(栗)です。

先日、『ビューティーコロシアム』を見ていて。

「整形して人生が変わったらいいよね〜」
「え〜、お母さんは整形の必要はないよ」
「あら、そうかしら?<ちょっと嬉しい」
「お母さんに必要なのは、整形よりダイエットでしょ」
「・・・・・・」

娘には常々「正直に生きろ」と教育してきましたが、
本当に正直に育っています。<ちょっと涙目で


昨日、直江津の『三八の市』へ取材に行ってきました。

朝市というと、売るほうも買うほうも年配の方々ばかりで、
まったりと売り買いしているイメージでしたが、
若い人たちも多く、けっこう楽しかったです。
あと、魚介や野菜、山菜だけでなく、
惣菜や炊き込みご飯、中華まんなども売っているんですよ。

朝市のどら焼きそして、忘れちゃならないのが、朝市名物『どら焼き』。
ちなみに、直江津の朝市のどら焼きは、
一般のどら焼きと違って、大判焼きのコンパクトサイズ。
(この呼び名は直江津だけ?らしいですが)
生地がふんわりやわらかく、アンもさっぱりとしていて、
一度食べたらヤミツキになっちゃいます。
今回おじゃましたどら焼きのお店は、直江津のほかに、
柿崎と新井の朝市にも出店しているそうです。

直江津は三八の市(3と8のつく日)、柿崎は一の日市(1のつく日)、
高田は二七の市(2と7のつく日)と、四九の市(4と9のつく日)、
新井は六・十の市(6と0のつく日)に開催されています。
お昼くらいまで朝市は行なっているので、
そぞろ歩きをしてみてはいかが?