今日は、STさんと「神戸へ行こう」というわけで、西梅田で11:00に待ち合わせました。顔を合わせるなり、「今日もめちゃくちゃいいお天気だねえ」という会話から始まりました。晴れ女のSTさんのお蔭で今日もいい天気の中の遠足です。
阪神電車でまずは芦屋へ。芦屋生まれ芦屋育ちというSTさんの友人Uさんに教えてもらったイタリアン「ラ・フォーリア」でランチ。これが、めちゃうま。ごく軽めのランチコースとワインを頼んだのですが、前菜(6種類の野菜料理)のたけのこを食べた途端、おおお、と思わず声が漏れました。他のもおいしかったけど、このたけのこは絶品。お店はビルの3階にあり、店の奥はガラス張りになっていて、手前の木がちょんちょんと散髪されているので、遠い山並みまで視界がききます。天気がいいせいで、見晴らしも気持ちよく、パスタもめちゃくちゃおいしくて、STさん共々、「メインのついたコースにすれば良かったかなあ」と少し後悔しました。食べれば食べるほどおいしくて、もっと食べたかった。
店を出て、近所のスーパーでお酒を購入。ぶらぶらと芦屋川へ。川べりには、犬を連れた人や、バーベキューをしている家族など、休日のほのぼの風景が広がっています。川幅も狭くごく浅い川なので、小さな子どもが遊んでいても安心して見ていられる、のんびりした場所です。その川べりに座り込んで、お酒を飲みながら、おしゃべり。目の前は水溜まりのような川、北を向けば山、南には海が小さく見える。頭の上にはきらきらした太陽。つい、うっかりと、予定よりも長い時間を過ごしていました。
ようやくたち上がり、河口の芦屋浜へ。端から端まで一目で見渡せる小さな浜です。魚が飛び跳ね、大小の鳥がすいすい飛び交い、遠くにカヌー、その向こうに真っ白い大きな橋。脇の遊歩道に上がり、そこでもまた、おしゃべりしながら、お酒をちびちび。
少し歩いて、谷崎潤一郎記念館へ。私は二度目でしたが、展示物が変わっているので興味深く見学。2月に食事に行った「アラスカ」の、谷崎が通ってた頃のメニューと食器が陳列されてました。「アラスカ」が谷崎御用達とは知りませんでした。その後、お庭に出て、池の鯉を眺めつつコーヒーを飲み、またおしゃべりの花が咲く。ほんと、私たちはひっきりなしにおしゃべりしています。
再び阪神電車に乗り、元町で降りました。いくつかお店を覗き、オープンカフェでコーヒーを飲み、前述のUさんオススメの台湾料理店へ。昔懐かしい古くからの地元のお店という外観です。扉を押して中に入ると、外観に違わない、ほっと落ち着く雰囲気で、私はすごく気に入りました。テレビで野球中継をしていて、野球好きのSTさんはビールを飲みながら、ほくほくしています。今日も一日楽しかったなあ、と家に帰ってから抱くような感慨を、すでに感じてしまうような居心地の良いお店です。料理も、どれもこれもおいしかった。一番びっくりしたのは、ちまき。目を剥くほどの特大のちまきがドンと出てきて、度肝を抜かれました。このちまきがほんとにおいしくて、「あーおなかいっぱい」と言いつつも、最後に麺類を食べたいねえと二人ともに食い意地を張り、五目そばを二人で分けて食べました。
店を出て、喫茶店でコーヒーを飲み、電車に乗りました。その中でもひたすらおしゃべり。
よく歩いたし、食べたし、おしゃべりをした、楽しい遠足でした。