柔術家 金古一朗のシュラプネルブログ

シュラプネル柔術代表、金古一朗のブログです。

シュラプネル柔術アカデミー代表、金古一朗のblogです。

先週は卒業式ウィーク。
全国の様々な学校で卒業式が行われた。

僕の母校はさいたま市立浦和南高校。
高校を卒業したのは今から27年前。
ギターやピアノに明け暮れ、音楽と多少やんちゃな私生活と共に過ごした高校生活最後の締めくくり行事でもある卒業式。

しかしその当時問題になっていたのが卒業式で歌う「仰げば尊し」の歌詞について。

正直、この問題に対して今でもくだらないと思うのでそんなに深く知りたくもないのだが、とにかく歌詞に問題ありとのことで歌わないことに決まった。

卒業する当事者である僕らの意向は全く無視して。

僕はというと、卒業式は仰げば尊しを歌いたかった。

歌詞なんて大して意識したこともなかったけれど、とにかく歌いたかった。

卒業式に仰げば尊しを歌わないだなんてそんなのありえない位に思っていた。

そして、そんなことを思っていたのは僕だけではなかった。



「金古君、卒業式でピアノ弾いてくれない?」

小学生から一緒の同級生の女子からそんな声をかけられたのは卒業式の1週間くらい前だったか。

話を聞くと彼女らもどうしても仰げば尊しを歌いたいらしく、当日歌詞カードをこっそり配ったりの根回しはするから式の最後に壇上に上がってピアノの伴奏をしてほしい、とのこと。


正直僕よりピアノが上手い子は何人もいたけれど、卒業式の真っ最中に壇上に上がり退学覚悟でゲリラライブ的にピアノを弾けるのは金古しかいない、と思ったのだろう。

まあそりゃそうだ(笑)
当の僕はというと二つ返事で快諾。

ただ、一人で壇上に上がるのはさすがに気が引けたので、僕が高校生活で一番こいつは骨のあるやつだと認めていた友人の安部を指揮者役として一緒に壇上に上がってもらうことにした(この安部大雅という男、その後単身イタリアに渡り帰国後は彫刻家として名を馳せるようになる。)


そして迎えた卒業式当日。
式は滞りなく進んでいく。
僕の鼓動はというと当たり前にドクドク早くなっていく。

こういう時の僕の肝はまあまあ座っている方だと思う。
打合せ通り、式の最後に僕と安部は立ち上がり走りながら壇上に上がった。

残りの生徒はというと、各クラスに根回しが行き届き卒業生全員が一斉に立ち上がる。

騒然としたのは先生達。

僕らを下ろそうと説得するも、僕も安部も普段から教師に目を付けられていたのでそんな説得1ミリも聞く気はない。

僕が先生たちの静止を振り切って椅子に座り鍵盤にその指を下ろそうとした時に・・


「金古君お願いだからやめて!」

その声の主は、その当時一番僕のことを理解しようとしてくれていた音楽の先生だった。
取り乱すかのように泣きながら懇願する先生の顔を見て僕の指は止まった。


そして、その横にいた教頭先生が

「君たちの気持ちも理解出来る。なので卒業式は卒業式として一度終わらせて、その後に改めて歌ったらどうだ?」

と提案してきた。

僕らはその案を飲み、閉会の言葉の後に改めて壇上に上がり、そして心おきなく仰げば尊しを歌った。

小学生の時も中学生の時も仰げば尊しは歌ったが、壇上でピアノを弾きながらみんなの歌声を聴く仰げば尊しは最高で、とめどなく涙があふれてきた。


さてここからが大変。
その後僕らは当たり前に校長室へ呼び出された。
卒業式当日に呼び出し食らうなんて前代未聞だ。

まあ開き直りながら校長室へ向かった僕らだったが、結果としてはおとがめなし。
ただ「社会人になってこういうことをやったら会社はクビになるからそれだけは覚えておくように」
とだけ言われた。
その忠告は素直に聞き入れ、その後一度も会社員にはなってないよ先生。

まあ何はともあれ、あれだけのことをやらかしたにも関わらず特に処分はなし。
まあ当時からうちの学校はゆるさが売りだったんだけど、これ私立の厳しいところだったら下手したら退学だったかもね。


そしてほっと胸を撫で折りしながら廊下を歩いていた僕と安部に声をかける人物が。

「おい、お前らちょっと来い!」

声の主はその学校で一番恐れられていた体育教師だった。
ゴリラみたいな体型で顔もいかつくとにかく恐れられていた。

僕と安部は恐る恐るその先生の方へ・・

殴られる、絶対殴られる。

でも後悔はない。俺達はやれることはやったんだ・・

覚悟を決め僕は歯を食いしばった。


「お前ら!本当にありがとう!俺も同じ気持ちだ!」


なんとその先生は僕らと同じで仰げば尊し肯定派だったのだ。

涙をこらえながらガシッと握手してくる先生。

良かった、殴られずに済む。

先生がそんな風に思ってくれて俺らもうれしいです。

でもね先生。

気持ちは嬉しいけど・・

自分の握力を考えてよ。

手がめちゃくちゃ痛いっす!


こうして僕は指を折られそうになりながらも無事卒業することが出来た。






雪が降ると思い出す、あの日の夜の苦い思い出を‥





あれは僕がまだ前のそのまた前のジムにいた頃の話。
当時そこの団体は市営の体育館で練習していたのだが、新しく常設のジムを作ろうという動きがあり工事が始まっていた。

僕はその日雪が降っていたにも関わらずクルマで練習に向かった。
そして体育館に着いて武道場に行くと‥


あれ、誰もいないじゃん‥


なんで‥??




そうか‥
もしかして工事中の常設ジムで練習出来るようになってみんなそっちに行ってるのかな。
あわてて少し離れた常設ジムの方へ行ってみる。
中へ入ると練習はやっていず代表のAさんが若手とペンキ塗りをしていた。

「おー金古、お前何しに来たの?」

悪びれもせず言う代表。

いやいや、練習中止だなんて一言も言ってなかったじゃん。


そして

「せっかく来たんだからお前も手伝っていけ」

とペンキ塗りまでさせられる始末。

僕はというとただただ絶句しながらそれでも少しペンキ塗りを手伝った。




帰りのクルマの中でめずらしく僕は憤りを感じながら車を走らせていた。
しかしイライラしながら帰っていたせいか、帰り道で曲がる信号をうっかり見落としてしまった。
戻っていつもの道から帰ろうかとも考えたが、まあ適当なところで曲がれば大丈夫だろうと思いそのまま走ることに。


これが間違いの始まりだった。




道がどんどんせまくなる。

雪がどんどんひどくなる。

こうして金古一朗29歳(当時)、めでたく迷子です。

当時の車にはナビが付いておらず。

進めば進む程道は狭くなる。

時間がたてばたつほど雪も降り積もる。


僕の不安も降り積もる。

クルマは2駆のノーマルタイヤ。

当然チェーンも巻いていない。

気付けば周りはたんぼ道。

タイヤはツルツル滑りまくる。


一瞬でもハンドルを取られたらたんぼにダイブ。


ものすごい緊張感と戦いながらたんぼ道を抜け、なんとか家に着いたのは

なんとジムを出てから3時間後だった。





そして、それからほどなくして僕はそのジムを辞めた。





今でも雪が降ると思い出す、あの日の夜の苦い思い出を‥

何年か前にゴング格闘技での座談会&取材で出た話題の1つに「モダン柔術は護身術やMMAでの寝技としてとしてどうなのか?」みたいな質問が出た。
なかなか興味深い質問だった。
何が興味深いかというと、少なくともあまり僕の周りでは柔術=護身術と思ってやっている人はいなくて、あくまでも競技として、スポーツとしてやっている人がほとんどだったからだ。
僕自身も競技としてのブラジリアン柔術しかやってないし、護身として役立つかどうかなんて考えたこともない。

「我々のやっていた柔術と今の柔術は今や別物になってしまった。二人とも尻をついて戦い、アドバンテージを奪い合う。
競技化されて実戦性がなくなってしまった。
昔の柔術の方がベストだよ。」

海外では度々グレイシーを初めとするクラシカルな柔術家の発言として、このような言葉を聞くことも多い。

それに対して日本国内では「そんな技は路上では使えない」みたいな意見は、少なくとも僕の周りではほとんど聞かない。
海外では割とそういう論争が昔からあるような気がする。

何年か前にはクロングレイシーが現在の競技柔術を真っ向から否定していた。
IBJJFルールを始めとする競技柔術否定派の人達は、グレイシー一族を始めとしてブラジリアン柔術が競技化される前からやっていた人が多いのかもしれない。
ヒクソンとかもそうだけど、あの時代の人達は普通に路上やビーチで異なる流派の格闘家や街のケンカ自慢と決闘して柔術の優位性を示してきた。

あまり海外の事情には詳しくないが、アメリカや特にブラジルは日本と比べると圧倒的に治安が悪い。
そんな中「路上での実戦、護身」に対する意識は日本とは比べ物にならない程高いのだと思う。

だからビジネスとしても成立する。
昔からある護身術系も取り入れている柔術アカデミーでは柔術=護身術として売りたいがためなのか、度々競技柔術を否定する発言が見受けられる。


それに対して日本はどうだろう?
治安のいい日本で護身術を売りにしてもあまり流行らなさそうだ。
なので「誰でも気軽に楽しく出来る格闘技」というキャッチコピーでやっているジムがほとんどなような気がする。

それでは本当に競技柔術は護身として役立たないのか?僕はそうは思わない。
少なくとも護身術としての柔術に真剣に取り組むよりも競技柔術の練習を真剣に練習したほうが(あまりこういう言い方は好きではないけれど)路上での実戦では有効だと思う。

毎日ナイフや武器の捌き方、ヘッドロックの外し方を擬似で練習するよりも、毎日競技柔術のルールで全力で取っ組み合いをした方が路上の実戦においても有効性は高いのではないか。
組技は打撃がない分全力でスパーリング出来る。
時として自分よりも大きな相手が鼻息荒くして全力で向かってくる。
これは取っ組み合いに慣れてないと相当怖いことだ。
本気で立ち向かってくる相手を毎日相手にする方が、疑似での実戦を繰り返すよりも勝負度胸がつくし体も強くなる。
まあ競技柔術をやっていれば打撃や柔道の達人、ナイフ等の武器に勝てるとは言わないけど、少なくとも護身術としての柔術よりも効果は高いのではないかと思う。

それはさておき今後のブラジリアン柔術のルールはどう変わっていくのだろうか。
今までもIBJJFはそれなりにルールの変更をしてきたがそこまでの改革的なルール変更ではないと思う。

例えば20年後とかにAJPが爆発的に勢いを増しIBJJFは尻窄みになっているかもしれない。
アドバンテージは廃止、50/50は膠着するから禁止、ダブルガードは20秒で即両者失格になるかもしれない。
そうなった時に僕らはどういう反応をするのか?

「昔の柔術は良かった、今の柔術は制限が多すぎる。俺達の時代の柔術の方が制限も少なくリアルで実践的だった」

なんて言うのだろうか?
そうなったらそれはそれで面白そうだ。

このページのトップヘ