Liveの感想になります。

全体として久しぶりに倉木さんにお会い出来
何だかホッとしました。この2年半なんか
時が止まってしまった感じだったので。

Live会場のアナウンスやチケット切りなど
当たり前の事も少し新鮮に感じました。

倉木さんの調子はまぁまぁで尻上がりに
いい感じで歌っていたと思いました。

まぁあれですよ、やっぱりシンフォニックLiveで
合わないなと感じる曲も相変わらずあり100%支持
している訳でもないのがシンフォニックLiveです。

今回最大のピンチだったのはトイレに行きたくて
滅茶苦茶我慢していた事です。
何を情けない事を言っているのだとお叱りを受ける
かもしれませんが何分、随分久しぶりのLiveだったので
Live開始直前にトイレに行くという基本を忘れていました。
前半が終わりトイレに駆け込み間に合った時は
「俺頑張ったわ」と思わず呟いてしまいました。
と同時に何に一体頑張ったの!?とすかさずツッコミを
入れる自分がいてかなり情けない瞬間でした。

あとLive本編ですが、まず衣装は前半と後半でドレス2着です。
前半はシンフォニックLive史上最もボリュームがあるドレスで
欧州の昔の王室の方が着るような雰囲気のドレスです。

後半はチェコやウクライナの東欧で見られるような
民族衣装を少し思わせるドレスで可愛い感じでした。

豪華な衣装もシンフォニックLiveの見どころの1つですね。
私は前回の2019年の青いドレスが一番良かったと思っています。

また会場にはクレーンを使ったカメラなど、LiveDVD撮りの
ためと思われる撮影機材があるように見えたので今後
発売が期待できますね。

帰りはコロナのためRits野外Live以来の規制退場になって
おり、後ろから及び2Fから先に退場しました。
次回以降参加される方は電車に乗る時間をいつもより
プラス20分見積もっていたほうが無難と思います。

最後に今日の1曲ですが「Sea wind」ですね。
シンフォニックアレンジに合う曲ですね。
この曲のゆらゆらとした流れをオーケストラの楽器で
演奏するとより一層、海の風を感じさせます。

世界中が自然を愛する平和な世の中になって欲しいです。

今日はこんなところです。
DSC_0017