から要求してテッカグヤを取ればいいじゃないかと思う人もいるんでしょう。しかし、テッカグヤはレートで非常に人気なのでその交換はかなり早く行われていて取るのが難しいです。競争率の高い争いを逃れるためにマッシブーンを経由していました。

次にマッシブーンを預けてテッカグヤを要求します。これはサンムーンそれぞれにしか出ないポケモンがいる事と図鑑集めをしている人がいる事を利用しています。サンはマッシブーン、ムーンはテッカグヤしか出ないのでこの交換をしようとしている人は一定数います。

こうして手に入れたテッカグヤはレートで非常に人気なのでそこからカプ系統、他のUBを要求してもかなり早く交換されます。現在のGTSでは共通通貨としてテッカグヤがかなり人気です。あとは好きなように交換しましょう。

どうでしょうか。おそらくこの記事を僕が投稿してしばらくすれば同じような方法を使って交換する人が増えて少し難しくなるでしょうが、それでもやる価値はあると僕は考えています。ぽまえら急げ🏃💨

これらは全てゲーム内で不正なくできる方法ですし、交換する相手の方も損はしていない等価交換だと僕は考えています。なのでペリカンみたいなクソな事はやめましょう。あ、名前出しちゃった!(うっかり)

動画勢はこんな奴の真似しないでね♡

PS.僕に間違えて育成済みテッカグヤを渡した方へ
GTS終えた直後に交換を申し込まれましたが、あの時はまだ送られてきたテッカグヤを見ていなかったので何故交換を申し込まれたか分かっていませんでした。すみません。TNは覚えているのでもしこれを見たら僕に連絡ください。返します。

お久しぶりです。
最終日前ですが、データが破損して潜れなくなったので構築記事書いておきます。

PTはこの6体。ガルクレセブシンローブを軸とし、重いポケモンを見る補完枠として残りのポケモンを組みました。
普段は大体2メガ構築を使っていたのでガルーラが刺さってない時はもう片方を出す戦い方でしたが、今回はガルーラをいかに通すかという戦い方をしていました。また、受け出し性能の高いポケモン達で構成していて一見サイクルをまわすようにも見えるようにしているのですが、6世代最終シーズンという事もあり、明らかな安定受けは読まれることが多かったり、確率を絡めてアドを取られる事も多いので受け出しはほとんどせず、相手の選出をある程度読んで対面で解決できるように心掛けました。

では個体紹介に入ります。







ガルーラ@ナイト 陽気
実数値 メガ前 181-147-100-×-100-156
努力値 4-252-0-×-0-252
技 グロウパンチ 八つ当たり 岩雪崩 不意打ち

PTの軸となるガルーラ、抜き性能を求めてグロウパンチ、抜き性能を維持しつつ反動で削り切られる事を嫌い八つ当たりを採用しました。捨て身の火力、非接触の秘密の力は非常に欲しいところですが、サイクルを回さず、抜き性能を維持する事を考えると八つ当たりがベストだと考えました。八つ当たりで足りない火力を補う岩雪崩の採用。打たれる方は勿論のこと、打つ方も非常にクソゲー感のある技ですが、秘密の力も同様で確率を絡めるのであればよりアドの大きい雪崩となりました。不意打ちは最後の押し込み、Sの負けている相手にも勝つための採用です。






クレセリア@ゴツメ 図太い
実数値 227-×-189-95-151-105
努力値 252-×-252-0-4-0
技 月の光 冷凍ビーム 電磁波 三日月の舞

PTの軸となるゴツメ枠(回復薬)
前述した通り、基本的に受け出しはしないので本当に無理な対面をした時やガルーラを状態異常で止めてくる相手に対しての解答として採用。電磁波の麻痺でガルーラの抜き性能を高める役割も担っていて、マンダガブが重いので冷凍ビーム、接触回数を増やすための月の光という技構成になっています。






ローブシン@突撃チョッキ
意地っ張り
実数値 191-209-124-×-100-66
努力値 84-236-68-×-126-4
技 ドレインパンチ マッハパンチ 冷凍パンチ 叩き落とす

ガルーラを鬼火で見るゲンガーなどの特殊アタッカーを処理する枠。構想当初は叩き落とす枠としてゲンガーの鬼火に合わせてガルーラから引くような動きを想定していたのですが、実際のレートでは秘密空元気ガルーラの増加などでガルーラにゲンガーが鬼火を打つ場面が少なく、催眠術や身代わりなどで逆にアドを取られてしまう事もあり、初手ゲンガーに合わせて出す事が多かった。また、受け出しをなるべくしない事を念頭に置き、努力値調整は攻撃力11n、H16n-1、Bは鉢巻ガブの逆鱗を最高乱数以外耐え、Dに余りを振りなるべく対応範囲を広げた。しかし、ガブと初手対面しても裏にゲンガーがいる可能性等を考慮するとあまり突っ張るのは得策ではない為、もう少しBをDに回して特殊耐久を上げた方が良かったかもしれない。

ここまでの3体が基本選出。
以下補完枠







グライオン@毒毒玉 腕白
実数値 177-115-192-×-95-123
努力値 212-0-236-×-0-60
技 守る 身代わり 地震 ハサミギロチン

ガルーラの通らないクチート、ナットレイ、カバルドン、ギルガルド等を対処する枠。重いポケモンを見るだけでなく、TODとギロチンの勝ち筋を考えると非常に対応範囲が広く、相手の選出を絞るという面でもかなり役立った。本当はキノガッサとヘラクロスを見るために身代わりの枠に燕返しを採用する予定だったが、あまりマッチングしなかったのでこの技構成になっている。
ちなみにこの構築はガッサとヘラ入りには勝てません。






ギルガルド@襷 おっとり
実数値 135-71-153-112-170-112(盾時)
努力値 0-4-0-25 2-0-252
技 影打ち ラスターカノン 岩雪崩 道連れ

重いフェアリー、リザードンとウルガモスを見る枠。今期は全くリザードンxを見なかったのでこいつでリザードンを見ていた。PTを見てもらえば分かるようにリザYがかなり刺さっている構築なのでリザードン入り構築の初手はほぼリザードンが来ることが予想でき、火傷と岩雪崩外し以外でリザYが処理できるのでリザY構築にはかなり有利に戦えた。採用理由から当然岩雪崩採用。フェアリーを見たいのでシャドーボールではなくラスターカノン採用。縛り性能のある影打ち。道連れはクチートを見る為に採用した。努力値はウルガモスとリザードンを倒す際にAに振る必要がないこと、カバリザのリザードンを倒した後にカバルドンをなるべく削る為にC特化にした。







スイクン@カゴ 図太い
実数値 207-×-176-105-135-113
努力値 252-×-196-0-0-60
技 眠る 瞑想 熱湯 吠える

対バトン軸を意識した採用。ガルクレセはバトンバシャーモに弱いのでその補完枠。両刀バシャはクレセに弱く、物理バシャはグライに弱いのでこの構築に出てくるバシャはほぼバトンで、そのバトンをされた時に全て負けていた。一応、スイクンに吠えるを持たせる事により対応したが、正直この枠がしっくり来なかった。バトンバシャ軸にはガルーラを通すというこの構築のコンセプトが機能せず、必然的にガルーラ抜きでの立ち回りが要求される為、ガルーラが裏に控えている事を前提として組んだこの構築では今ひとつ決定打に欠けてしまい厳しかった。ここをしっくりと来るものが見つからないまま終わってしまったのが少し心残りです。

とまあ、こんな感じになるべく強く見えるように書いてみたけど、実際は怯め怯めとか、ギロチン一発ー盃口とか言いながら戦ってたお馬鹿構築なので弱いです。おしまい。
まだ2日ほど残っているので潜る人はこんなお馬鹿構築見てないで自分のPTの調整等しながらレート頑張ってください。
僕はもうこのポケモン達が消えてしまったのでお先に6世代終了します。お疲れ様でした。


余談ですが、データ破損についてです。
改造コピー等をしているとデータが破損し易くなるそうなので、データ破損してる人を見る度に、あ、こいつコピーとかしてたんだろうなとか思ってたのにまさか自分のデータが破損するとは思いもしなかったです…
勿論、僕は改造もコピーも否定派で、していません。
破損の原因として思い当たるのが、ROMを変える際にいつもちゃんとゲーム終了をしているのですが、破損する直前にゲーム終了を押してすぐに抜いてしまい、カートリッジが抜かれました、みたいな表記が出ました。ゲーム中にカセット抜くと出る表記なんですが、ちょっとこれが関係しちゃってるのかなと思ってたりします。実際にはこれがデータ破損の原因になるのかは分かりませんが、これを読んだ皆さんは僕の二の舞にならないようにカセット抜く時は注意してください。

質問、誤字の指摘等はTwitter@poke_rateにお願いします

↑このページのトップヘ