ジャガーズファンの日記

NFL ジャクソンビルジャガーズ ファンの日記

2018年04月

1巡29位にびっくり!

1巡指名が終わりました。
自分の指名したかったOLが次々と指名されていく中、Tコナー・ウィリアムズ、QBラマー・ジャクソン、CBマイク・ヒューズ、TEダラス・ゴーダートなど、指名予想に名前が出ていた選手が残っていました。他に残っている選手で、ベストなのはとビッグ・ボードを見ると、DTテイヴィン・ブライアンの名前が確かにありました。
高額なFA選手が多いDT陣が、来年のキャップを苦しめそうなので、もしかしたら将来を見込んでの指名もあるかも、でもまさかなと打消し、ロジャー・グッデルの指名に耳を傾けました。

まさかが起こりました。最も分厚く、指名を予想していなかったDTを指名してきました。テイヴィン・ブライアン(フロリダ大)の名前がコールされました。さすがは、コフリン。DTマーカス・ストラウド1巡指名の翌年のDTジョン・ヘンダーソンの指名を思い起こさせてくれました。そして、あの頃キャップで苦しんだことも・・・。

これで、ブライアンが順当に成長してくれれば、DTのプロボウルコンビから、美しい世代交替が期待できます。先発は1年だけなのに、1巡候補になるだけの素材の良さを感じさせる選手です。


これで、補強してほしかったポジションは全く手つかずですが、次の指名が楽しみです。BPAの真骨頂を見せてもらいました。OL、TE、CB、LB、QBの指名はあるのでしょうか?

ドラフト予想

今年、QBボートルズの契約をどうするのか?チームの出した答えは契約延長でした。
奇跡を起こせるような、NFLのトップクラスと呼べるQBではないけれど、チーム全体で彼を助ければ、もう一度プレーオフを勝ち進めるQBだと判断したのだと思います。FA市場で高額な契約でQBを連れて来ても、さほどレベルアップするわけでもなく、新しい選手のサラリーキャップと解雇したデッドマネーを考えると、リーズナブルな契約延長ができたと思います。
ここで、もう一つ忘れてはならないのが、控えQBヘニーとは契約延長せず、実績のある他の選手も獲得しなかったことです。これで、2番手QB候補は、ドラフトで獲得する可能性が高まりました。ブラウンズの元3巡のケスラーを来年の7巡と交換で獲得してはいますが、ヘニーの代役となると、今年のドラフトでも4巡までに指名してほしいところです。1巡で、ラマー・ジャクソンが落ちてきた場合どうするかは選択肢の一つですが、1巡では他に欲しい選手がたくさんあります。

そこで控えQBとして抑えときたいのは、ワシントン州立大のルーク・フォークです。3巡で残っていてほしいです。

控えのQBに行く前に、ボートルズで勝つためには、補わなければならないのは、オフェンスラインがもう1枚とレッドゾーンでのターゲットです。素材がものをいうオフェンスラインを1巡で、BPAで獲得するのがよろしいかと思います。
1巡29位で、残ってるかどうか微妙なところが、この3人です。
1. G アイザイア・ウィン(ジョージア大)
  4年生のときには左Tをやっていたので、2番手左T候補としても期待できる選手です。
2. C ビリー・プライス(オハイオ州立大)
  怪我のため、少し順位を落としそうですが、RGのリンダーを元のポジションに戻せる逸材です。
3. T コナー・ウィリアムズ(テキサス大)
  コンバイン前までは、1番の評価だった選手。去年のキャム・ロビンソンと同じ道を辿りそう。
  ロビンソンと競わせ、LTかGで先発することが期待できます。

この辺のだれかを指名し、契約があと1年のAJキャンをトレードに出してを6巡指名権を5巡にトレードアップしたいと思います。2巡での指名だと、AJキャンを出すのは不安です。

2巡で欲しいのがTEです。レッドゾーンでの得点力アップには不可欠で、ダラス・ゴーダード(サウス・ダコタ大)、ハイデン・ハースト(南カリフォルニア大)、マーク・アンドリュース(オクラホマ大)マイク・グーシキー(ペン州立大)の誰かが欲しいところですが、届かない可能性があります。
ここでは、届かないという最悪の場合を想定。その場合は、オフ ェンスではなく、もう一つ気懸りなアーロン・コルヴィンの後継者となる第3CBを指名することにします。

2巡61位 CB M.J.スチュワート(ノース・カロライナ大)です。
 先発の2人よりもフィジカルでは上を行きます。これで、パス守備は今年も安泰かな。


3巡93位 QB ルーク・フォーク(ワシントン州立大)


4巡129位 LB シャキーム・グリフィン(セントラル・フロリダ大)
 昨日ご紹介した、魂を揺さぶるLB。

5巡(トレード)WR ジャスティン・ワトソン(ペンシルバニア大)
 アイビーリーグの逸材。6フィート3と身長もあり、欲しかったレッドゾーン・ターゲット。


思ったとおりになることはありませんが、1巡でWRの指名は、過去の苦い経験から勘弁してほしいです。


ドラフトが近づいてきました。

先日、未練・或爺杯に参加させてもらい、ドラフト気分を楽しませてもらいました。

今日は、1巡候補ではありませんが、今年のドラフトで注目している選手をご紹介します。

コンバインで、LBで40ヤード走で、4秒38とCB並みのスピードを記録。
双子の兄は、去年シーホークスから3巡で指名され、活躍しています。


ご覧いただいたように彼には、左手が手首の先からありません。
生まれた時から、左手の手のひらに骨が発達せず、あまりの痛みに、自ら包丁で手首を切り落とそうとしていたのを見た母親が、治療をあきらめ、切断手術を受けさせたそうです。4歳の時でした。
でも、彼は運動神経が抜群に良く、双子の兄と一緒にフットボールをするようになり、やがて2人とも、UCFから奨学金をもらえるほどに成長しました。UCFでは、リーグの最優秀守備選手に選ばれるほど活躍し、ハンディキャップをものともせず、ドラフトへの階段を昇って来ました。

果たして、何巡で指名されるでしょうか。ジャガーズが指名することを期待します。


彼の熱いプレーをNFLで見てみたいです。

<>
記事検索
  • ライブドアブログ