2007年12月07日

にっくき独立行政法人のほうが先につぶれるべきでは?

テレビで見ていたらサッカーくじのtotoは渡辺行政改革担当大臣さんが廃止するために各大臣に了承を求めているようですね。

毎年サッカーくじのtotoは20億もの赤字だそうですが、これは独立法人の天下りでの税金の無駄遣いの典型的な例だと思うので、やはりこれは私は正しいのではないかと思います。

とにかく、独立行政法人という日本に住み着く金食い虫をなんとかしなければ日本はどんどん金欠状態に陥ることは間違いないので、totoくらいの廃止は速やかに行って欲しいです。

また、totoやtotogoalだけで十分なのにもかかわらずbig-totoやminibigなど余計なサッカーくじが多すぎるもの金食い虫になっている証拠なのではないかと思います。

それに後者のくじの場合ならば、自分のサポートしているチームの負けになってしまうこともありますので、そんなことは誰も望まないという感じなので全くしらけます。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星