2010ドラフト候補(3)

 ご無沙汰しておりました。
 シニアボウルの練習風景を見て注目したい選手を取り上げてみたいと思います。
 カリフォルニア大のDT/DE タイソン・アルアルです。

 4つのコーナーに置いたダミーに、片腕でラリアートをくらわせていくという練習で、起き上がりこぼしのようになっているダミーは、彼の場合だけ、一度地面に叩きつけられてから起き上がっていました。
 40ヤード走のタイムはそれほど速くないようなのですが、野獣のようにしなやかに獲物に近づく素早さがあります。
 シニアボウルの試合では、QBティーボーにヒットしてファンブルを奪っています。

 6フィート3 290ポンドで40ヤード5.0秒。
 DEとしてはスピードがなく、DTとしては軽量。ということで3巡くらいまで落ちてくる可能性があります。
 DLでありながらLBのような運動量と動きで、カリフォルニア大の守備のリーダーでした。
 最も補強が必要なDLを1巡で指名しなかった場合は、ウチには3巡まで指名権がありません。ここで即戦力の選手は落ちているでしょうか?


 スーパーボウルが終わって、早速ベテラン3人をカットして、サラリーをまた浮かしました。
 WRトリー・ホルト、OTトレイ・トーマス、DTロブ・マイアーのミリオンダラーの年俸をもらっていた選手ばかりです。
 今年労使交渉がまとまらなければ、キャップの上限がなくなるのと同時に下限もなくなるようですが、ウチは、下限を下回ることができるのを心待ちにしていそうです。

 GMスミスは、大型のFAを獲る予定はないといっていますが、DEには補強が必要です。ケチくさいことばかりしておらずに、デルリオの教え子で、今年のUFAの最高峰DEジュリアス・ペッパーズあたりをNFL最高年棒で獲得してもらいたいところです。
 現実的には、去年のトリー・ホルト路線で、下り坂のベテランを狙うと思われます。ラムズのDEリトルなんかはどうでしょうか。

 去年の観客動員の低迷を考えると、ティーボーを指名して観客を増やすという施策が、チームの勝利よりも存続のために必要に迫られそうです。
 ティーボーが1巡下位でも獲れるなら、トレードダウンして2巡指名権を取り戻したいところです。去年2巡を献上したNEあたりと交渉できそうです。