柔術家 金古一朗のシュラプネルブログ

柔術家金古一朗のブログです。

柔術家金古一朗のblogです

プレオープン期間のスケジュールが決まりました!

10/25(日) 
11:00~12:00 初心者のための柔術講座(無料)
13:00~15:00 セミナー
15:30~17:00 フリースパー

10/26(月)
20:00~22:00 フリースパー

10/28(水)
20:00~22:00 フリースパー

10/30(金)
20:00~22:00 フリースパー

10/31(土)
11:00~12:00 初心者のための柔術講座(無料)
13:00~15:00 フリースパー

25日と31日に行う初心者のための柔術講座は予約は不要です。
本当に始めたばかりの人やこれから始める人が対象ですので簡単なルールや基礎的な動きが中心となります。
道衣はなくとも構いません。
皆さん是非遊びに来てください~

Ground Impactも終わりジムオープンに向けて忙しい日常が戻ってきました。
本当に夢のような時間でした。 

僕自身は今大会をもって現役生活からは一線を引きたいと思います。
勿論柔術は生涯スポーツですしこれからも気が向けばマスターカテゴリーであれば試合にも出るとは思います。
でもそれは「仲間と一緒に試合に出て盛り上がりたいから」であったり「最近太ってきて試合ないと減量出来ないから」とか多くの愛好家と同じスタンスでの試合です。
今までみたいに生活の全てを競技に注ぎ込み体の許す限界ギリギリまで追い込むことはもうこの先ないでしょう。

より高みを目指し命を削りながら競技にかけ続けた人生にはひとまず幕を引こうと思います。
キャンディーズ風に言えば「普通のおじさんに戻ります」という感じかな(例えが古いね笑)

ここ1~2年は疲労がなかなか抜けず練習量を減らさざるをえないこともあり本当にギリギリのところで練習を行ってきました。
今後はもう疲れた体を無理やり引きずって練習に行かなくともいいんだ、練習と飲み会で飲み会を優先してもいいんだ、そう思うと安堵感と同時に一抹の寂しさが同居したなんとも言えない気持ちになります。

当初11月に自身のアカデミーを立ち上げることもあり本来は9月のワールドマスターで区切りを付ける予定でしたがIFさんからGIで加古選手との試合のオファーを頂きありがたく受けました。
正直加古選手とでなければ断っていたかもしれません。
最後の最後で最高の選手と試合が出来て本当に良かった!
試合前にバックステージで「とにかく悔いのない試合をしよう、終わった時に燃えカスを残さないよう全力を出しつくそう」
そう思いながらマットに立ちました。

ポゴナに入ってからの10年、そして世界を目指した5年は僕にとって正しく第2の青春でした。
柔術を通じてかけがえのない仲間と出会い、そして世界を目指して積み上げていった1ページ1ページは僕にとってかけがえのない財産です。
黒帯になってからの5年間は僕にとって全く想像すらしていなかった位出来すぎた柔術人生でした。
全日本を4度制しアジアも取りムンジアルもベスト8まで進むことが出来ました。

勿論いいことだけあったわけではありません。
柔術は僕に素晴らしい挫折を何度も何度もプレゼントしてくれました。
黒帯になってから3度挑んで1度も勝てなかった生田さんとの試合、2度目の対戦で開始10秒で7点取られ奈落の底へ突き落とされたベレイザ戦、そして去年のムンジアルで完膚なきまでにボコられたギィ・メンデス戦…

でもここまで命を燃やして燃やして燃やし尽くして競技に取り組んできたからこそこの上なく嬉しい勝利も泣くほど悔かった敗北も全て今となってはかけがえのない財産になったと思えます。
今はただただ自分を大きく成長させてくれた柔術に感謝したいです。

今後は指導者として微力ながら柔術界に貢献していけたらと思います。
今まで応援してくださった方々、ありがとうございました!

昨日行われたGround Impactで加古選手と対戦しました。
序盤に取ったパスガードのポイントが大きくそのまま逃げ切り7-4で勝利することが出来ました。
CRBsL3IUsAA8OQf

 
 

































今回は減量やアップも含めて全てが上手く行きました。

戦術的にも狙っていたことがそのまま出て序盤に上手いことパスガード出来たのが大きくそのまま逃げ切って勝つことが出来ました。
12092481_1180213705328603_61753521_n




 















今回このような華々しい舞台で最高の相手と戦える機会を頂き本当に感謝しています。
ワールドマスターから2週間、尚且つジム設立準備もある中でしたがオファーを受けて本当に良かった!

最後にポゴナ・クラブジムの名前で仲間の見ている前で全力で戦えて良かったです。
セコンドの鈴木さん、本当にありがとう!
また会場まで見に来てくれたジムメイトにも感謝です。

 

このページのトップヘ